産業用 エネルギー

電力は重要です。電気は Industrie 4.0 における競争上の優位性となります。エネルギー分野は昨今、分散化、デジタライゼーション、脱炭素化など、大きく変化しています。つまり業界各社は、 エネルギーコストの最適化と信頼性の高い電力供給という矛盾する優先課題の間で、改めて自社の位置づけを決める必要に迫られています。エネルギーがグローバルな競争において益々重要になっています。そしてデジタライゼーションが、その効率性、安全性、稼働率の向上を可能にします
排出量削減によって社会的許容性が高まります。

持続可能なエネルギーシステムによるビジネスチャンス

エネルギーは総生産コストにおいて最大10%を占め、鉄鋼、化学、製薬分野などエネルギー集約型産業では、その割合は製造コストの40%にのぼります。産業エネルギー消費は、過去40年間、一般消費に比べ3倍の速さで増加し、現在、世界中で消費されるエネルギーの42%を占めています。電力供給、送電、エネルギー管理システムにおいて、産業は重要な役割を果たしています。

気候変動防止、供給の質、そしてエネルギーコストは、産業に対するとてつもなく大きな課題となっています。プロセスおよびビルディングのための発電・発熱は高度の二酸化炭素排出を引き起こすことから、事業会社をなくして必要な排出量削減は実現できません。しかし、産業プラントに再生可能エネルギーを供給することは可能です。これによって二酸化炭素の排出量と電気を購入する必要が低下するだけでなく、余剰エネルギーの販売で運営コストを相殺できるようになります。"グリーン企業" が雇用主そしてビジネスパートナーとして享受している好ましい社会的許容性という付加的な恩恵もあります。

また、エネルギー状況の変貌は供給の質にも影響します。産業界においては、例えば新しくより効率的なパワーエレクトロニクスおよびエネルギー貯蔵技術の使用などにより、設備や技術プロセスの変化はますます重要な役割を担っています。システムの不具合に対する安全対策および人と物の保護もまた供給上の安全の重要な側面です。

操業および生産コストの一部としてエネルギーコストを管理できるかは、企業の競争力の決め手となります。産業にとってエネルギーが重要性を増すにつれて、産業用マイクログリッドソリューションが益々重要になってきています。それらのソリューションは、エネルギー供給、貯蔵、データ収集、そしてエネルギーが最適化された生産計画と管理を統合させています。マイクログリッドを形づくる要素 - 分散型発電、蓄電、電気装置、制御技術、エネルギーオートメーションとそれに対応する応用例 - を個別にモニターし、調整することで、全体的な電力供給を最適化することが可能になります。

ビデオ

統合電力供給ソリューションの利点

TIPコンセプトは、高電圧から消費者向けの低電圧まで、電力供給が欠かせないプラント向けの最も厳しい要件も満たしています。産業およびビルディングのオートメーションシステムへのインテリジェントなインターフェイスは、統合電力供給ソリューションの潜在能力を余すことなく引き出すことを可能にします。計画からメンテナンスまで、ライフサイクル全体にわたる広範なサポートも含まれています。
産業用エネルギー

課題とソリューション

ビデオ

より高いエネルギー効率と環境保護

よりクリーンなエネルギーやハイブリッドシステムを使用する分散型エネルギーシステムは、空気質にあたえる影響が比較的少なく、よりクリーンでグリーンな環境を保つのに役立ちます。従来の省エネルギー対策と組み合わせることで、全体的なエネルギーシステムの効率を向上できます。プラント、ビルディング、ネットワークレベルのリアルタイムの統合データモニターとマルチポイント制御により、プラントの稼働率と効率を向上することができます。さらに、電気、冷房、暖房、照明システムは、必要なときのみの使用が可能です。
関連情報

お客様を支援する イノベーション

シーメンスのソリューションであるデジタル・エンタープライズは、Industrie 4.0 の段階的導入に向けた将来も役立つソリューションにお客様がすぐに投資できるようにします。当社のお客様には、製造業の未来の姿は今日すでに存在しています。