SIMATIC WinCC V7 Basic Software

SIMATIC WinCC V7

適切に設計されたシステムアーキテクチャーのコアコンポーネント

SCADAシステムSIMATIC WinCC V7により、シーメンスは、自動化されたプロセスを監視するための多数の高性能機能を備えた、革新的でスケーラブルなプロセス視覚化システムを提供します。シングルユーザーシステムでも、冗長サーバーを備えた分散マルチユーザーシステムでも、システムはすべての業界に完全な機能を提供し、最適なオープン性を備えています。

パンフレット:「SIMATIC WinCC V7 - The scalable and open SCADA system for maximum plant transparency and productivity」

PDFのダウンロード(英語)

システム概要

SIMATIC WinCC V7で生産性を向上

すべてのアプリケーションに適したSCADAシステム。 SIMATIC WinCC V7が、近い将来の要件に最適に対応する方法をご覧ください。

エンジニアリングとランタイムの効率


効率的なエンジニアリングのためのインテリジェントツール

自動化のレベルが恒久的に高まり、プラントに関連する複雑さが増しているため、国際競争力のために、コストと時間削減への圧力が高まっています。この圧力に対する1つの対策として、SCADAレイヤーでの効率的なエンジニアリングは必須です。
SIMATIC WinCCは、効率的なエンジニアリングツールにより、新しいプラントを構築するときに市場投入までの時間を短縮し、プラントの変更を行うときに最小限のダウンタイムを実現します。

 

効率的な運用管理 – WinCC Runtime機能

要求品質は高くなる一方、そこに製品変更の速さと頻繁な修正も加わって、製造プロセスはますます複雑化しています。可能な限り高い生産性を確保するために、企業のあらゆるレベルでプロセスの最適化について、目標指向の迅速な決定を下さなければなりません。そのためには、すべての操作レベルと場所にわたって情報フローを統合することが必要です。
SIMATIC WinCCはプロセス最適化のための高い透明性と基盤を確立します。情報をインテリジェントに利用することで、社内のプロセスを改善し、短期間での高い投資対効果をもたらします。その結果、コストを削減し、無駄を省き、製造設備の使用率を改善し、最終的には企業の効率性と費用対効果を確実に向上させます。

アラームロギング、タグロギング、テキストライブラリ、ユーザー管理者、ユーザーアーカイブ、音響アラームのスタンドアロンエディターをConfiguration Studioに統合することで、マスデータエンジニアリングがさらに効率的になりました。
各エディターを個別に開くことができるため、これらのエディター間でデータを簡単に交換できます。もちろん、Excelの通常の操作機能は引き続き有効です。チームでプロジェクト作業を行う場合、複数のプロジェクトエンジニアが単一のエディターを並行して開くことはもちろん可能です。

S7-300/400 PLCをSIMATIC Managerへ統合することにより、すべての可変接続をシンボルおよびすべてのASメッセージとして自動的に取得および調整することができます。実際のS7-1200およびS7-1500 PLCと組み合わせると、接続されたPLCからWinCCプロジェクトへのASシンボルの転送がはるかに高速になります。これにより、通信のパラメーター化にかかる時間が大幅に短縮され、潜在的な障害のリスクが減少します。 S7-1500のASメッセージをWinCCに自動的に引き継ぐこともできます。
PROFIBUS FMSおよびPROFIBUS DP、Allen Bradley、Modicon、Mitsubishiのネイティブドライバーのサポート。統合されたOPCクライアントを使用して、任意のサードパーティシステムに接続することもできます。

メッセージの管理と実装は、送信先の国ごとに明確に設定されているため、管理が効率的です。 UNICODEを使用すると、グローバルアプリケーションの実装が非常に簡単になります。 TextLibraryを使用すると、WinCCで使用されるすべての(またはそのサブセットの)テキストをエクスポートできます。その逆はもちろん、これらのテキストをすべての言語に翻訳した後で、それらすべてをインポートすることも可能です。

