脱炭素へむけて

気候変動は現実に起こっている問題です。シーメンスは、持続可能かつスマートなソリューションで、責任を果たしていきます。2015年9月、 CO2排出ゼロ(カーボンニュートラル)を2030年までに実現することを、シーメンスはグローバルな製造企業として初めて、 コミットしました。シーメンスの環境ポートフォリオは、お客様の競争力強化と気候変動対策をサポートします。
シーメンスAG CEO ジョー・ケーザー

気候変動を克服するために、世界をデジタル化、電気化

脱炭素化のためには、世界のインフラを電気化することが重要です。目標達成に向け、プロセスを加速する施策を考える必要があります。

イントロダクション

お客様の競争力向上

低炭素技術への投資は利益をもたらします:環境保全と同時に、お客様や自社の競争力強化につながります。シーメンスは長年、高いエネルギー効率や省資源のためのテクノロジーに注力してきました。シーメンスのCO2ゼロのコミットメントは、環境と人間のQOL(生活の質)の両方にメリットがあります。また、省エネルギーは長期的生産コストを低減し、お客様の競争力強化に貢献します。

今こそ、持続可能な都市を実現するための基盤整備を

CO2の70%は都市から排出されています。気候変動問題に打ち勝つには、まず都市の対策が必要です。
シーメンスAG 取締役 Dr.ローランド・ブッシュ
ビデオ:「CO2ゼロの未来に向かって」

ローランド・ブッシュのスピーチ

気候変動との闘いのリーダーになり、それがうまくいくこと、良いビジネス事例があること、大きなチャンスになること、を示すことが我々の役割です。
シーメンスAG SCR担当シニアバイスプレジデント Jenny Bofinger-Schuster

シーメンス、カーボンニュートラルに

0 %

の世界の事業所で、再生可能エネルギーによる電気を使用 

0 %

のCO2排出削減が、カーボンニュートラルプログラムラム開始以来達成

1300

ユーロの2020年事業費削減、エネルギー効率化プロジェクトにより

シーメンスは脱炭素化のリーダー企業として、既に2030年までのCO2排出ゼロ事業という目標に向かって着実に進んでいます。エネルギー効率、分散化エネルギーシステム、インテリジェントなe-モビリティ、グリーン電気購入、がフォーカスする分野です。

エネルギー供給を急速に増大させると同時に社会的開発も促進するには

エネルギー供給を急速に増大させると同時に、社会的開発も促進するには

テスト

 

 

シーメンスと炭素価格付け

炭素価格付け(カーボンプライシング)

2018年から2019年にかけて、CO2排出への価格付けに世界中の関心が高まりました。パリ協定の目標達成と気候変動への具体的行動のためには、国際的な炭素価格付けメカニズムの導入を加速することが必要です。今のところ、世界の各国政府は炭素価格総額を約440憶ドルとしています。これらの資金は低炭素インフラへの投資、技術開発促進に使われます。2019年4月時点で、57の国際および地域レベルの案件が導入もしくは予定されています。 

 

 

UK炭素投資基金

シーメンスUKは、まず最初にCO2削減のための投資基金を設立しました。そしてこの基金を通じ、ガスの消費量、車両燃料に基づく CO2価格を課金しました。1トンあたりの価格GBP 13とした実験段階を経て、通常運用段階ではCO2価格が、ハイレベルコミッションの推奨価格に近づきつつあります。現在の価格は1トンあたりGBP 31です。この価格は、排出削減プロジェクトの十分な資金源となるように留意して、設定されました。

2030年までのCO2排出ゼロというシーメンスのコミットメントの一環として、シーメンスUKはCO2削減プログラムを率先して行い、自社のビルやインフラから排出するCO2の大幅に取り組んでいます。
シーメンスUK CEO Juergen Maier

ブラジルにおける炭素価格付け(カーボンプライシング)

UKの取り組みと同様に、シーメンスブラジルは2019年10月、パイロットプロジェクトの一環としてCO2削減投資基金を設立しました。将来的な投資のためのCO2価格を決めるにあたり、シーメンスブラジルはCO2価格付けのハイレベルコミッションの推奨レベルを採用し、1トンあたり40USドルとしました。これはCO2削減の意欲の表れであり、ブラジルがパリ協定を果たすための手段でもあります。集まった資金の80%は、シーメンスの専門家(シーメンス・エナジーのマネージャーなど)が定義づけしたCO2削減プロジェクトに投資されます。残りの20%はシーメンス従業員がノミネートしたプロジェクトに割り当てます。毎年、このような基金を通じ様々なCO2削減の活動が支援をうけています。

インターナルな炭素価格付けにより、シーメンスでは気候変動緩和の機会が増え、追加コストを顧みない意思決定のリスクが減少しました。ブラジルではお客様も炭素価格付けの取り組みを支持したり、話し合うようになっています。
シーメンスブラジル CEO André Clark
シーメンス Thought Leadership

ドイツエネルギー変換プラン2050に関するシーメンスの分析

脱炭素にむけお客様や社会をリードするパートナーとして、シーメンスは近い将来低炭素へ移行する上で技術的、経済的に何が実現可能であるのかを明らかにし、今後30年間で必要となる技術の移行とそのステップ、発生するであろう費用も含め、査定を行っています。

脱炭素に積極的な国としてドイツを例にとると、我々は温室効果(グリーンハウス)ガス排出を80%以上削減するための施策を研究しています。

シーメンスの環境ポートフォリオ

シーメンスの環境ポートフォリオ - 脱炭素化を牽引

シーメンスはその環境ポートフォリオをもって、気候変動、環境汚染、資源不足などの重大な課題に取り組みます。環境ポートフォリオには、製品、システム、ソリューション、サービスが含まれ、エネルギー効率、再エネ活用といった自社の関連分野に対応します。環境ポートフォリオは環境への悪影響を緩和、CO2その他温室効果(グリーンハウス)ガスの排出削減をサポートします。

シーメンスの環境ポートフォリオ  Fact & Figure

環境ポートフォリオ製品の特徴は?

シーメンスの環境ポートフォリオに含まれる再生可能エネルギーシステムとコンポーネントは、お客様が使用される段階において、類似ソリューションと比較し、大幅なエネルギー効率を可能にします。例:最低20%のエネルギー効率向上、温室効果ガスとして最低10万トンCO2削減

 

> Criteria for including elements in the environmental portfolio (page 48)

トレンド&トピック

イノベーションと成功

画期的なアイデア、新たなコンセプト、優れたビジネスモデルが、170年にわたるシーメンスの成功の源です。シーメンスはそのイノベーションの力で、単なるアイデアにとどまらず、市場を席捲しその後の基準となるような卓越した製品をつくりあげてきました。これらの製品がシーメンスを大きく、強くしてきました。これから先もシーメンスに成功をもたらすでしょう。

関連情報