SIMATIC WinCC Unifiedソフトウェア

未来の見える化に対応したソフトウェア

SIMATIC WinCC Unifiedは、根本から再設計されたTIAポータルの見える化ソフトウェアです。
今すぐご登録ください!

WinCC Unifiedコミュニティ

特長

WinCC Unifiedはアプリケーション要件に応じて拡張可能

SIMATIC WinCC Unifiedは、シングルユーザーシステムから複雑な分散型アプリケーションまで対応できるスケーラビリティを備えています。WinCC UnifiedはネイティブWebテクノロジに基づいて統一された単一ソフトウェアプラットフォームであり、将来的な見える化システムの要件にすでに対応しています。

ITとOTを完全に融合

SIMATIC WinCC Unifiedのインターフェースは高機能でオープンなため、(IT環境などの)他のソフトウェアを統合したり、これらを統一された操作コンセプトにまとめたりすることができます。このためWinCC Unifiedは、生産データとIT世界のデータをリンクさせる統合プラットフォームとして機能します。

パネルからSCADAシステムまで一貫したエンジニアリング

SIMATIC WinCC Unifiedには豊富なグラフィック機能があり、すべてのエレメントを再利用できるため、ユーザーインターフェースを自由に設計できます。すべての設計を、パネルでもPCやSCADAのシステムでも同じように使用できるため、時間とコストを節約できます。ベクターベースのSVGグラフィックを使用しているため、画像の鮮明さを維持したままスケーリングできます。HTML5をサポートしているため、HTML5対応のモバイルデバイスからマシンやプラントをモニターおよび制御できます。

WinCC Unifiedの機能

WinCC Unifiedの主要機能およびオプション

WinCC Unifiedには多くの一元的な機能と追加オプションが用意されているため、見える化のアイデアを自由自在に現実のものにすることができます。

SIMATIC WinCC Unifiedの特長

SIMATIC WinCC Unifiedは、WinCC見える化ソフトウエアの単なる新バージョンではありません。根本から再設計され、まったく新しい形でマシンやプラントの見える化コンセプトを実装できます。

WinCC Unifiedは根本から再設計されているため、最新のスケーラブルソフトウェアアーキテクチャに基づいています。このため、マシンレベルのアプリケーションからSCADA環境の大規模で複雑なアプリケーションまで、1つのソフトウェアパッケージですべて実装できます。

WinCC Unifiedの見える化は一貫してHTML、SVG、およびJavaScriptテクノロジをベースとしています。最先端のWebブラウザがあれば見える化を実現できます。別のアプリやプラグインをインストールする必要はありません。

 

UIコントロールの設計も徹底的に見直されており、パネルとPCシステムを含むあらゆるプラットフォームでエンドツーエンドの使いやすさを実現しています。見える化全体がベクターベースのため、静的および動的SVGグラフィックを統合できます。このためリンクされたプロセス値によって設計が変わります。    

WinCC UnifiedはJavaScriptスクリプト言語により、パネルおよびPCシステムで使用できる1つの統合されたスクリプトエンジンとして機能します。データ処理、オブジェクト作成、クラスの使用、および継承用のすべての言語機能を、WinCC Unifiedのスクリプティングに使用できます。

WinCC UnifiedはTIAポータルでのエンジニアリングに対応しており、TIAポータルのOpennessが包括的にサポートされています。このAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)によって、エンジニアリングプロセスの繰り返しのステップを自動化し、コンフィギュレーションの精度をチェックできます。

「コラボレーション」によって、WinCC Unifiedを基盤としたシステム間で簡単にデータを共有できます。このメカニズムによってすでに操作画面をWinCC Unified V16とやり取りできるようになっていますが、納入の第2段階では、他のWinCC Unifiedシステムと変数、アラーム、履歴データを共有できます。「コラボレーション」によって、個々のWinCC Unifiedシステム(ライン見える化の一部としてのマシンの見える化など)を簡単に結合できます。    

オートメーションやIT環境からソフトウェアシステムを結合または統合するため、WinCC Unifiedではデータ通信用の「Runtime Openness」および「OpenPipe」インターフェースを利用できます。またカスタムWebコントロールによってWebベースのツールやアプリケーションを見える化で完全に統合できます。

WinCC Unifiedの「テクノロジ階層」により、オブジェクト指向のエンジニアリングアプローチを産業用PCで使用できます。このため、エンジニアリングの一部としてオートメーションソリューションを容易に構造化できます。またこの構造を本番運用のプラント制御に使用できます。

 

テクノロジ階層は、1回のタイプ作成と複数のインスタンス化で構築される「タイプ-インスタンス」のコンセプトに基づいているため、一元的な変更が可能です。テクノロジ階層は、プラントインテリジェンスオプション(カレンダーPerformance Insightなど)の基本です。