インストールされているオペレーティングシステムの言語に関係なく、適切なオペレーター言語は独立しています。すべてのオペレーターは、表示されるテキストの言語を個別に選択できます。たとえば、国際的なチームで作業しているときに、異なる言語を使用してメッセージを同時に表示することが可能です。
 

WinCCでは、簡単かつ費用対効果の高い方法で表示言語を実装できます。UNICODEをサポートしているため、動作中にいつでも表示言語を変更できます。この言語は、オペレーティングシステムの設定言語とは無関係です。そのため、欧州の言語とアジアの言語でメッセージテキストを表示するなど、複数の言語を並べて表示することも可能です。
国際チームでの試運転が格段に容易になります。

相互参照エディターの統合により、トラブルシューティングなどの場合に、特殊変数が使用されている場所を非常に高速に見つけることができます。一方、実際のプロジェクトに最適なライセンスコストに合わせるために、未使用の変数を解放することも可能です。

WinCCユーザー管理を使用すると、ローカルアクセスであるかWebベースであるかに関係なく、一貫してユーザーのアクセス権を割り当てて確認できます。それぞれ最大128のシングルユーザーを持つ最大128のユーザーグループの場合、WinCC機能のアクセス権を管理できます。合計で999の異なる権限を割り当てることが可能です。

基本システムの一部であるSIMATIC Logonによるユーザー管理は、Windowsのユーザー管理だけでなく、セキュリティシステムにも統合されています。したがって、FDAの安全要件の拡張もカバーしています。
SIMATIC Logonは、プラント全体のユーザー管理をサポートし、不正なデータ操作から保護します。

設定ツールを使用すると、いくつかの設定オプションが可能です

  • 言語と環境の設定(ドメイン/ワークグループ)

  • ログインデバイス:キーボード/チップカードリーダー/その他のデバイス

そのため、ユーザーはキーボードから母国語を使用してログインおよびログアウトできます。また、名前、ドメイン、パスワードが暗号化された形で保存されているチップカードを使用してログインすることもできます。

WinCCの最新のグラフィックスシステムは、ユーザー定義可能な画像コンポーネントやフェースプレートを作成する場合と同様に、標準化/事前設定された画像コンポーネントを使用することで、プロジェクトエンジニアの作業をサポートします。これらのコンポーネントを使用することで、プロジェクト開発者はいつでも独自の再利用可能な企業固有のプロジェクト標準を作成でき、プロジェクトの市場投入期間が大幅に短縮されます。

グラフィックシステムで行うことができるグローバル設定により、プロジェクトエンジニアは、WinCCプロジェクトで一度定義された企業標準を実装し、これらの時間の節約を同じ属性を持つすべての画像オブジェクトに適用できます。これらの設定をエクスポートして、他のWinCCプロジェクトに再度インポートすることもできます。一方、この可能性は、社内標準化を効率的にサポートし、他方で、複数のプロジェクトエンジニアが会社の標準に従って同時に膨大なアプリケーションに取り組むことができる機会を提供します。

画像を作成する場合、Direct2D(ソフトシャドウ)を実行し、SVGファイルを統合することができます。

個別の色を使用する代わりに、カラーパレットはカラーインデックスを使用します。これにより、ユーザーは非常に簡単な方法でユーザー固有の設計を実現できます。たとえば、ユーザーが色を赤からオレンジに変更したい場合、赤のインデックスにオレンジ色を割り当てるだけで済みます。これを変更すると、同じインデックスを持つすべての赤いオブジェクトの色がオレンジに変わります。

モジュール設計を適用すると、カスタム固有のフェースプレートの作成と集中管理が簡単になります。変更は、フェースプレートが使用されているすべてのポイントに自動的に適用されます。たとえば、アプリケーション固有のメニューとツールバーを使用すると、効率的な操作が可能になります。 Windowsでは通常どおり、それらを修正するか、移動可能な状態ににしておくことができます。

プロジェクトエンジニアは、統合された「メニューとツールバーエディター」を使用して、メニューとツールバーを個々のニーズに適合させることができます。これにより、設定がさらに効率的になります。

