サステナビリティ

より良い明日を作り出すため、日常を変革

サステナビリティは、私たちの戦略の重要な部分を占めています。 私たちの事業活動、投資の意思決定、ガバナンスに深く組み込まれています。 このコミットメントは、シーメンスのESG優先事項の360度ビューであるDEGREEフレームワークに反映されています。
シーメンスサステナビリティレポート2022:好調な業績と加速する進捗

シーメンスサステナビリティレポート2022:好調な業績と加速する進捗

シーメンスは、環境・社会・ガバナンス(ESG)に対する取り組みを戦略フレームワークDEGREEにて定義しています。 脱炭素、倫理、ガバナンス、資源効率、公平、雇用適応力という6つの行動分野における私たちの取り組みをご覧ください。

サステナビリティ活動の概要

私たちの会社は、常に社会、コミュニティ、そして従業員に対する責任に取り組んできました。 私たちは、DEGREEというフレームワークを通じて、より少ない人数でより多くのことを行うことで、より良い明日を創造することに専心しています。 DEGREEでは、サステナビリティへの独自のアプローチを推進するために、明確な優先順位を持つ6つの行動分野を設定しています。 脱炭素化、学習などいくつかの分野で今年も目標値を引き上げました。」

 

ユーディト・ヴィーゼ、取締役 CPSO(人事・サステナビリティ)、Siemens AG 取締役会メンバー兼労働組合理事

DEGREE

DEGREE - サステナビリティのための明確なフレームワーク

シーメンスでは、DEGREEフレームワークがESGの取り組みを次のレベルに引き上げます。 お客様、サプライヤー、投資家、人々、私たちが奉仕する社会、そして地球など、すべてのステークホルダーに対し、全方位(360度)からアプローチします。 ESGの3つの要素に対応し、この地球の限界を超えることなく、信頼、権限委譲、成長の文化を育み、包摂的な経済的機会をサポートし、人々や企業が将来何に対しても回復力と適応力を維持できるよう、より良い未来の構築に取り組みます。

 

ESGの主な観点に対して、シーメンスは明確で非常に野心的な目標を設定し、自社内およびお客様と共に推進しています。 DEGREEフレームワークは、シーメンスの高い実績と、ビジネス戦略に完全に組み込まれた目的あるテクノロジーを基盤として、構築されています。 シーメンスでは、すべてのステークホルダーに価値を創造し、お客様と共に持続可能な成長を促進し、より良い明日を創りあげることで、サステナビリティの向上をめざします。

国連2030アジェンダ

SDGsへの貢献

持続可能な開発のための国連アジェンダ2030
シーメンスは、戦略的パートナーシップとターゲットを絞ったコミュニティ活動を通じて、約200カ国における責任あるビジネス慣行である製品とソリューションを通じてSDGsに貢献することを約束しています。
詳細については、この資料をクリックしてください。
Learn more
Learn more
責任ある事業行動

責任ある事業行動

シーメンスは、ロールモデルを目指し、ステークホルダーの利益のために行動します。 責任ある事業行動は、シーメンスの全てのステークホルダーの利益のために倫理的かつ責任ある意思決定を行うというシーメンスの志において重要な役割を果たします。 これには、環境管理における高い基準、バリューチェーン全体の人権尊重、および事業内外の信頼性、公平性、誠実さを促進するという決意が含まれます。

 

シーメンスのビジネス行動ガイドラインをダウンロード

レポートチャネル

規制とレポートチャネル

ビジネス行動ガイドラインには、シーメンスの社内での行動、パートナーおよび一般の人々に関する基本的な原則とルールが含まれています。 これらには、適用される法令を常に遵守することが含まれます。 シーメンスは、腐敗、公正な競争原則への違反、その他の法律違反を一切受け付けず、違反発生の場合は迅速に対応します。 これは、組織のすべてのレベルで、世界中に適用されます。 シーメンスは、社内外の当事者がコンプライアンス違反を報告するためのさまざまな方法を提供します。 行政監察官と会計上の苦情は、シーメンスの従業員と外部の利害関係者が、機密に、そして必要に応じて匿名で違反の可能性に関する懸念を提起するために使用できる保護されたチャネルです。