機械のメンテナンスの革新的な方法

アディティブマニュファクチャリングは、世界中で非常に革新的で急成長している業界です。 メンテナンスの実施には、世界中に技術者を派遣するか、DyeMansion社やシーメンスなどの新しい革新的なサービス提供方法を検討してください。 Virtual Training Solutionsにより、彼らはアディティブマニュファクチャリング業界でまったく新しいサービスを提供する世界を切り開きました。

アディティブマニュファクチャリング – 革新的でチャレンジングな業界

アディティブマニュファクチャリングの革新度合は日々加速しています。 そのため、アディティブマニュファクチャリング業界は世界で最も急速に成長している業界の1つです。 それは 機器の価格は、安価で効率的なもを要求され、 新しい材料により製造される部品は、従来の方法で製造されたものに匹敵し、しばしばそれを超える部品を可能にします。 3Dプリントに携わる機械メーカがますます増えているのも不思議ではありません。

 

しかし、アディティブマニュファクチャリングへの関心が高まるにつれ、エンドカスタマーが適切なサプライヤーを選択することがますます困難になっています。 言い換えると、価値あるモノの選別が必要になるということです。

 

そのため、エンドユーザーは、機器の適切なサプライヤーではなく、信頼できるパートナーを探しています。 これは可用性を確保するためだけでなく、Industrie 4.0やIoT運用の継続的な最適化を可能にするためでもあります。

世界クラスのアディティブマニュファクチャリング

DyeMansion社は、工業用ポリマー3Dプリンターの後処理ソリューションの世界的リーダーです。 彼らのエンドツーエンドのソリューションは、3Dプリントされた未加工部品を高価値の製品に変えます。 完璧にフィットするメガネからパーソナライズされた車のインテリアまで、DyeMansion社のテクノロジーの3Dプリント製品は私たちの日常生活の一部になっています。

 

部品あたりのコストの削減、高品質、および高い持続可能性は、この急成長しているテクノロジー企業の各イノベーションを推進するコアバリューです。 彼らのシステムはIndustrie 4.0に適用可能であり、さまざまな生産プロセスにシームレスに統合する準備ができています。

目標:お客様の現場に行かなくとも、現場にいること

DyeMansion社が2020年11月にシーメンスと提携してアディティブマニュファクチャリングの工業化を推進したとき、最初の行動の1つは、シーメンスとDyeMansion社のテクノロジーに基づいて、アディティブマニュファクチャリングを使用したスニーカーの靴底製造のデジタルリファレンスファクトリーを構築することでした。

 

その後、デジタルリファレンスファクトリーの一部であったVaporFuse サーフェシングマシン Powerfuse Sは、エアランゲンのシーメンスアディティブマニュファクチャリングエクスペリエンスセンター(AMEC)に統合されました。 Powerfuse Sは、環境にやさしい工業用蒸気研磨システムであり、3Dプリントされたプラスチックの表面のように密封された射出成形を実現します。 VaporFuseサーフェシングは、主に、気密性の向上、撥水性、バクテリアの増殖抑制などの機能特性を必要とするアプリケーションに使用されます。 このシステムは、食品と接触するプラスチックの処理用に承認された環境に優しい溶剤で動作します。

 

実装中に、次の疑問が生じました。毎回DyeMansion社に依存することなく、計画されたメンテナンススポット内ですべてのメンテナンスおよびサービス対策を確実に完了するにはどうすればよいでしょうか。

世界中で最も高い要件を持つアディティブマニュファクチャリングユーザーにハードウェアを販売する急成長中の企業として、私たちは顧客がどこにいて何が必要かに関わらず、一切の妥協なく、お客様のサイトにいる必要があります。 妥協しない。
DyeMansion社 CTO兼共同創設者 フィリップ クレーマー氏

適切なタイミングで、多くの地域やお客様へサービスを提供するための効果的なソリューションが必要ですが、設置台数が少なく、サービスコールの頻度も低い場合など、サービスエンジニアが世界中を移動する必要はありません。