ライブラリとウィザードにより、プロジェクトのセットアップが簡単になります。したがって、エラー率が大幅に低下します。

プロセス情報の履歴が、統合された高性能のSQLデータベース内にWinCCプロセス値アーカイブとして保存されます。WinCCベーシックシステムでは512個のアーカイブタグのライセンスが標準で含まれています。また、アーカイブタグ数は追加のパワーパックによっていつでも増やすことができます。長期的なアーカイブ処理に向けてデータ容量を減らすために、データをさらに圧縮することもできます。その手段として、特定の期間(日、月、年などを調整可能)における最大値、最小値、または(加重)平均と、合計または差を計算して、圧縮アーカイブ内に保存します。

自動アーカイブ処理に加えて、アーカイブに対してこれらの値を手動で追加したり、適切な認証の後でアーカイブの設定値を変更することもできます。このような機能は、たとえば一部の産業では研究室用の値に対して不可欠です。トレーサビリティの目的で、これらの値には「手動変更済み」のマークが付けられ、このプロセスは操作メッセージとともに記録されます。
WinCCサーバー上のローカルアーカイブに加えて、SIMATIC Process Historianオプションを使用することによって、一元的な長期アーカイブ処理を追加導入することもできます。

現在のデータや履歴を表示するために、WinCCのプロセス画像に効率的なコントロールが統合されています。 プロセス値を表形式で示したり、トレンド表示を使用して分析することができます。
表示方法は、事前に定義することも、(その権利のある)オペレーターが個別に調整することもできます。多数の表現手段があるため、概要を最大限に把握することができます。
自由に設定可能なツールバーファンクションでは、プロジェクト固有のファンクションを統合するオプションもあります。
時間と値に基づく表現に加えて、f(x)形式のトレンド(圧力、温度など)も表示できます。
ルーラーコントロールと組み合わせて、プログラミングを必要とせずにオンラインで統計計算を実行するオプションもあります。関連する統計(最大値と最小値、平均値、(加重)平均、積分、合計)が、トレンドコントロールで選択された時間範囲で遅延なく表示されます。

自由に設定可能なWinCC Alarm Controlを経由してメッセージが画面上に表示されます。ここでは、メッセージ情報の表示をオペレーターの要件に合わせて詳細に変更することができます。行った設定はユーザー固有テンプレートまたはグローバルテンプレートに保存できます。
WinCC Alarm Controlでは、個別のメッセージブロックの内容に基づいて現在のメッセージまたはメッセージの履歴を表示するために、画面内で時系列、優先度、障害の発生箇所などでフィルタリング、選択、並べ替えを行うことができます。その内容を直接CSVファイルとしてエクスポートするか、レポートとして印刷することができます。また、自由に定義可能なツールバーファンクションにより最大限のフレキシビリティを確保できます。たとえば、プロジェクト固有のファンクションを統合できます。大量の受信メッセージがある中でも概要を把握し続けるために、アラーム非表示ファンクションを使用して重要でない動作メッセージを画面上に表示しないことが可能です。その場合、非表示のメッセージはバックグラウンドでアーカイブされます。

多数統合されている統計ファンクションを使用することで、プロセスの状態を包括的に分析できます。メッセージヒットリストには、特定のメッセージが未解決のままである期間の平均値と合計(メッセージ残存期間)が表示され、確認にかかる時間の平均値と合計も同様に表示されます。言うまでもなく、ここでもメッセージに対して関連イベント、メッセージの場所、時間間隔のフィルターを設定することができます。製造のクリティカルポイントとボトルネックの場所が即座に示されます。メッセージ画面内では、列見出し、必要な並べ替え基準(例:[Frequency, descending])を選択するだけでメッセージを並べ替えて評価することができます。

統合プロセス診断は、WinCC V7.4以降のS7-1200/1500コントローラーと接続して利用できます。追加の設定作業を行わなくても、接続されているすべてのS7-1200/1500コントローラーの診断情報が表示されます。

