該非判定書のダウンロードについて

こちらはシーメンス株式会社(以下シーメンス)のデジタルインダストリーズ関連の製品を輸出する際に必要な「該非判定書」を提供するページです。シーメンスではデジタルインダストリーズ関連の標準的な製品に関して本ページ内で外国為替及び外国貿易及び関連法令(外為法等)に基づく該非判定結果を「該非判定書」として掲載いたします。

下記「注意事項」の内容理解いただき、所定の入力フォームを入力、同意いただくと表示される「該非判定書」を入手してご利用下さい。

 

該非判定書の更新履歴は以下より確認可能です。

更新履歴

 

当社製品を輸出または非居住者等に提供される場合、「外国為替及び外国貿易法」及び関連法令(外為法等)ならびに米国輸出管理規則(EAR)等の規定に従い、輸出許可の取得等適切な手続きをお願いします。

必要な許可を得ずに輸出する、または、不正に輸出すると、法律に基づき刑事罰や行政制裁が科せられる場合があります。

以上の記載内容に同意いただける場合は、下記フォームに入力いただき「送信」ボタンをクリックしてください   

尚、個別の該非判定結果通知書の発行は上記該非判定書に掲載のない製品に関して引き続き発行させていただきます。

該非判定通知書をご希望のお客様は最終需要者等確認書に個別の該非判定通知書を希望される旨とその理由を記載いただき、弊社営業等までご提出ください。

個別の該非判定書の発行依頼はこちらから

注意事項

  • 該非判定の目的
    該非判定とは、外国へ「貨物の輸出」や「技術の提供」を行う場合に輸出許可を必要とするか否かの判定を行うことです。
    また判定内容は、法令で定められた「リスト規制」や「キャッチオール規制」などの対象製品か否かとなります。
    お客様が製品や機械を輸出される際に、輸出許可申請が必要か否かはお客様にて判断をお願いいたします。
  • 該非判定の取扱い
    該非判定結果ならびに該非判定書は、お客様の輸出業務を支援する情報提供であり、保証書や証明書ではありません。
    弊社ではお客様の許可申請の可否判断や申請結果などについて、一切の責任を負いませんのでご了解願います。
    また最新の法改正施行日の該非判定結果ならびに該非判定書をご利用ください。
  • 該非判定の作成
    「該非判定書」を入手いただき、その情報をお客様が提出される該非判定書に添付もしくは転記いただくことでご対応をお願い申し上げます。
    なお、お客様の書式への追記のご要望は、誤記があった場合に多大なご迷惑をおかけすることになりますのでお受けしておりません。
  • 該非判定の基準
    武器や軍事転用可能な貨物・技術が国際社会の安全性を脅かすおそれのある者に渡ることを防ぐため、日本では安全保障の観点で貿易管理の取組を行っており、シーメンスでは下記の「リスト規制」「キャッチオール規制」「米国再輸出規制」について該非判定を行っています。
    なお該非判定の結果は、下記フォームに入力後送信すると表示される「該非判定結果」や「該非判定書」にてご確認ください。
  1. リスト規制
    輸出しようとする貨物が「輸出貿易管理令別表第1」の第1~15の項で指定された軍事転用の可能性が特に高い機微な貨物に該当する場合、または提供しようとする技術が「外国為替令別表」の第1~15の項に該当する場合には、貨物の輸出先や技術の提供先がいずれの国であっても事前に経済産業大臣の許可を受ける必要があり、この制度を「リスト規制」といいます。
  2. キャッチオール規制
    リスト規制品以外のものを取り扱う場合であっても、輸出しようとする貨物や提供しようとする技術が、大量破壊兵器などの開発、製造、使用または貯蔵もしくは通常兵器の開発、製造または使用に用いられるおそれがあることを輸出者が知った場合、または経済産業大臣から許可申請をすべき旨の通知(インフォーム通知)を受けた場合には、輸出または提供に当たって経済産業大臣の許可を受ける必要があり、この制度を通称「キャッチオール規制」といいます。キャッチオール規制の範囲は「輸出貿易管理令別表第1」または「外国為替令別表」の第16の項において、リスト規制品目以外で食料や木材などを除く全ての貨物、技術が対象となります。つまり第16の項に記載された関税定率法別表の分類に含まれるものが対象となります。
  3. 米国再輸出規制
    軍事目的に転用可能な民生品、ソフトウェア、技術の米国法における輸出管理規則(EAR)において、日本から米国原産品または米国原産品を組み込んだ非米国産品を再輸出するときに輸出管理規則(EAR)の「再輸出規制」の対象となります。
    尚、米国輸出管理規則(EAR)で規定されるECCNコードに関しては本HPでは公開しておりません。弊社SiePortal(旧インダストリーモール) 内で型式別のECCNコードを個別検索してご確認下さい。<https://sieportal.siemens.com/ja-jp/home>
  • 製品名の仕様表示
    製品名のシリーズ/モデル/型式に記載の「*」「?」の箇所について
    「*」は任意の長さの任意の英数字または記号への読み替えが可能です。
    「?」は任意の一文字の英数字または記号への読み替えが可能です。
  • FAQについて
    ホームページの該非判定一覧に記載の無い製品は?
    →「最終需要者等確認書」に製品名や型式をご記入の上、お問い合わせください。個別の「該非判定結果通知書」を発行いたします。
    その場合確認作業に時間がかかりますので、お受けした場合でも納期は2週間以上となる場合があります。

    「パラメーターシート」や「項目別対比表」は発行されますか?
    → 「パラメーターシート」や「項目別対比表」は発行しておりません。

    指定した書式で作成できますか?
    → 本来該非判定書は、お客様が作成される書類です。指定書式での作成や追記は弊社が代行することになり、誤記などによる責任問題、お客様へのご迷惑などが発生する恐れがありますのでお受けしておりません。

    該非判定書の型式に「*」「?」が付いていますが?
    → 製品自体の識別に影響が無い仕様を「*」「?」として簡易的に表示しています。なおフル型式は必要に応じて、お客様が該非判定書にご記入いただいても差し支えございません。
  • 公的機関の関連ホームページ
    → 輸出貿易管理令などは、随時法改正されます。詳細につきましては、以下のホームページをご参照ください。