SIMATIC SCADAシステムのオプション

包括的なソリューションへのマルチプラットフォームプログラムパッケージ

複数のSCADAシステムと連携するオプションは、成長するプラントと異種システムの論理的な結果にすぎません。 SIMATIC SCADAオプションは、SIMATIC SCADAシステムにシームレスに統合されています。本番環境で一貫性のある一元化されたデータストレージを使用することにより、最大限の透明性を確保することが、適切な意思決定を迅速に行うための前提条件です。特定のターゲットグループに応じてローカルで、または現場にいるときにモバイルデバイスでデータを準備できます。 SIMATIC Process HistorianとSIMATIC Information Serverは、SIMATIC SCADAシステムの完全な補足としてこれらのタスクを満たします。オープン通信インターフェースを使用して自動化とITレベルを接続すると、より高レベルのMES/ERPソリューションを簡単に統合できます。 IndustrialDataBridgeは、プログラミングを行わずに、標準インターフェースを介した双方向のシステム間通信に使用されます。

製品ラインナップ

SCADAオプションポートフォリオ

SIMATIC SCADAオプションが包括的なSCADAポートフォリオをどのように完成させるかを詳しくご覧ください。

SIMATIC Process Historian -  自動化とMESの世界から生成されるすべての生産データを長期アーカイブ

WinCC RT Professional、WinCC V7、SIMATIC Information Server、SIMATIC PCS7のオプション

 

SIMATIC Process Historianは、会社の管理レベルへの中央データインターフェースとして機能する、さまざまな製品およびバージョンのリアルタイムデータベースです。さまざまなデータソースからのすべてのプロセスデータとメッセージの中心的な長期アーカイブとして機能します。

会社のデータを一元的にアーカイブすることで、保護されたデータに基づいた迅速な意思決定が容易になります。 SIMATIC情報サーバーによって完全な透過性が保証されます。

WinCC V7構成の場合、SIMATIC Process Historianは以前のWinCC/CentralArchiveServer(CAS)オプションを置き換えます。

利点

  • 企業管理レベルへの中央インターフェース

  • プラント全体の生産量とMESデータをリアルタイムでアーカイブ

  • データソースのバージョンに依存しない

  • 「ワンクリック」で簡単に拡張可能なデータボリューム構成

  • インテリジェントな圧縮アルゴリズムによる最小限のメモリを使用した最大アクセス速度

  • 冗長性、災害復旧、ストアアンドフォワードメカニズムによるセキュリティ

  • OPC UAサーバーを介した開放性

  • SIMATIC情報サーバーによる過去データの完全な透過性

設計およびファンクション

SIMATIC Process Historianは、スケーラブルで、バージョンに関係なく、さまざまなシステムからすべてのデータを収集してアーカイブします。 SIMATIC Process Historianは、冗長構成を含むWinCCへのシームレスな統合により拡張性があり、最小限の管理で最も厳しいセキュリティ要件を満たします。

セキュリティ
Historianを使用する場合、データセキュリティは不可欠です。 SIMATIC Process Historianは一連のセキュリティメカニズムを提供するため、プラントデータを確実にアーカイブできます。 RAIDシステムのインストールと組み合わせて冗長Historianを使用することにより、潜在的な障害は通常防止されます。プラントとHistorianの間のネットワーク接続の問題によるデータの損失は、「ストアアンドフォワード」メカニズムを使用することによって防止されます。それでも完全なシステムの故障が発生した場合、データベースはバックアップ(災害復旧)によって完全に復旧できます。

オープン性
SIMATIC Process Historianは、ITまたはMESシステムに接続するためのOPC UAサーバーインターフェイスを提供します。

ライセンス

  • Basic Packageは、ソフトウェアと1つのインストールに対する1つのライセンスで構成されます

  • SIMATIC Process Historianは、すべてデータのアーカイブをサポートしています。アーカイブデータは、WinCシステムなどのデータソースでライセンスされます(WinCC V7のアーカイブタグまたはWinCC Professional RTのWinCC Loggingのログタグ)

  • 冗長パッケージは冗長Process Historianに必要です。既存のBasic Packageインストールは、Redundancyオプションを使用してアップグレードできます

