Module Type Package(MTP)によるモジュラー生産

NAMUR NE 148に則ったモジュラー生産の時代へようこそ。 工場を迅速かつ効率的に新たなプロセスと需要に適応させましょう。
シーメンスの専門担当者が対応いたします。

お問い合わせ

Hybrid Event, 5 30 - 6 2

Ready for Hannover Messe 2022

Visit us at Hannover Messe from May 30 to June 2, 2022, and experience firsthand our motto for the trade fair: “Let’s combine real and digital worlds for a sustainable tomorrow.”

 

Register today for your free ticket and to take advantage of other great event offers.
We’re ready to see you once again and for inspiring conversations!

 

モジュラー生産 – 最大限の標準化が高い柔軟性をもたらす。

プラグ&プロデュース

工場を今すぐ・簡単に 新たな生産プロセスと変動する需要に合わせて変更したい、 また、パッケージユニットの統合に、何週間も費したくない、とお考えでしょうか。 それなら、NAMUR推奨NE 148に則ったModule Type Package(MTP)を用いたモジュラー生産が最適です。 本ページでは、機械製造、工場の建設および操業に関わる皆様に有益な情報を 既にモジュラーコンセプトに取り組んだ企業の事例を用いてご紹介します。
モジュラー生産

活用事例

COMOS、TIAポータル、SIMITを用いたMTPベースの迅速なモジュラープラント拡張

モジュール製造やプラント建設に関わる企業(OEM)は、迅速な試運転とスムーズな稼働開始を保証する実行可能自動化モジュール(テスト済)をプラント操業事業者に供給します。

MTPを用いたプラグ&プロデュース - モジュラーオートメーション(TIAポータル)とプラント統合(SIMATIC PCS neo)により実現

統合プロセスのイメージが組み込まれたMTPパッケージを包括的プロセス制御システムに取り込み統合します。 標準化されたモジュラー型の自動化プロセスユニットのオペレーションを統一します。

一貫したポートフォリオ開発

パイロットプロジェクト

コラボレーションの成功事例

Merck KGaA社とシーメンスは、モジュール化こそがIndustrie 4.0 に対する答えであるという見解で一致しています。 両社は共同で、この考え方に対する先駆的な取り組みをドイツのカールスルーエにあるシーメンススマートオートメーションテストラボで行っています。 プラント・機械製造業者のGEA社との協業により、シーメンスはMTPを機械プラットフォームコミュニケーションの業界標準とすることを目指しています。
Industrie 4.0に対する答えはモジュラー化です。
Merck KGaA社 オートメーションテクノロジーチーム責任者 Christian Schäfer氏
今後、機械同士のコミュニケーション方法の標準化が、産業界においてこれまで以上に重要になります。 迅速にIndustrie 4.0のコンセプトを前進する鍵となります。
GEA separators社オートメーション・制御部門責任者 Matthias Wiemann氏

パネルディスカッション:モジュラー生産 – 最大限の標準化が高い柔軟性をもたらす。

モジュラー生産とは? また、Module Type Package(MTP)の役割を何なのでしょうか? 既存のプラントをモジュールベースの生産プラントへと変更するにはどうすればいいのでしょうか。 ライフサイクルの標準化がもたらすのはどんなインパクトでしょうか。 最大限の標準化が最も柔軟な生産をもたらすことを本動画でご案内しています。是非ご視聴ください

お問い合わせ

いつでもお声掛けください。

生産におけるModule Type Packages(MTP)の具体的な可能性をご説明させていただきます。それぞれのプラントに個別適応できるソリューションです。 メールをお送りください。追ってご連絡致します。