プレスリリース(ドイツ・ミュンヘン、2017年1月31日)

引き続き好調な業績を達成、業績見通しを上方修正(2017年度第1四半期決算)

2016年10月1日~12月31日

「2017年度第1四半期が力強い業績を収めたこと、また2017年度の業績見通しを上方修正したことなどが、明確な証と言えます。私は全世界のシーメンスの社員が力を尽くし、成功に導いてくれたことを大変誇りに思います。今後も戦略であるVision 2020の実施に注力し、さらにイノベーションの力を強め、顧客と信頼関係をさらに密なものにしていきたいと考えています」と、シーメンスAG社長兼CEOのジョー・ケーザーは述べています。

 

  • 短期サイクルの事業が力強い結果を出し、為替の影響及びポートフォリオ効果を除く比較可能なベースで、受注は前年同期比3%増
  • 大型受注のあった前年同期と比較すると、受注は比較可能なベースで前年比16%減
  • 名目上は、売上は前年同期1%増の191億ユーロ。受注は14%減の196億ユーロ
  • 力強いオペレーションの実施と1億7200万ユーロのポートフォリオ益があったことにより、産業関連事業の利益幅が伸び、利益率は13%増、産業関連部門の利益は前年同期比26%増の25億ユーロ。ポートフォリオ活動は4億ユーロの利益を計上
  • 当四半期純利益は前年同期比25%増の19億ユーロ。基本的1株当たり当期純利益(EPS)は2.35ユーロ(前年同期は1.89ユーロ)

報道機関からのお問い合わせ

シーメンス株式会社 コミュニケーション部 今村
TEL: 03-3493-4204 Email