電子機器のトレンドを創出

デジタルソリューションでより迅速かつ柔軟に製造

電気デバイスは非常に短い時間間隔で市場に参入するため、メーカーやマシンビルダーは大きな課題に直面しています。通常、製品ごとに個別のラインを構築し、短い製造サイクルの後に再度解体する必要があります。マシンビルダーは、ごく短期間で新しいマシンを提供できる必要があるだけでなく、短期的な変更に合わせてそれらを迅速に調整する必要もあります。手動生産から自動化生産への切り替えに加えて、マシンおよびラインのコミッショニングフェーズは、いずれも時間を大幅に節約し、かつ電子機器会社の厳しい時間的制約に適合する可能性をもたらします。シーメンスはオートメーションおよびデジタル化ソリューションの理想的な範囲を提供しており、これを使用してマシンのデジタルツインを作成することができます。これは、新しいマシンおよびラインをより迅速かつ柔軟に開発するのに役立ちます。

新しい生産ラインをより迅速にコミッショニングし、市場投入時間を大幅に短縮してみませんか? シーメンスのエキスパートがアドバイスいたします。

お問い合わせ

パートナーとしてのシーメンス

電子機器産業向けの完全に拡張可能なソリューション

オートメーションおよびドライブテクノロジにおける数十年に及ぶ経験と業界専門知識により、シーメンスのポートフォリオは、どのようなサイズや複雑さのタスクにも適したハードウェアおよびソフトウェアを提供しています。したがって、ハイエンドアプリケーションは、速度と費用対効果が極めて重要となるシンプルで簡単な製造プロセスと同じくらい実装がシンプルです。
利点

要求と同じくらい柔軟

電子機器市場はペースが速く、価格圧力が増大しています。シーメンスの包括的なソリューションポートフォリオは、すべての要求に迅速に対応する可能性をもたらします。
デジタルツインの全貌

デジタルツインの全貌の詳細

デジタルツインを作成するためのシーメンスの包括的なコンセプトは具体的な利点をもたらします。必要なプロトタイプの数を大幅に減らし、製造および製品パフォーマンスを予測し、顧客のニーズに確実に対応することができます。

製造におけるデジタルツイン

デジタルツインは、製品(スマートフォン、タブレットなど)または製造プラントの正確な仮想モデルです。これには、ライフサイクル全体を通してそれらの開発が表示されるため、オペレーターは動作を予測し、パフォーマンスを最適化し、かつ以前の設計および製造経験からの知見を実装することができます。

デジタルツインの包括的コンセプトは、次の3つで構成されます。製品のデジタルツイン、製造のデジタルツイン、および製品と製造の両方のパフォーマンスのデジタルツインです。包括的な領域専門知識と最適化されたツールのおかげで、シーメンスは、このような包括的アプローチを提供する唯一の企業となっています。

デジタルツインを使用して「what if」シナリオを実行し、将来のパフォーマンスを予測することから大きな価値が得られます。デジタルツインの最終的な目標は、製品開発および製造計画の仮想世界と、製造システムおよび製品パフォーマンスの物質的世界の間の閉ループ接続です。この接続により、製品および製造オペレーションのライフサイクル全体を通して、物理的世界から情報に基づいた意思決定を行うための実践可能な知見が得られます。

マシン製造におけるデジタルツイン

デジタルツインは、製品または製造プラントの正確な仮想モデルです。デジタルツインは、ライフサイクル全体を通じた開発を表示します。また、オペレーターが動作を予測し、パフォーマンスを最適化し、過去の設計や現場での知見などを反映するのを可能にします。
デジタルツインの包括的コンセプトは、次の3つの要素で構成されます。製品のデジタルツイン、生産のデジタルツイン、および製品と生産の両方のパフォーマンスのデジタルツインです。包括的な領域専門知識と最適化されたツールのおかげで、シーメンスは、このような包括的アプローチを提供する唯一の企業となっています。

デジタルツインを使用して「what if」シナリオを実行し、将来のパフォーマンスを予測することから大きな価値が得られます。デジタルツインの最終的な目標は、製品開発および製造計画の仮想世界と、製造システムおよび製品パフォーマンスの物質的世界の間の閉ループ接続です。この接続により、製品および製造オペレーションのライフサイクル全体を通して、物理的世界から情報に基づいた意思決定を行うための実践可能な知見が得られます。

関連情報

電子機器産業向けの実施中のソリューション

ここでは、電子機器産業がどのようにしてシーメンスの製品およびソリューションから恩恵を享受できるかについて具体的な実例を示します。
デジタルツインにより、市場投入を迅速化

デジタルツインにより、市場投入を迅速化

0 %

エンジニアリング効率の向上による時間の節約

Bozhon Precision Industry Technology |中国  

Bozhon Precision Industry Technologyは、電子機器産業にサービスを提供する中国のマシンビルダーです。Bozhonとシーメンスは、スマートフォンの新しい製造マシンの開発に協力して取り組みました。中国でマシンが製造されるのと同時進行で、ドイツでバーチャルコミッショニングが既に行われていました。エンジニアリング時の時間の大幅な節約の結果、Bozhonの顧客に対して新しいマシンの開発、納入およびコミッショニングが迅速化されました。

より迅速かつ柔軟

電子機器産業のターボ

製品、マシンおよび製造プラントのデジタルツインを使用することによって、多くの時間を節約できます。そしてこれが動的な電子機器産業における決定的要因です。シーメンスのオートメーションエキスパートがお客様のプロジェクトをお手伝いします。ご一緒にお客様の製造をより迅速かつ柔軟にし、最終製品をより短時間で市場に投入できるようにすることができます。

生産ラインをより迅速にコミッショニングし、市場投入時間を大幅に短縮してみませんか? シーメンスのエキスパートがアドバイスいたします。

お問い合わせ