S7-300/400コントローラーに基づく既存のソリューションの場合、WinCC/ProAgentは、機械およびプラントのターゲットプロセス診断を可能にします。

SIMATIC Information Serverを使用すれば、プラント情報にいつでも透過的にアクセスできます。プログラミングの知識がなくても、プラントデータの履歴をWebベースのダッシュボードやレポート上で簡単にまとめることができます。

そのため、社内の各ターゲット集団(マネージャー、品質保証、メンテナンス)がいつでもプラント情報に包括的にアクセスできるようになります。

WinCC/ユーザーアーカイブでは、レシピや製造データなどの関連データは、固定データ構造のユーザーアーカイブに収集されます。実行時に、このデータはオートメーションパートナー(コントローラーなど)と同時に交換されます。

WinCC/Auditは、運用中のオペレーター活動のエンドツーエンドのトレーサビリティを提供し、プロジェクトのバージョン管理と監査証跡を使用して、エンジニアリング段階でのプロジェクトの変更を記録するために使用されます。すべての変更データは改ざん防止データベース(いわゆる監査証跡)に記録され、監査ビューアーを使用して表示されます。 WinCC/Auditの使用は、機械メーカーとプラントオペレーターが21 CFF Part 11およびEU 178/2002に従って要件を満たすための支出を同時に削減するのに役立ちます。

2つのカレンダーオプションは、カレンダーベースの機能でWinCCを拡張します。共同カレンダーコントロールは、時間または有効期間を計画するために使用されます。
時間リンクされたアクションは、WinCC/カレンダースケジューラーでトリガーできます。
WinCC/EventNotifierは、WinCCメッセージシステムでの特定のイベントの発生に応じて通知を送信します。

シングルユーザーシステムからWebベースソリューションまで、あらゆるテクノロジ、あらゆる産業に対応

増え続ける要件に対応していくには、テクノロジの不適合を引き起こしたり、まったく新しい構成を必要としたりすることなく、可視化機能をいつでも拡張できる必要があります。

投資の保護は最優先事項です。

SIMATIC WinCCは、小規模なシングルユーザーソリューションからクライアント/サーバーソリューション、Web上でのオペレーターステーションまでにわたり、必要な統合型の拡張容易性を提供します。最高の可用性とセキュリティを確保するための冗長化ソリューションも構築できます。

拡張容易な構成に加え、WinCCのオプションとアドオンによって顧客の状況に合った拡張機能を提供し、各テクノロジや産業に固有のソリューションを実現します。

要件に応じて、WinCCシングルユーザーシステムを高性能クライアント/サーバーシステムへと拡大することができます。そうすれば、協調する複数のオペレーター制御とモニタリングステーションをネットワーク型のオートメーションシステムと一緒に動作させることができます。

 

WinCC/Redundancyオプションでは、相互にモニタリングする冗長化WinCCステーションまたはサーバーを使用することによりシステムの可用性が向上し、それによってプラントのオペレーション可能性が確保され、シームレスなデータ収集が可能になります。

WinCC/WebUXを使用すれば、特にモバイルデバイス(タブレットPC、スマートフォン)を使用した、インターネットまたはイントラネット経由の柔軟なオペレーター制御とプラントプロセスのモニタリングが可能になります。HTML5対応ブラウザー搭載のすべてのデバイスがサポートされます。

 

WinCC/WebNavigatorを使用すれば、WinCCプロジェクトに修正を加えることなく、インターネットまたはイントラネット経由での統合オペレーター制御およびプラントのモニタリングが可能になります。シンクライアントソリューションではPCのほか、堅牢なオンサイトデバイスとモバイルPDAの使用もサポートされます。

SIMATIC Information Serverは、Microsoft Reporting Servicesに基づいて、ターゲットグループ指向のレポートの作成と、WinCCおよびProcess Historianの履歴データの分析をサポートします。

SIMATIC Process Historianは製造データの一元的な長期アーカイブとして、オートメーションおよびMES環境の各種データソースから取得した大量のデータをアーカイブします。

