イノベーションに必要な標準化

パッケージングマシンのより効率的な開発:SN Maschinenbau GmbHは、シーメンスの標準化されたオートメーションおよびドライブソリューションの恩恵を受けています。

SN Maschinenbau GmbHの機械にとって重要なことは何ですか? オラフ・クレメンス氏は、「お客様の関心は、結局のところ、当社の機械で年間何個の製品を生産できるか、という一点に尽きます」と語る。 このカテゴリーでトップになった秘訣は、「適切なアイデアと適切な技術」です。

SN Maschinenbau GmbHのパッケージングマシンは、3つの大きな特徴があります:洗浄が非常に簡単であること、迅速なセットアップが可能であること、そして多くのインテリジェントな機能でユーザーをサポートすることです。 「これらの機能により、セットアップ時間を大幅に短縮し、パウチパックに求められる品質をより早く実現することができました。 最終的には、1台のマシンと1年でより多くのパウチパックを作ることができるのです」とオラフ・クレメンスは説明します。 ヴィッパーフュルトに拠点を置くメーカーの機械の性能を選ぶユーザーは、消費財や食品業界のほとんどの大手企業です。 SN Maschinenbau社は、医薬品分野のソリューションも提供しています。 中堅メーカーの強みは、包装機ビジネスにおける長年の経験と、オラフ・クレメンスの言葉を借りれば、「非常に高いイノベーションレベルを持っていることです。 私たちは、アイデアを市場で成熟するまで非常に早く、非常に高い品質で開発することができます。 それが私たちの特徴であり、私たちのマシンの生産性を高めています。 私たちは本当にワールドクラスだと言えるでしょう」。

SNドイツのバッグパックテクノロジー

その始まりは、1956年にヘラー兄弟が1分間に60袋を生産する最初の全自動機を製作したことでした。 現在、SN Maschinenbau GmbHは、世界でも有数の横型パウチパック機のメーカーとなっています。 ケルンの北東約40kmに位置するヴィッパーフュルトでは、SN Maschinenbau GmbHが7500平方メートルを超える敷地内で、さまざまな種類や形状の製品に対応する水平成形機、充填機、シール機を製造しています。 数々のイノベーションは、超クリーンで衛生的な技術、大量出力、高度な機械の自動化、リサイクル可能で環境にやさしい包装材(モノマチ)を処理する技術などです。

ユーザーへの最適なサポート

オラフ・クレメンス氏が見ている傾向として、プロセスの複雑化が挙げられます。 ロールストックから完全に密封されたパウチパックになるまでには、結果を左右する多くのパラメータや1つのステップがあります。「製品やプロセスが複雑であればあるほど、操作は難しくなります。 私たちはそのお手伝いをしたいと考えており、インテリジェントな機能と正しい自動化によって、オペレーターに必要なサポートを提供することができました。 例えば製品の交換など、日常的な作業を行う際に特別な知識を必要としないほど、機械がオペレーターをサポートすることを目指しています」。

部長は、ロールストックから完成したパウチまでの道のりがいかに複雑であるかを、衛生設計機「FMH80」を例に挙げて説明した。 8つのステーションを持つこのロータリーマシンは、フラットパウチやスタンドアップパウチを製造する際に、シール幅が重要な品質特性となります。 お客様自身が設定をしなくても、機械が自動的に設定を行います。 これは、この機械がオペレーターの作業負荷を軽減する典型的な例です」。

TIAポータルのソフトウェアスタンダードを使用することで、エンジニアリングの時間を少なくとも20%は短縮できます。
SN Maschinenbau GmbH ソフトウェア開発責任者 Thomas Berger氏

