SIMATIC HMI - さらなる効率性を追求

マシンレベルの可視化からSCADAシステムまで - 常にお客様の要件を満たす製品ライン

お客様のシングルソースプロバイダーであるシーメンスのヒューマンマシンテクノロジ SIMATIC HMIは、ますます複雑化するマシンやシステムのプロセスに対処できるように設計されています。SIMATIC HMIは、ハードウェアおよびソフトウェアにオープンかつ標準化されたインターフェースを使用して、ヒューマンマシンインターフェースに関するお客様の特定のニーズを満たすために最適化されており、お客様の自動制御ソリューションへの効率的な統合が可能です。

SIMATIC WinCC Audit

21 CFR Part 11対応

製造製品と製造プロセスについて高品質の要件がある場合に、あらゆるセクターでオペレーターの行動に関するトレーサビリティの重要性が高まっています。WinCC Auditオプションを付けることで、WinCCは高いレベルでこの目的の達成をサポートします。

WinCC Auditでは21 CFR Part 11に従ってGMP(適正製造規範)およびFDA(アメリカ食品医薬品局)に規定される重要な要件に対応します。

WinCC Auditは、妥当性確認が求められる産業用のマシン製造を容易にします。これらの要件を満たすための重要なファンクションが標準提供されており、そのため個別のマシンやプラントユニットが資格を有していることをサプライヤー側で事前に確認できるからです。

同時に、Audit Trails(監査証跡)は、たとえば食品飲料業界向けEC指令178/2002に規定されている製品品質向上のための製造プロセスの追跡に適しています。

SIMATIC HMI Option+

HMIシステムのIT関連機能を設定

新しいSIMATIC HMI Option+アプリケーションは、ランタイムとHMIパネルのオペレーティングシステムを連携させるゲートウェイとして動作し、まったく新しいファンクションへのアクセスを可能にします。このアプリケーションはProSaveツールを使用して簡単にロードし、パネルにインストールしてすぐに設定が可能です。

ユーザーはSIMATIC HMI Option+をランタイムから呼び出して、高度なITスキルが無くても簡単にシステム情報を表示する、インターフェースやユーザー識別の設定を行う、またはマシンモニター用の高度な機能を使用することが可能です。権限を与えられた従業員のみがこれらのファンクションにアクセスできるようにするため、Option+へのアクセスはパスワードによって制限および保護されます。

シーメンスFAソリューションウェブセミナー

毎週木曜日16:00から開催中の30分の無料ウェブセミナー。シーメンスのFA製品の特長、活用方法、説明等の様々なトピックをスペシャリストにより解説しています(過去のウェブセミナーをご視聴頂けるページもございます)。

ウェブセミナーの詳細については、参加申し込みサイトにてご確認いただけます。

参加申し込みページへ