 

「通常、当社のサービスエンジニアは世界中を移動して、当社の機械がエンドカスタマーのサイトで稼働していることを確認します。 しかし、私たちが最近経験したように、予測できない状況が発生したりして、お客様のサイトに訪問することが困難になるケースもあります」とDyeMansion社 CTO兼共同創設者 フィリップ クレーマー氏は説明します。

 

これは、DyeMansion社とシーメンスの間の協業を行うための最初のきっかけでした。 シーメンスの自動化とサービスの専門知識を、アディティブマニュファクチャリングにおけるDyeMansion社の強力な専門知識と組み合わせることにより、新しい革新的なサービスコンセプトを開発することが目的となりました。

生産性を高めるためのVRオペレータートレーニング

2021年1月、DyeMansion社とシーメンスの専門家のプロジェクトチームがワークショップセッションにを行い、Virtual Training Solutionsに基づくPowerfuse Sのサービスを提供するためのバーチャルオペレータートレーニングの基礎について話し合いました。 チームは、DyeMansion社とシーメンスの両方で、機械のサービスを効率的にするメンテナンスタスクに焦点を合わせました。

 

オイル交換は、あらゆる機械のスムーズな動作にとって非常に重要であり、多くの場合、エンドカスタマーで実施するため、チームはこれをバーチャルトレーニングエクスペリエンス用に開発された最初のユースケースとして使用することにしました。

具体的な結果を得るためのバーチャルトレーニング

提供された機械の3D CADデータと、メンテナンスのユースケースの既存のプロセスの説明に基づいて、プロジェクトチームはわずか2日以内で最初のバーチャルオペレータートレーニングを作成しました。

 

このトレーニング(3Dサービス手順書)は、デスクトップPC、タブレット、またはその他のモバイルデバイスで、いつでも、どこからでも、必要なときに使用できます。

 

3Dサービストレーニングの手順には、さまざまなレベルとサービス場面があります。 トレーニングが必要な新入社員、海外のサービスパートナー、または自分でサービスを実施したいエンドカスタマーであるかどうかは関係ありません。 サービス場面ととレベルを選択するだけで、バーチャルトレーニングソリューションを使用できるようになります。

バーチャルトレーニング体験の継続的な最適化

そして、この3Dサービストレーニング手順書で完結ではありません。 開発段階で、プロジェクトチームは、Powerfuse Sのオペレーターが簡単に使用できる次の場面を決めていました。それは、蒸気研磨に必要な溶剤の交換です。

 

さらに、シーメンスは現在、OEMが利用可能な独自のバーチャルトレーニングソリューションがない場合、Azureクラウドに基づくエンドカスタマー向けの独自の仮想トレーニングプラットフォームを開発中です。

アディティブマニュファクチャリングは真のデジタルマニュファクチャリングテクノロジーであるため、デジタル化はそれを成功させるための重要な要素の1つです。 シーメンスと一緒に、Industrie 4.0のすべての要件を満たすことに高いコミットメントを持ち、産業用3Dプリンターに重点を置いているパートナーを見つけました。」
DyeMansion社 CTO兼共同創設者 フィリップ クレーマー氏

すべてのお客様への新たなオポチュニティ

このユースケースは、DyeMansion社とシーメンスの両方にとってメリットがあります。 シーメンスのリードエンジニアであるセブンバルゼ氏は、次のように述べています。「Virtual Training Solutionsでは、このような3Dサービスの手順書でなく、生産ラインの簡単または複雑な組み立てトレーニングに重点を置いてきました。 この革新的でオープンマインドな協力により、OEM向けのトレーニングに焦点を当てた新しいビジネスモデルを試すことができました。 これは私たちに新たなマーケットをもたらしました」

ニュースレターの購読

いつでも最新の情報を得ることができます。電化、自動化、デジタル化について知っておくべきことがすべてわかります。