迅速かつ簡単に生産するためのMTP

新しい製造プロセスや要求の変動に合わせてシステムを迅速かつ簡単に適応させたい、パッケージユニットの統合のために何週間も時間をかけたくない、と思うことがありますか。そうであれば、モジュールタイプパッケージ(MTP)によりモジュール化された生産をお勧めします。
シーメンスのエキスパートがいつでもお手伝いいたします

お問い合わせ

モジュール化された生産における柔軟な標準化の推進

フレキシビリティの持続

各モジュールは、モジュールの機能を記述したデジタルMTPを内蔵しています。制御システムの役割は、モジュールを統制することです。このため、すべてのモジュールが同じ標準の要件を満たす必要があります。使用される標準からお客様がすぐに恩恵を受けることができるよう、シーメンスは柔軟な標準化を使用しています。MTPによって個々のモジュールをエンジニアリングし、その後統制制御システムにモジュールを統合するシーメンスのビジョンについて、動画でご確認ください。
主な利点は、エンジニアリングやオートメーションに大きなコストをかけることなく、別のプロセスのためにプラントを容易に変換および使用できることです。
Mathias Maurmeier、Siemens AG
モジュール型プラントのエンジニアリング

少量バッチに対応するフレキシビリティ

プロセス産業では、お客様の個別の要件がますます増えており、これまでにない少量バッチの製品を開発および生産する必要が生じています。この必要性に応えるため、メーカーには、機械を柔軟に入れ替えることができる能力が必要とされます。モジュール化された生産方式であれば、絶えず変化する要件に適応可能なプラント構成にすることができます。モジュール化された生産に切り替えれば、バッチ生産から連続製造に移行することも可能です。それによりお客様は、生産性の向上、プロセス枠の拡張、プロセスの安定性の向上による恩恵を得ます。

モジュラーエンジニアリング

簡単な開発

シーメンスが表明する目標は、新規および既存のプラント用のプロセスモジュールを標準化された方法で統合するための新しいアプローチを提案することです。そのためにシーメンスでは、プラント独自のオートメーションシステムとインテリジェンスに応じてモジュールからプロセス機械装置を製作し、容易に追加または再構成できるようにします。シーメンスは、オートメーションでのみモジュラーエンジニアリングをサポートするのではなく、適切なエンジニアリングとシミュレーションのツールを使用することによってプラントのライフサイクル全体を通してもモジュラーエンジニアリングを促進します。

モジュラーオートメーション

シンプルな統合

すべてのモジュールは、上位制御システムからMTPインターフェースを介して相互に効率よく接続可能です。MTPは、すべてのモジュール間の相互運用を確実に行うための標準化手法です。プラント内の上位プロセス制御システムが統制制御システムとなり、さまざまなモジュールを制御し、相互に論理的に接続します。

 

パイロットプロジェクト

成功するコラボレーション

Merck KGaAとシーメンスは、モジュール化がIndustrie 4.0に対する答えであるという点で完全に同意しています。両社は、ドイツのカールスルーエにあるシーメンスのスマートオートメーション試験研究所において、このアイデアの先駆的研究を続けています。プラントと機械のメーカーであるGEAとの共同作業により、シーメンスでは、MTPを機械プラットフォーム間通信のための業界標準とすることを目指しています。

お問い合わせ

シーメンスはいつでもお手伝いいたします

本番環境でのモジュールタイプパッケージ(MTP)の具体的な可能性、個々のプラントに適応可能なソリューションについてアドバイスいたします。右のボタンをクリックしてフォームよりお問い合わせください。できるだけ早くご連絡いたします。

シーメンスのエキスパートがいつでもお手伝いいたします

お問い合わせ