SIMATIC Process Historianは、以前のWinCC/CentralArchiveServerオプションを置き換えます。

WinCC PerformanceMonitorを使用すると、生産の弱点が示され、最適化が実現可能です。
したがって、個々のデバイス、機械、または生産ライン全体のプラント固有のキー数値(KPI)は、機械またはライン指向の生産プラントで計算および分析できます。
必要な式。 OEEの計算用に、WinCCで設定され、プロセス値に直接リンクされています。 KPIをコンテキストデータとリンクして、さらに相関(例えば各サプライヤーの品質)を取得することができます。
WinCCは、WinCC/WebNavigatorを使用して、パフォーマンスインジケーターを分析するためのテーブル、パフォーマンス、およびガントコントロールを提供します。

革新的なソリューションによる将来の保証

革新的なテクノロジにより、すべての重要な情報を一貫して利用できます – 迅速、柔軟、そして安全に。
SIMATIC WinCC V7は、リモートでも生産の直感的な操作と監視を容易にします。

モバイルSCADAソリューションを使用して、いつでもどこでも情報を提供できます。タブレットやスマートフォンのハードウェアも利用できます。
産業環境でのマルチタッチジェスチャーの適用は、最新の操作概念への扉を開きます。

WinCC/WebUXは、インターネットとイントラネットを介してモバイルビューと制御プロセスへのユーザーの増加する呼び出しを考慮します。

このような柔軟なアクセスを使用してプラントデータを取得すると、従来の制御室が現在のように拡張されます。用途に応じて、プロセスの監視だけでなく制御も可能です。
モバイルScadaを使用してプロセスデータに個別にアクセスできるため、ユーザーは、彼にとって重要なプラントのすべてのデータについて、

  • 高速で

  • 安価な

  • ターゲット指向

の情報を入手できます。

プロセスレベルから管理レベルまで、いつでもどこでも透明性を確保

SIMATIC Information Serverは、

  • SIMATIC Process Historian 2014

  • WinCC(V7.0 SP3以降)およびWinCC/PerformanceMonitorオプションパッケージ

  • WinCC(TIAポータル)RT Professional(V13 SP1またはそれ以上)

  • PCS7(V8.0以上)およびSIMATIC Batch

Microsoft SQL Serverレポートサービスに基づいて、Webベースの分析の形式でインタラクティブなレポートサービスを提供します。
作成されたレポートは、常にWebベースのユーザーインターフェースで利用でき、電子メールで自動的に配布できます。
透過的なデータアクセスは、アドインを使用してMS Word、MS Excel、MS PowerPointでも提供されます。

 

マルチタッチジェスチャーを備えた最先端の革新的な操作コンセプトは、産業環境で急速に重要性を増しています。ユーザーがコンシューマーデバイスから知っているジェスチャーは、複雑な生産プラントのよりシンプルで直感的な操作に特に役立ちます。

SIMATIC WinCC V7.3以降は、2本指での操作をサポートしています。たとえば、画面のナビゲーションやパンのために、ズームやワイプなどの機能を実装できます。 SIMATIC WinCC V7.2は、たとえば設定値入力の有効化機能として使用できる両手操作もサポートしています。

規格の利用により統合が容易に

SIMATIC WinCCは、標準規格のテクノロジとソフトウェアツールを基盤としているため、常に高度なオープン性と高い統合能力を有しています。
最初のバージョンからオペレーティングシステム分野のトップ製品を採用しております。Microsoft Windows 2012/2016 ServerとWindows 10のどちらを使用しても問題ありません。オペレーティングシステムの更新を追跡でき、さらに投資の安全性を提供します。
強力なMS SQL Serverは、WinCCベースシステムに統合されています。オープンインターフェースを使用すると、エンジニアリング、ランタイム、アーカイブデータへのアクセスを自動化できます。

