円滑なオペレーションを可能にするための生産計画の最適化

生産のデジタルツインを知る

生産によって必要なアウトプットを達成できるようにすることが、生産計画の主な目的です。生産計画の立案者は生産ラインを計画する必要があり、ロボットやベルトコンベヤーなどの必要な生産設備を選択しなければなりません。デジタルツイン生産には、プログラミングからオートメーションハードウェアに至るまでのすべてが含まれており、新しい生産セルまたはラインのバーチャルコミッショニングによって、生産を開始する前にその生産を最適化することを可能にします。

デジタルツインがビジネスをどのようにして支援できるのかご興味はありますか? シーメンスのエキスパートがお答えします。

お問い合わせ

生産のデジタルツイン

デジタル生産計画とバーチャルコミッショニング

生産のデジタルツインを利用すると、完全に仮想的な環境で製造プロセス全体を計画することが可能です。レイアウトの設計から材料の流れや起こり得るボトルネックの可視化、そしてオートメーションハードウェア用のPLCコードのシミュレーションに至るまで、生産のデジタルツインにより、実際のコミッショニングの時間、労力、リスクを低減するために、新しい生産ラインのテストと最適化に役立つバーチャルコミッショニングが実現します。

必要な設備を選択し、生産セルをデジタル設計することによって、すべての部品が生産セルでどのように集まるのかをシミュレーションすることが可能になります。これには、溶接とハンドリングロボットのプログラミングや、高い生産量のためのサイクルタイムの最適化のようなタスクが含まれます。

生産におけるデジタル化は、ますます個別化される自動車業界のような課題をメーカーが克服するのにも役立ちます。固定化されたチェーン生産ではなく、このデジタル化により、変化する要件に迅速に適合する柔軟なモジュラー生産が可能になります。

生産の計画

Line Designer ① を使用すると、生産ライン全体を計画し、ロボットやコンベヤーベルトなどの生産設備を選択することができます。

 

Plant Simulationを使用すると、材料とエネルギーの流れのシミュレーションと最適化が可能になります ②。そしてTecnomatix Process Simulateを使用すると、生産プロセスのシミュレーションと最適化が可能になります ③。

 

さらにSIMOVEを使用すると、より柔軟なモジュラー生産をセットアップするためにAGVを管理できます。

製造の検証と実行

次に、製造のエンジニアリングを開始できます。PLCコードを自動的に生成し、デジタルツインからTIAポータルに直接転送することができます ①。

 

Tecnomatix Process Simulateで、バーチャルコミッショニングを使用して全体的な結果が包括的に検証されます ②。仮想SIMATICコントローラーPLCSIM Advancedを利用して、完全に仮想的な環境で生産セルまたはマシンをテストすることができます。

 

この時点で、実際の生産を開始できます。世界トップレベルのオートメーション設備とTotally Integrated Automation (TIA)のコンセプトのおかげで、シーメンスは効率的で円滑で安全な製造を可能にしています③。

3つを合わせることでより良い方向へ

さらに2つのデジタルツインをご紹介

さらに詳しく

製品のデジタルツイン

さらに詳しく

パフォーマンスのデジタルツイン

関連情報

自動車業界でのデジタルツイン

世界中の自動車メーカーが、生産性、柔軟性、および効率性を向上させるために、産業と用途に特有のソリューションをどのように使用しているのかをご覧ください。

お問い合わせ

生産をデジタルツインで強化

ますます複雑化する自動車製造作業の最適化が、生産のデジタルツインを利用することで容易になります。初期計画段階からバーチャルコミッショニングに至るまで、デジタル化は、生産計画をあらかじめ自信を持って検証するのに役立ちます。シーメンスの包括的なデジタルツインをお客様の計画プロセスに統合することをご希望の場合は、ご遠慮なくお問い合わせください。

デジタルツインがビジネスをどのようにして支援できるのかご興味はありますか? シーメンスのエキスパートがお答えします。

お問い合わせ