  • OPC UAインターフェースには別のライセンスが必要です

ソフトウェアとライセンス
注文番号
Basic Packages
 

Process Historian 2014 SP3
ランタイムソフトウェアおよびライセンスキーダウンロード版

Process Historian 2014 SP3
ランタイムソフトウェアDVD / ライセンスキーUSBメモリ

Redundancy

 

Redundancy Package (ダウンロード版ソフトウェア) comprising
 2 x Basic Package plus 2 x Option Redundancy

Redundancy Package (ソフトウェアDVD) comprising
2 x Basic Package plus 2 x Option Redundancy

Option Redundancy for Basic Package (ダウンロード版ソフトウェア)

Option Redundancy for Basic Package (ソフトウェアDVD)

Openness (OPC UA接続)

 

OPC UA Server for Process Historian (ダウンロード版ソフトウェア)

OPC UA Server for Process Historian (ソフトウェアDVD)

アップグレード
 

Process Historian 2013 or Central Archive Server 7.0 SP3 to
Process Historian 2014 SP3 (ダウンロード版ソフトウェア)

Process Historian 2013 or Central Archive Server 7.0 SP3 to
Process Historian 2014 SP3 (ソフトウェアDVD)

SIMATIC Information Serve - Webベースのダッシュボードとレポートによる生産データの完全な透過性

WinCC V7、WinCC Professional(TIAポータル)、WinCC Open Architecture、SIMATIC Process Historian、およびSIMATIC PCS7用のオプション

 

SIMATIC情報サーバーにより、いつでもプラント情報に透過的にアクセスできます。過去のプラントデータは、プログラミングの知識がなくても、Webベースのダッシュボードまたはレポートで簡単にコンパイルできます。

これにより、会社の各ターゲットグループ(マネージャー、品質保証、メンテナンス)のプラント情報にいつでも包括的にアクセスできます。

 

SIMATIC Information Serverは、すべての企業活動のためのマルチシステムおよびマルチバージョンのレポートシステムです。個別に対象を絞ったレポートと分析を、Webベースで履歴プラントデータ用に作成し、ダッシュボードで利用できます。これらのダッシュボードへのアクセスは、タブレットPCを使用しても可能です。事前定義されたテンプレートにより、レポートの作成が容易になります。これにより、Microsoft Reporting Servicesで個別の要件を考慮することができます。レポートの作成と配布は、時間やイベントに基づいて行われます。日報やシフトとしてレポート。さまざまなアドインによって、Microsoft Officeツールでレポートを作成することもできます。

利点

  • WinCC履歴データの完全な透明性(WinCCアーカイブおよびSIMATIC Process Historian)
  • 均一で、異なるデータソースのバージョンに依存しない
  • 明確に構造化されたダッシュボードと自動レポートによる効率的なWebベースの分析
  • 実行時にプロセス情報をオンラインでコンパイル可能
  • 準備されたテンプレートによる標準レポートの迅速な生成
  • Microsoft Reporting Servicesに基づく個別のレポート
  • 要求またはイベントに基づいてレポートを周期的にアクティブ化し、必要に応じて電子メールで転送
  • MS Word、MS Excel、MS PowerPointの統合によるMS Officeでの簡単な分析
  • いつでもどこでもプラント情報:モバイルデバイスでもWebベースの分析

設計およびファンクション

Microsoft SQL Server Reporting Servicesに基づく統合レポートシステムは、ダッシュボードとレポートをインタラクティブに作成および管理し、いつでもWebで利用できるようにします。 Microsoft Word、Excel、またはPowerPointとの統合により、Office環境の既知のツールを使用して履歴データにアクセスすることもできます。

SIMATIC Information Serverをさまざまな製品で利用できるようにすることで、異なるバージョン間でも、あらゆるWinCCシステムで使用できます。 SIMATIC Information Serverは、SIMATIC Process Historianのレポートシステムとしても使用されます。

レポートツールのみを使用してさまざまなソースからのデータを統合的に分析することにより、既存の知識を最適に再利用できます。ルックアンドフィールが統一された包括的な分析により、透明性が生まれ、弱点が示されます。必要な最適化対策を迅速かつ効率的に開発して、プラントの生産性と可用性を向上させることができます。
SIMATIC Information Serverは、別のPCまたはWinCCシングルユーザーステーション、WinCCサーバー、またはWinCCクライアントにインストールされます。