ランタイムシステムの拡張
WinCCを使用すると、標準ダイアログを使用するだけで、プログラミングなしで接続と動的シーケンスを実現できます。より複雑な機能を実現するために、いつでもVBまたはANSI-Cを使用してスクリプトを作成できます。このようなスクリプトの例としては、値の変換、レポート、または個々のメッセージの自動開始があります。
VBスクリプトをプログラミングする場合、デバッグをサポートする独自の快適なエディターを使用することでサポートされます。
スクリプトを使用すると、すべてのWinCCグラフィカルオブジェクトのプロパティ、コントロール、およびWinCCのオブジェクトモデルと他のメーカーのアプリケーションに完全にアクセスできます。

エンジニアリングシステムの強化
さらに、快適な設定ツールVisual Basic for Applications(VBA)がWinCC Graphics Designerに統合されています。これは、デバッグを含むカスタム固有の拡張機能を作成するのに非常に役立ちます。この機能を使用することで、エンジニアとユーザーはVisual Basicの知識を最大限に活用できます。 VBAを使用して、独自の標準を実現し、定期的なタスクを処理し、メニューエントリーまたは構成ダイアログを作成できます。これは時間と経費を節約します。

WinCC機能モジュールは、構成環境のデータと機能、およびランタイムシステム自体へのアクセスを可能にするインターフェースを使用して公開されます。このインターフェースを使用して、WinCC投影機能とランタイム関数をスクリプトに適用したり、WinCCシステムに直接アクセスする自律アプリケーションを作成したりできます。

WinCC/Open Development Kit(ODK)は、Cアプリケーションプログラミングインターフェース(C-API)として提供されるオープンインターフェースで記述しています。 WinCC V7.2以降、ODCには従来のオプションWinCC/IndustrialXが含まれています。
また、ActiveXコントロールを簡単に作成するために、多数の追加のActiveX要素とVisual Basicテンプレートを含む構成ツールセットが含まれています。個々のコントロールの開発は、保護および標準化されたモジュールとしての産業および技術機能の作成をサポートします。この再利用可能なコントロールにより、製品化までの時間が短縮され、ノウハウが保護されます。
WinCC Media Control(.NET Framework 3.5&4.0 Container)を使用したActiveXコントロールの統合に加えて、ユーザー固有のXAMLおよび.NETコントロールの統合もサポートされています。

OPCは、産業オートメーション環境内のアプリケーション間の安全で信頼できる、データ交換のための通信の標準として使用されます。異なるクライアントとサーバー間のインターフェースとしてだけでなく、異なるサーバー間のみのインターフェースとして、メーカーに依存せずに使用される一連の仕様について説明します。これらには、リアルタイムデータへの直接アクセス、メッセージとイベントの監視、および履歴データへのアクセスなどのトピックが含まれます。

当初、OPC標準はWindowsオペレーティングシステムでのみ利用可能でした。この標準は、プロセス制御用のOLE(オブジェクトのリンクと埋め込み)から開発されました。 2009年に導入された新しいOPC UA仕様は、実際のユニバーサル接続を表しています。この標準は、将来保証され、拡張性があり、さまざまな企業レベルのすべての課題に対応できる、安全でシンプルなテクノロジに依存しないプラットフォームに基づいています。

SIMATIC WinCCはデフォルトで以下を提供します:OPC DAクライアント2.05a / V3.0は、プロセスデータへのアクセスを提供します。システムをサードパーティのPLCまたはシステムに接続します。

製造現場から最上層への双方向の情報の流れ

 

WinCC IndustrialDataBridgeは、オートメーションとITの世界の間の柔軟な情報ハブです。インターフェースとデータ形式の複雑さを軽減します。

WinCCでは、自動化の分野での非独占的なコミュニケーションが常に非常に重要でした。

WinCCには、システム内のすべてのオンライン値にアクセスできる統合OPC DA 3.0サーバー(データアクセス)が標準で装備されています。一方、クライアントとして、Web全体で別のアプリケーションからデータを読み取ることもできます。 WinCC/Connectivity Packは追加のオプションを提供します。

これは、システムが前処理されたプロセスと生産データを情報調整のために上位レベルのシステム(例:製造実行システム、エンタープライズリソースプランニングシステム、またはMicrosoft Excel、Microsoft AccessなどのOfficeパッケージ)に転送できることを意味します。

