一貫したデジタル化による新たな柔軟性

革新的な製品とソリューションによって、競争力を高めることができます。

食品・飲料メーカーは、多くの要素を考慮する必要があります。それは、一貫して高いレベルの製品品質、最大限のプラント可用性、最適な資源効率です。これらに加え、 多様化が進む顧客の要求を満たすための最大限の柔軟性がますます重要になっています。現在と将来にこれらの課題をすべて克服することは、デジタル化によってのみ可能です。シーメンスは、バリューチェーン全体を完全にまたは徐々に統合・デジタル化するためにお客様が必要としている製品とソリューションを提供しています。

得意分野について

得意分野について

食品・飲料業界向けの専門知識

シーメンスの得意分野についてのホワイトペーパー、調査資料、およびビデオをご覧いただけます。シーメンスのエキスパートが、お客様の業界におけるデジタル化とその他のトレンドに関する専門知識を共有しています。

 

 

今すぐ確認

ボタン1つでイチゴ果汁からエルダーベリーシロップへ:

Spitz社がアットナングプッフハイムのプラントをデジタル化

 

• シーメンスは食品メーカーの製造を将来に適したものにし、
   伝統的な企業の競争力を保証します
• Spitz社は非常に正確なデータを受け取り、製造を分析します
• 果汁とその他の食品の柔軟性、効率性、および質を高めて、
   より高い品質の製品を製造することができます

ビデオの見所

デジタル化により柔軟性が向上

様々な例を通じて、食品・飲料業界におけるプロセスと個別ワークフローの両方が、どのようにしてデジタル化から恩恵を受けることができるかを示しています。
関連情報

シーメンスソリューションの実際的応用の成功

シーメンスは、食品・飲料業界のあらゆる規模の企業を支援しています。以下は、その一部の例です。 ※コンテンツは英語です