ライセンス

  • SIMATIC Information Serverの基本パッケージは、ソフトウェア、3つのクライアントアクセスライセンス、1つのデータリソースライセンスで構成されています。これにより、一度に最大3つのクライアントが1つのデータソースにアクセスできます
  • Information Serverクライアントアクセスライセンスを使用すると、同時クライアントアクセス操作の数をいつでも増やすことができます 
  • 追加のデータソースは、追加のデータソースライセンスを使用していつでも統合できます

ソフトウェアとライセンス

注文番号

Basic packages

 

Information Server 2014 SP3 (ダウンロード版ソフトウェア)

Information Server 2014 SP3 (ソフトウェアDVD)

アップグレード

 

Information Server 2013 to 2014 SP3 (ダウンロード版ソフトウェア)

Information Server 2013 auf 2014 SP3 (ソフトウェアDVD)

Client access licenses

 

1 Client access license (ライセンスキーダウンロード)

3 Client access licenses (ライセンスキーダウンロード)

5 Client access licenses (ライセンスキーダウンロード)

10 Client access licenses (ライセンスキーダウンロード)

1 Client access license (ライセンスキーUSBメモリ)

3 Client access licenses (ライセンスキーUSBメモリ)

5 Client access licenses (ライセンスキーUSBメモリ)

10 Client access licenses (ライセンスキーUSBメモリ)

Data source licenses

 

1 Data source license (ライセンスキーダウンロード)

3 Data source licenses (ライセンスキーダウンロード)

1 Data source license (ライセンスキーUSBメモリ)

3 Data source licenses (ライセンスキーUSBメモリ)

WinCC/IndustrialDataBridge (IDB) - 生産とITワールドの間の情報の流れ

システムサービスとしてのスタンドアロンアプリケーション(WinCC RT Professionalなど)、またはオプションで統合RTオペレーションを使用したWinCC V7

 

WinCC/IndustrialDataBridgeは、標準インターフェースを使用して、自動化レベル(コントロール)をITの世界に接続し、双方向の情報フローを保証します。

さまざまなメーカーのシステムを、さまざまな標準インターフェース(OPC、OLE-DB、SQLなど)を使用して統合できます。簡単な構成(プログラミングなし)は時間を節約し、エラーを防ぎます。 WinCCシステムへの統合とそのユーザー管理、およびシステムサービスとしての代替使用により、伝送のセキュリティが保証されます。

利点

  • WinCCのデータベースおよびITシステムへの接続
  • 標準インターフェースのベンダー間サポート
    (OPC、SQL、ODBC、OLE-DB、Office形式など)
  • 異なるシステム間の高性能双方向データ交換
  • HTMLページでの情報の表示
  • プログラミングではなく構成による高速で高い信頼性(エラーが防止されます)
  • アプリケーションオプション:
    - コンピューターセンターの無人サーバーのシステムサービスとして開始
    - WinCCとのRTデータ接続の管理用
    - WinCCユーザーインターフェースでのランタイム中の接続の統合管理
       (Web経由も可能)

設計およびファンクション

IndustrialDataBridgeは、異なるメーカーのオートメーションシステム間でデータを交換します。
IndustrialDataBridgeのデータソースとデータ送信先

プロバイダー(データ送信元)

消費者(データ送信先)

MS Access 2003, 2007, 2010, 2013,2016

MS Access 2003, 2007, 2010, 2013,2016

MS SQL Server 2005, 2008, 2008R2, 2012, 2014, 2016

MS SQL Server 2005, 2008, 2008R2, 2012, 2014, 2016

My SQL 3.5, 5.1, 5.5, 5.6, 5.7

My SQL 3.5, 5.1, 5.5, 5.6, 5.7

Oracle 8i, 10g, 11g, 12c,12c release 2

Oracle 8i, 10g, 11g, 12c, 12c release 2

OPC Access 3.0
MS Excel 2003, 2007, 2010, 2013, 2016

OPC XML 1.0

OPC Data Access 3.0

Send/Receive

OPC XML 1.0

WinCC OLE DB 7.2, 7.3, 7.4, 7.4 SP1, 7.5
IDB OPC Server

WinCC UserArchives V7.2, V7.3, V7.4, 7.4 SP1, 7.5

Send / Receive

WinCC RT Professional V13 SP1, V13 SP2, V14 SP1, V15, V15 SP1 (via OLE DB)