接続オプションは、WinCC OLE-DBプロバイダーOPCを使用して、一連の追加の通信の可能性を開きます。
オプションパッケージWinCC/Connectivity Packは、WinCCシステムと組み合わせて使用​​されます。
WinCC/Connectivity Stationは、(WinCCがインストールされていない)専用PCで使用されます。

システム要件

ハードウェアシステム要件は、WinCCのインストールタイプと使用されるオペレーティングシステムによって異なります。

 

サポート対象のオペレーティングシステム

シーメンスは64ビット版オペレーティングシステムを推奨:

  • Windows 10(64ビット版)
    - Windows 10 Professional
    - Windows 10 Enterprise
    - Windows 10 Enterprise 2016 LTSB
  • Windows Server(64ビット版)
    - Windows Server 2012 R2 x64 StdE , Datacenter
    - Windows Server 2016 Standard , Datacenter

WinCCクライアントには、Windows 7 Professional / Enterprise / Ultimate SP 1(32ビット版)を使用できます。

 

ハードウェア要件

  • シングルユーザーシステム/クライアントの推奨ハードウェア
    プロセッサー: Intel® Core™ i3 3.5 GHz*
    RAM: 8 GB
  • マルチユーザーシステムサーバー/Webサーバーの推奨ハードウェア**
    プロセッサー: Intel® Core™ i5 2.4 GHz*
    RAM: 8 GB
  • Webクライアントの推奨ハードウェア
    プロセッサー Intel® DualCore™
    RAM: 4 GB

* オプションと併用の場合はより高性能のシステムが必要になる可能性があります

**  ワークステーション型のオペレーティングシステムを使用する場合、サーバーに接続できるクライアントは3台までです

 

Compatibility Tool

Compatibility ToolはIndustry Online Supportが提供するツールであり、互換性のあるソフトウェア製品の選択や既存の設定との互換性確認のために、このツールを使用できます。

> 詳細(英語)

 

SIMATIC Process Historian上に構築するCentral Archive Server

オペレーティングシステム:

  • Windows Server 2012 R2(64ビット版)

  • Windows Server 2016(64ビット版)

SIMATIC Information Server上に構築する一元的なアーカイブソリューションの推奨ハードウェア構成は、数量フレームワークに関する要件によって異なります。
詳細は、SIMATIC Process Historianの管理に関するシステムマニュアルを参照してください。

> 詳細(英語)

 

仮想化

以下の仮想化システムについてはテスト実施済みです

  • VMware vSphere Hypervisor(ESXi)6.5

  • Microsoft HyperV Server 2016

パッケージとライセンスに関する情報

WinCCシステムソフトウェアには、さまざまなバリエーションがあります。

  • WinCC Complete Package (RC) - ランタイムと構成用のソフトウェアとライセンス

  • WinCC Runtime Package (RT) - ランタイムソフトウェアとライセンス

完全なランタイムパッケージは、定義された最大のパワータグで利用できます1)。 パワーパックを使用すると、使用可能なパワータグの数を増やすことができます1)。 したがって、アプリケーションが大きくなると、WinCCも大きくなります

クライアントライセンスは、完全なパッケージとランタイムソフトウェアで利用できます。

WinCCにはMicrosoft SQL Serverライセンスが含まれているため、WinCC基本システムではすでに最大512個のアーカイブタグを構成できます。最終容量段階では、アーカイブパワーパックにより、各サーバーで最大80,000タグまで拡張できます。アーカイブライセンスはカウント可能なライセンスです。つまり、タグの数が追加されます。

SIMATIC WinCCの標準バージョンは、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、およびイタリア語の設定ユーザーインターフェースを提供します。

 

