より効率的な電気自動車生産

デジタルツインは電動化にも対応

自動車業界は急速に変わりつつあるため、自動車メーカーは新たな課題に絶えず対処せざるを得なくなっています。世界中で電気自動車の需要が高まっていますが、同時に顧客は、より高度な特注設計オプション付きの自動車を求めています。一方で、今後数年間は従来型の駆動系システムの需要が続くという予想があります。このような理由から、自動車業界は、車両の設計と生産の効率性を上げるための新たな機会を模索しています。このような効率性の向上は、シーメンスの最先端の自動制御ソリューションで構成される独自の製品ラインとDigital Enterprise Suiteによって可能です。Digital Enterprise Suiteは、バリューチェーン全体を通じてデジタルツインを重視したデジタル化のための革新的なソフトウェアサービスです。

主な利点

電気自動車生産のためのオートメーションのハイライト

デジタルツインは電気自動車生産にどのように役立ちますか? シーメンスのPodcastでさらに詳しく
デジタルツイン

デジタルツインによる電気自動車生産の高速化

現実の世界に存在することはすべてデジタル世界にも存在するというコンセプトがあります。それがデジタルツインです。デジタルツインはバリューチェーン全体を網羅し、3つのバリエーションで存在します。

製品のデジタルツイン

強力なデータバックボーンに基づいて、シーメンスは、電気自動車のすべての新しい電気部品、バッテリーシミュレーション、および高性能車両へのすべての部品の最適な統合のための設計ソリューションを提供しています。シミュレーション駆動型の製品設計のおかげで、初めて電気自動車開発の特定の課題を効率的に克服できます。また、新しい設計/シミュレーションソリューションが、電池、バッテリーモジュール、およびバッテリーパックの開発の最適化に役立ちます。複数の領域にわたるシミュレーションは、電気自動車用の極めて強力な駆動系システムの設計時にも重要な役割を果たします。デジタルツインを使用したすべての部品の知的統合は、必要不可欠な次世代のテクノロジである自動運転に向けた大きな一歩です。

ソリューションのポートフォリオ

製造のデジタルツイン

製造のデジタルツインは、より柔軟で強力な製造プラント(グリーンフィールドとブラウンフィールドの両方)の開発を可能にします。製造のデジタルツインは、伝統的な車体製造と新しい分野(電気モーターとバッテリーの製造など)を含む電気自動車製造プロセス全体を網羅します。包括的な計画/シミュレーションソフトウェアが、立ち上がり期間を短縮するのに役立ちます。無人搬送車(AGV)と強力なSIMATIC コントローラーがTIAポータルエンジニアリングフレームワークとともに、優れた柔軟性をもたらします。実績のあるシーメンステクノロジにより、バッテリー製造のシミュレーション、最適化、および自動化が可能になります。シーメンスの自動制御ソリューションは、電気モーターと従来型エンジン向けの、工程が最適化された強力な生産ラインも可能にします。

ソリューションのポートフォリオ

パフォーマンスのデジタルツイン

生産設備と生産ライン全体からのパフォーマンス/メンテナンスデータは、クラウドベースのオープンIoT オペレーティングシステムであるMindSphereを使用して入手され、分析されます。これにより、プラントの可用性が高まるだけでなく、必要性に基づいてメンテナンスを計画できるようになります。MindSphereは、多くの用途に分析アプリケーションを使用するための基礎です。

たとえば、インテリジェントアプリケーションは、問題が生じる前に警告できます。とりわけ、効率的な生産には優れた生産管理が必要です。シーメンスは、MOMのコンポーネントとしてSIMATIC IT生産実行システムを使用してこれを実現します。

 

ソリューションのポートフォリオ

関連情報

電気自動車生産のための信頼できるパートナー

シーメンスのソリューションは、あらゆる規模の自動車メーカーを支援します。以下は、この可能性を実証する一部の例です。 

効率的な電気自動車生産

デジタルツインにより、電気自動車生産の効率性が向上

自動車の設計と生産計画から実際の生産と以降のサービスに至るまで、統合データベースにより、すべてのワークフローとプロセスの継続的な分析と最適化が可能になります。このことは、電気自動車とハイブリッド自動車を含めるための製品ポートフォリオの拡張について特に当てはまります。

ご不明な点はございません? シーメンスのエキスパートがお答えします。

お問い合わせ