WinCC User Archive 7.2, 7.3, 7.4, 7.4 SP1, 7.5

Configurable file editor for TXT / HTML / XML

OPC UA DA (1.0.3) Client

CSV, TXT File

OPC UA DA (1.0.3) Server (incl. Status messages)

OPC UA DA (1.0.3) Client

アプリケーション間の柔軟な制御点

アプリケーションシナリオ:

  • OPCインターフェースを使用した、SCADAと異なるメーカーの制御システムの結合
  • 1つ以上のWinCCシステムへの並列アクセスのための中央情報ハブ
  • MES/ERPシステム(SAP iDocなど)とのデータ交換
  • MS ExcelやMS AccessなどのOffice形式との間のWinCCデータの読み取り/書き込み
  • データベースとの間のWinCCデータの読み取り/書き込み
  • データベースをデータソースとして使用すると、中央のレシピをWinCC UserArchiveまたはコントローラーなどに直接転送できます
  • SQLデータベースでの周期的なデータのアーカイブは、OPCデータアクセス、WinAC ODK、または送受信データソースを介して実装できます
  • イベント駆動型レポート。たとえば、シフト終了時のCSVファイルの自動シフトレポート(シフトごとの関連メッセージとプロセス値)。ファイルの名前は、必要に応じて割り当てることができます

IndustrialDataBridgeは、ソースインターフェースと宛先インターフェース間の接続を確立し、値の変化に応じてデータを転送します

  • 設定可能な期間が経過した後
  • または特定のイベントが発生したとき
  • 個別のデータまたはデータブロック(>、<、内部…)が転送されます

データ交換は、複数の並列データ接続を介して双方向にすることができます

ライセンス

  • 100タグのWinCC/IDB基本ライセンス(データポイント間の接続は1つのタグに対応)

  • データの量に応じて、IDBタグ数の追加が可能

  • V7.4 SP1以降、IDBタグのライセンスを追加可能(カウント可能)

ソフトウェアとライセンス

注文番号

Basic Packages

 

WinCC/IndustrialDataBridge V7.5 (ダウンロード版ソフトウェア)

WinCC/IndustrialDataBridge V7.5 (ソフトウェアDVD)

アップグレード

 

IndustrialDataBridge V7.x to V7.5 (ダウンロード版ソフトウェア)

IndustrialDataBridge V7.x to V7.5 (ソフトウェアDVD)

IDBタグ

 

300タグcountable (ライセンスキーダウンロード)

1000タグ countable (ライセンスキーダウンロード)

3000タグ countable (ライセンスキーダウンロード)

300タグcountable (ライセンスキーUSBメモリ)

1000タグcountable (ライセンスキーUSBメモリ)

3000タグcountable (ライセンスキーUSBメモリ)

SIMATIC WinCC WebUX - World Wide Web(WWW)を介したモバイルSCADA

WinCC V7およびWinCC Professional(TIA Portal)用のオプション

 

WinCC/WebUXは、HTML 5対応ブラウザーをサポートするスマートフォン、タブレット、PC、およびその他のモバイルデバイスで使用するために開発されました。 WebUXを使用するためにクライアント側にインストールする必要はありません。

プロセスおよびプラントデータへの柔軟なアクセスにより、現在の標準のコントロールセンターが拡張されます。また、アプリケーションの領域に応じて、純粋に監視または操作するオプションも提供します。

生産データへの個々のアクセスにより、ユーザーはプラントのすべての関連データに関する

  • 高速で

  • 費用対効果の高い

  • ターゲット固有

     