マシンソリューションのコアコンポーネントとしての自動化

より高い生産性と使いやすさを実現するこれらのインテリジェントなソリューションの基盤となるのは、適切な機能ライブラリを備えた適切な自動化技術であり、統合されたレシピ管理と素材の検査のためのソフトウェアソリューションです。 「このようにして、私たちは高い再現性とプロセスの確実性を達成し、98%、さらには99%という非常に高いレベルの効率を達成することができるのです」 自動化による貢献はますます重要になってきているとクレメンスは続ける。「10年前、機械はまだ大部分が機械システムであり、電子機器は二次的なものでした。 今、真に革新的であるためには、もはや機械システムを最適化するだけでは不十分です。 自動化とソフトウェア、ソフトウェアとハードウェアの相互作用、ソフトウェアの構造は、将来のソリューションにとって決定的な意味を持ちます。 そのため、ソフトウェアの開発を加速し、提供内容を拡大・改善することを決断しました。」

効率化の鍵となる標準化

SN Maschinenbau社のソフトウェア開発責任者であるThomas Berger氏は、「私たちは主にSiemens社の製品とシステムを使用しています」と説明する。 機械の中核となるのは、SIMATIC S7-1500 TFコントローラーです。 これですべての機械の機能を統合することができます。" S7-1500のCPUは、モーションコントロール、ロジック、セーフティの全ての制御を行います。 TIAポータルを介して制御プログラムとビジュアライゼーションの両方を設定することができ、プロジェクトでの統合作業が可能です。

開発者にとってのさらなる利点は、TIAポータルで構成するための統合ブロックライブラリです。 トーマス・ベルガー氏にとっては、テスト済みのファンクションブロックやモジュールを再利用するためのシンプルな方法を提供し、プロジェクトの品質を高めることができます。「標準化と柔軟性は、一見するとトレードオフの関係にしかありません。 私たちのマシンはそれぞれ個別のソリューションですが、基本的な機能やモジュールを主に使用しています。 ライブラリを使うことで、これらのブロックを非常に効率的に管理できるようになりました」。

トーマス・ベルガーは、構造化されたソフトウェアをベースに、従来よりもはるかに少ない作業で新しいプロジェクトを生み出すことができる。「何よりも、基本的な機能にこだわる必要はありません。 テスト済みのブロックであれば、確実に動作し、マッチすることができます。」

もちろん、SNの開発者はこのソフトウェア規格を維持・更新しなければなりません。「しかし、エンジニアリングの時間を確実に20%短縮しています」とベルガーは言います。 高いレベルでの標準化は、プロジェクトの文書化をサポートするだけでなく、オラフ・クレメンスが付け加えたように、サービスもサポートします。 標準化されたプロジェクト構造のおかげで、エラーの発見が容易になり、サービス部門のリソースをより有効に活用できるようになりました。 欠陥がより早く修正され、機械がより早く生産できるようになり、それはユーザーが我々に期待していることでもあります」。

シーメンスと一緒に仕事をすることで、開発リソースをより集中させることができ、その結果、戦略的に競争力を強化することができます。
SN Maschinenbau GmbH マネージングパートナー Olaf Clemens氏

イノベーションのための時間を増やす

トーマス・ベルガー氏と彼のチームにとって、効率化とは何よりも新しいテーマにより多くの時間を割けることを意味します。 SN Maschinenbau社のエンジニアと専門家は、多くの課題を抱えています。オラフ・クレメンス氏は次のように述べています。「リサイクル素材はホットな話題であり、プロセスにはまったく新しい要求があります。 この分野では、私たちの提案とノウハウを拡大しなければなりません。 将来的には、使用している素材とその特性を自動的に認識し、それに合わせて機械を自動設定する解析ツールが登場するかもしれません。 そして、新しいビジネスモデルやデータを活用したサービスのアイデアもあります。 シーメンスとの共同作業が非常に価値のあるものである理由はもう一つあります。それは、開発リソースをより集中させることができるので、戦略的に競争力を強化することができるのです。」

お問い合わせ

あなたのプロジェクトで私たちの専門知識を活用してください

パッケージングのエキスパートである当社のスタッフが、最先端で将来性のある自動化ソリューションを包装機に導入することで、多くのユーザーにメリットをもたらすことができると考えています。 皆様からのお問い合わせをお待ちしております。