WinCC Unifiedの機能拡張

機能拡張によって、WinCC Unifiedを要件に適合させることができます。この機能はデータ通信、管理、レポート作成に役立ちます。

コントローラーの接続はSIMATICファミリに統合されています。新しいTIAポータルバージョンとは別に、追加の通信チャンネル(Modbus TCPなど)をCSP(チャンネルサポートパッケージ)経由でダウンロードできます。統合されたOPC UA DAサーバーおよびクライアントを経由して、データを他のシステムと共有できます。

WinCC Unifiedでは、プロセスデータをファイルベースまたはデータベースでアーカイブできるため、アプリケーションごとに最適なアーカイブソリューションを利用できます。ファイルベースのアーカイブは処理が簡単なため、特に中小規模のアプリケーションに適しています。

WinCC Unifiedにはアラートシステムが統合されており、重大プロセスのステータスや一般的な警告についてただちに通知されるため、迅速に対応してダウンタイムを短縮できます。すべてのメッセージとアラームを、特定のアラートクラスに分類できます。

 

新しく設計されたアラート制御により、すべてのアラームとアラートを簡単に表示、フィルタリング、認識できます。この機能は、自動処理のスクリプト化によって使用することもできます。

WinCC Unifiedにはレポート作成機能が統合されており、Microsoft Excelの標準機能を直接使用して個々のレポートテンプレートを作成できるため、簡単かつシームレスにレポートを作成できます。レポートは手動でも自動(時間またはイベントで制御)でも生成できます。

"パラメーターセット"で、マシンや生産パラメーターを簡単に処理および管理できます。このため、PLCからUDT(ユーザーデータタイプ)に基づいてパラメーター構造を定義できます。PLCとHMIの間のパラメーターセットの処理は、 ジョブIDによって簡単に自動化できます。

SIMATIC WinCC Unifiedでは、エンジニアリング中にローカルユーザー管理およびアクセス制御(UMAC)を設定できます。この際には、事前定義したファンクション権限を使用して、ユーザーとパスワードのポリシーを定義します。これで、見える化を不正アクセスから保護できます。エンジニアリング中にも操作中のオペレーターにもユーザー管理は可能です。

WinCC Unifiedプラントインテリジェンスオプション

プラントインテリジェンスオプションはWinCC Unified基本システムのオプションの拡張機能として使用でき、要件に合わせて自由に組み合わせることができます。これらのオプションによって、生産プロセスを計画したり、プラント全体の有効性を分析および最適化したりすることができます。

 

"カレンダー"オプションによって、産業用PCで直接、マシンやプラントの生産時間を簡単に計画できます。 通常の生産日のテンプレートを定義し、これを特定の日に適用できます。API(アプリケーションプログラミングインターフェース)の提供により、生産計画と他のシステムを結合することもできます。

SIMATIC WinCC Unifiedの"Performance Insight"により、産業用PCでオブジェクト指向のKPI定義が可能です。ISO22400に準拠したKPIの計算は、生産データからナレッジを生成する第一歩であるためです。このオプションには、すべての内容を明確に表示したりExcelレポートにアーカイブしたりするためのUIコントロールが含まれています。

シーメンスFA製品ウェブセミナー

毎週木曜日16:00から開催中の30分の無料ウェブセミナー。シーメンスのFA製品の特長、活用方法、説明等の様々なトピックをスペシャリストにより解説しています(過去のウェブセミナーをご視聴頂けるページもございます)。

ウェブセミナーの詳細については、参加申し込みサイトにてご確認いただけます。

参加申し込みページへ

見える化の未来

SIMATIC WinCC Unifiedシステムについて

SIMATIC WinCC Unifiedシステムには、高機能ソフトウェアだけでなく、革新的機能を実現できるハードウェアも含まれています。システム全体のメリットをご紹介します。

TIAポータルV16に完全統合

SIMATIC WinCC Unifiedプロジェクトは、実績のあるTotally Integrated Automationポータル(TIAポータル)で画一的に構成されます。このため、見える化用の主要パラメーターをすべて簡単かつ効率的に作成およびテストできます。    

詳細情報

WinCC Unifiedコミュニティ

WinCC Unifiedコミュニティのご案内

新しいSIMATIC WinCC Unifiedシステムなら、将来的な見える化に対応できます。今すぐご登録ください:WinCC Unifiedコミュニティのメンバーになると、貴重な情報を早めに入手できるだけでなく、メンバー専用のダウンロードも利用できます。ご登録は無料です。ぜひお試しください(内容は英語です)。

今すぐご登録ください!

無料登録はこちら