HMIデザインマスタークラス

より良いHMIデザイナーになる. HMI Design Masterclassには、シーメンスのUXエキスパートOliver Gerstheimerが加わり、素晴らしいHMIデザインを作成する方法と、あなたとあなたのユーザーがどのように利益を得ることができるかを学びます。 ※内容はすべて英語です。
HMIデザインマスタークラス(英語)

今すぐ登録(英語)

HMI設計マスタークラス

HMI設計のスキルを向上させたいですか? ABCのように簡単です。是非参加して、スキルアップしてください。

HMIの設計スキルを向上させるための6つの貴重な情報が、7つの映像に収録されています。

優れたヒューマンマシンインターフェースを設計することは、複雑で手間のかかる作業だとお考えですか? そんなあなたに朗報です。優れたHMIの設計は簡単です。それは「やり方」の問題です。よく、キッチンを設計できれば、可視化ソリューションも設計できると言います。だれでもそのスキルを習得できます。的を射た質問をすることから始めましょう。ユーザーや日々の作業を見つめ直しましょう。そして、共通性のあるパターンを見つけましょう。

シーメンスのUXエキスパートであるOliver Gerstheimerが講師を務める、HMI設計マスタークラスは2018年9月に開講します。7つの10分ほどのビデオレッスンをお使いのコンピューターから無料で受け、優れた可視化ソリューションの作成および設計方法を学習できます。

ご興味をお持ちでしたら、今すぐご登録ください。たった70分でHMI設計のスキルを向上できます。

紹介ビデオ

10分のレッスンを7回受講するだけで、HMI設計のスキルを向上できます

優れたHMI設計は設計者やユーザーの利益となり、多くの面でメリットをもたらします。Oliver Gerstheimerは要点を分かりやすく解説し、可視化ソリューションを改善してユーザーの満足度を向上させる方法を紹介します。 詳細は紹介ビデオをご覧ください!
レッスン

シーメンスのHMI設計マスタークラス

設計やイノベーションは、簡単な作業ではありません。「1 + 1 = ?」のような式ではなく、「x + 2 = y?」のような式を解く必要があります。レッスンでは、生産フロアのオペレーターのためのユーザービューを想定したり、可視化を設計したりすることがなぜ重要なのかを説明します。インタラクションの頻度や関係性に応じて機能をクラスター化し、主要な側面に焦点を当てる方法を学ぶことで、ユーザビリティが倍に向上するソリューションを以前の半分の労力で実現することが可能になります。

可視化ソリューションは、ユーザーに適合したものである必要があります。これが、ユーザーのターゲット、ニーズ、そして作業コンテキストを認識し、設計に反映しなければならない理由です。設計者は、「まず理解する、設計はそれから」という基本的な原則を守らなければなりません。また、床を設計してから家具について考えるように、HMI設計の構築は家の設計に通じるところがあります。反復することで労力とコストを無駄にするリスクをいかに削減できるかを習得しましょう。

作業の半分は完了しました。ここからは実装です。他の人に尋ねたり、同様のパターンや慣習に倣ったりすることで、プロジェクトを幸先良く始められます。画面から離れ、ペンと紙で作業した方がなぜ良い結果を早く得られるのかを説明します。また、一般的な事例の一流のレイアウトを使用して、なぜ優れたHMI設計には思っている以上に創造性よりもユーザビリティが優先されるのか、なぜ関連するルールや原則を誰でも学ぶことができるのかを解説します。

このレッスンは、HMI設計を向上させるためのフィードバックの回収と使用に関するものであり、なぜユーザーがどのような設計が最善かを決定する際の決め手となるのかを説明します。可視化ソリューションにとって重要な設計の詳細や、詳細設計、インタラクションのパターン、およびワイヤフレームを最適に使用する方法についても解説します。また、色やアイコン、グラフィックを効果的に使用して、ユーザーによりアピールする可視化ソリューションを実現する方法も紹介します。

HMI設計において、プロトタイプは最も重要なクオリティゲートです。このレッスンでは、クリックダミーを使用して主なユースケースを表示および相互にテストする方法、および可視化ソリューションの評価においてどうしてユーザーのフィードバックが重要なのかを学習します。また、ユーザーからの提案を直接取り入れて検証し、より短期間で優れたユーザーフレンドリーなソリューションを実現するために、プロトタイプを適用させる方法を紹介します。

このレッスンでは、アイコンやその他のエレメントを使用してソリューションを視覚的にアピールするものにする前に、優れたHMI設計が機能的かつユーザーフレンドリーである理由を説明します。アピール性の高い設計を行うための基本的な原則とガイドラインも紹介します。大事なことは、やり過ぎないことです。視覚的なエレメント、サウンド、そしてアニメーションの使用を抑えることで、大きな効果が生まれ、必要な時にユーザーの注意を集めることができます。

設計作業も終わりに近づいています。可視化ソリューションが完成し、動作し、見た目も良さそうです。ただし、まだ終わりではありません。可視化ソリューションをユーザーに展開することも、設計および実装プロセスの一部です。最後のレッスンでは、可視化ソリューションのメリットをユーザーにどのように伝え、ユーザビリティがどうしてドキュメント化やトレーニングにおいても重要なのかを学習します。

リファレンス

リファレンス