の情報を得ることができます。

利点

  • すべての市販のモバイルデバイスによるモバイルオペレーターの制御と監視、デバイスとブラウザーの無料選択

  • 24時間年中無休の世界規模の柔軟なオンラインアクセス

  • HTTPSとSSL証明書による安全な通信

  • 監視(監視クライアント)または操作(操作クライアント)のためのユーザー固有のアクセス許可を備えた統合ユーザー管理

  • 端末デバイス(クライアント)のインストールやメンテナンスは不要

  • 時間のかかる追加構成が不要なため、市場投入までの時間が短い

  • 一貫したルックアンドフィール

  • 監視クライアントがWinCC基本パッケージに含まれているため、初期費用なし

  • WinCCサーバーのバージョンとモバイルクライアントのバージョンは同じである必要はありません

設計およびファンクション

WinCC WebUXは、業界から独立して使用できます。たとえば、アラームメッセージを確認するためのサービス、重要な生産データを監視するための品質保証、または必要に応じて主要な生産値を表示するための管理などです。
したがって、WinCC WebUXは、インターネットまたはイントラネットを介してリモートでプロセスを監視し、必要に応じて介入できるようにするというユーザーからの絶えず増大する要求に応えます。
WinCC WebUXオプションは、WinCC基本システムで提供されます。オプションは純粋なブラウザーアプリケーションであるため、クライアントデバイスに追加のインストールは必要ありません。
WinCC WebUXは、モバイルオペレーターによる制御と、デバイスやブラウザーに依存しないオートメーションシステムの監視のための安全なソリューションを提供します。
WinCC WebUXとWinCC WebNavigatorのオプションは互いに補完し合うため、同時に使用できます。

ライセンス

  • WebNavigatorサーバーを使用するには、(サーバーベースの)ライセンスが必要です。これは、同時Webアクセス操作の数に基づく段階的なライセンスであり、いつでも追加できます

  • ライセンスの目的で、Monitor ClientとOperate Clientを区別します

  • 追加(カウント可能)ライセンス(フローティングクライアント)による柔軟なクライアント数

  • WinCC WebUXとWinCC WebNavigatorのライセンスは、必要に応じて組み合わせることができます

  • WinCCサーバーのバージョンとモバイルクライアントのバージョンは同じである必要はありません

  • WinCCシステムの1つの無料の監視クライアント

ソフトウェアとライセンス

注文番号

WinCC WebUX Monitor Client

 

1 Monitor Client countable (ライセンスキーダウンロード)

3 Monitor Clients countable (ライセンスキーダウンロード)

10 Monitor Clients countable (ライセンスキーダウンロード)

30 Monitor Client countable (ライセンスキーダウンロード)

100 Monitor Clients countable (ライセンスキーダウンロード)

1 Monitor Client countable (ライセンスキーUSBメモリ)

3 Monitor Clients countable (ライセンスキーUSBメモリ)

10 Monitor Clients countable (ライセンスキーUSBメモリ)

30 Monitor Clients countable (ライセンスキーUSBメモリ)

100 Monitor Clients countable (ライセンスキーUSBメモリ)

Wincc WebUX Operate Client

 

1 Operate Client countable (ライセンスキーダウンロード)

3 Operate Clients countable (ライセンスキーダウンロード)

10 Operate Clients countable (ライセンスキーダウンロード)

30 Operate Clients countable (ライセンスキーダウンロード)

100 Operate Clients countable (ライセンスキーダウンロード)

1 Operate Client countable (ライセンスキーUSBメモリ)

3 Operate Clients countable (ライセンスキーUSBメモリ)

10 Operate Clients countable (ライセンスキーUSBメモリ)

30 Operate Clients countable (ライセンスキーUSBメモリ)

100 Operate Clients countable (ライセンスキーUSBメモリ)

ダウンロードおよびサポート

さらに詳しい情報

SIMATIC SCADAソフトウェアの詳細

サポートサービス

シーメンスはオンラインおよび技術サポートを通して、さまざまなサービスを提供しています。オンラインサポート、技術サポート、アプリケーションサポート、および管理システムサービス

スペアパーツサービス

世界各国で利用することができるシーメンスのスペアパーツサービスにより、スペアパーツがスムーズかつ迅速に入手できるため、最適なプラント可用性を実現できます。

SITRAIN - デジタルインダストリーアカデミー

すべてのシーメンス産業用製品に関する高度な教育は、最新の方法でメーカーから個々に直接提供されます。

お問い合わせ

お近くのSIMATIC SCADAご相談窓口にお問い合わせください

SIMATIC SCADAシステムについてご不明な点はございませんか?SIMATIC SCADAについてのお問い合わせはこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

お問い合わせ窓口