生産作業からメンテナンスに至るまで生産性を最大化

パフォーマンスのデジタルツインを知る

製品が実際に製造されている生産実行段階では、世界トップレベルのオートメーション設備とTotally Integrated Automation (TIA)のコンセプトにより、効率的で円滑で安全な生産が可能になります。また、これにより効率性をさらに高め、予知メンテナンスのような革新的なサービス用のデータ分析を使用するために、連続した最適化ループも開始されます。

デジタルツインがビジネスをどのようにして支援できるのかご興味はありますか? シーメンスのエキスパートがお答えします。

お問い合わせ

パフォーマンスのデジタルツイン

品質管理とデータ分析を新たな段階に引き上げ

パフォーマンスのデジタルツインには、生産と製品の両方のパフォーマンスが含まれています。これには、製品と生産施設からのデータが絶えず与えられるため、新たな知見が得られます。統合オートメーションコンポーネントとの接続のおかげで、作業現場ですべての関連データが与えられ、そのデータをクラウドで分析することで、バリューチェーン全体での連続した最適化が可能になります。

最高水準の効率性を達成するために、最善の作業順序をプラントリソースの可用性および制約に適合させることによって、作業を最適化できます。デジタル品質管理ソフトウェアにより、最高品質の製品を生産することが保証されます。生産段階中の品質偏差値が通知されるため、品質問題に対して後手後手に対応するのではなく積極的に対処できるようになります。

MindSphereによってすべての知見をバリューチェーン全体にフィードバックする(製品設計にすぐに戻す)ことで、現実の世界における生産と製品の連続した最適化のための、完全に閉じられた意思決定ループがもたらされます。

生産と製品品質の最適化

SIMATIC IT Preactorを使用すると、 作業工程を計画・処理し、品質検査工程を実行することができます ①。

 

SIMATIC R&D Suiteは、添付の文書、写真、ビデオを使用して、作業指示と最新の技術/安全情報を作業現場の作業員に提供します ②。

 

シーメンスのQuality Management Systemを使用すると、最高品質の製品の生産を保証することができます。

閉ループ最適化プロセスの作成

この時点で多くのデータが生成されます。これは大きな価値があるデータであり、① MindSphere (シーメンスのクラウドベースのオープンIoTオペレーティングシステム)で使用できるため、データを分析して貴重な知識に変えることができます。これにより、たとえばこれから起こる障害を示唆するマシンデータの異常を検出することが可能になります。

 

Real Time Locating Systemsを使用して、デジタルツインは製品と資産の場所と状態を知ることができます。これは製品をさらに個別化し、生産の柔軟性を高めるのに役立ちます ②。

3つを合わせることでより良い方向へ

さらに2つのデジタルツインをご紹介

さらに詳しく

製品のデジタルツイン

さらに詳しく

生産のデジタルツイン

お問い合わせ

デジタルツインを使用したパフォーマンスの最大化

常に存在する改善の余地: 高いスループット、優れた品質、その両方さえも – パフォーマンスのデジタルツインを利用すると、生産プロセスを最適化できるため、プラントの可用性が高まることで柔軟性が確保され、生産性が向上します。シーメンスの包括的なデジタルツインをお客様の生産プロセスに統合することをご希望の場合は、ご遠慮なくお問い合わせください。

デジタルツインがビジネスをどのようにして支援できるのかご興味はありますか? シーメンスのエキスパートがお答えします。

お問い合わせ