1) WinCC通信チャネルを介してコントローラーまたは他のデータソースに接続されているプロセスタグのみが、パワータグとして指定されます。

ソフトウェアとライセンス

注文番号

SIMATIC WinCC V7.5 RC complete packages - ソフトウェアおよびライセンスキーダウンロード版
 

フローティングライセンスRC Client

フローティングライセンス128パワータグ 1

フローティングライセンス512パワータグ 1

フローティングライセンス2048パワータグ 1

フローティングライセンス8192パワータグ 1

フローティングライセンス65536パワータグ 1

フローティングライセンス102400パワータグ 1

フローティングライセンス153600パワータグ 1

フローティングライセンス262144パワータグ 1

SIMATIC WinCC V7.5 RC complete packages - ソフトウェアDVD / ライセンスキーUSBメモリ
 

フローティングライセンスRC Client

フローティングライセンス128パワータグ 1

フローティングライセンス512パワータグ 1

フローティングライセンス2048パワータグ 1

フローティングライセンス8192パワータグ 1

フローティングライセンス65536パワータグ 1

フローティングライセンス102400パワータグ 1

フローティングライセンス153600パワータグ 1

フローティングライセンス262144パワータグ 1

1) WinCC通信チャネルを介してコントローラーまたは他のデータソースに接続されているプロセスタグのみが、パワータグとして指定されます

ソフトウェアとライセンス

注文番号

SIMATIC WinCC V7.5 RT Runtime packages - ソフトウェアおよびライセンスキーダウンロード版
 

シングルライセンスRT Client

シングルライセンス128パワータグ 1

シングルライセンス512パワータグ 1

シングルライセンス2048パワータグ 1

シングルライセンス8192パワータグ 1

シングルライセンス65536パワータグ 1

シングルライセンス102400パワータグ 1

シングルライセンス153600パワータグ 1

シングルライセンス262144パワータグ 1

SIMATIC WinCC V7.5 RT Runtime packages - ソフトウェアDVD / 再選スキーUSBメモリ
 

シングルライセンスRT Client

シングルライセンス128パワータグ 1

シングルライセンス512パワータグ 1

シングルライセンス2048パワータグ 1

シングルライセンス8192パワータグ 1

シングルライセンス65536パワータグ 1

シングルライセンス102400パワータグ 1

シングルライセンス153600パワータグ 1

シングルライセンス262144パワータグ 1

1) WinCC通信チャネルを介してコントローラーまたは他のデータソースに接続されているプロセスタグのみが、パワータグとして指定されます

SIMATIC WinCC ASIAは個別のパッケージとして提供され、設定インターフェースおよび対応するランタイム環境で次のシステム言語/フォントを使用可能にします。

-  簡体字中国語

-  繁体字中国語

-  韓国語

-  日本語

-  英語

このWinCCバージョンは、中国、台湾、韓国、および日本の地域に供給する機械メーカー、プラント建設業者、および輸出業者を対象としています。
ソフトウェアのパッケージ化とライセンスは、ヨーロッパ版と同じスケーリングに従っています。 WinCCでアジア言語を使用するには、アジアハードウェアドングルが必要です。
現在のバージョンのWinCC Asia 7.5の注文データについては、> Industry Mall にアクセスし、
ページの右上隅にあるフィルターを使用してください。

 

  • その他の利用可能なバージョン
    (ASIAバージョンと先行バージョン)

  • パワーパック

  • Archiveライセンス

  • アップグレード

  • およびソフトウェアアップデートサービス契約

の詳細と注文データについては、> Industry Mall を参照してください。

SIMATICライセンス、Software Update Service、Online Software Deliveryのトピック、およびAutomation License ManagerとSUS Managerによるサポートを受ける方法の詳細については、以下を参照してください。

SIMATIC SCADAシステムとSIMATIC IPCは、データの収集、分析、視覚化のための強力で信頼性の高いプラットフォームを形成します。ハードウェアとソフトウェアの両方で構成される、調整および認定された完全なパッケージは、すべての業界に最高の品質レベルを提供します。
ソフトウェアとIPCを同時に同じ数量で注文すると、コンポーネントを個別に注文する場合と比較して、コストを削減できます。 

ダウンロードおよびサポート

さらに詳しい情報

SIMATIC WinCC V7の概要

サポートサービス

シーメンスはオンラインおよび技術サポートを通して、さまざまなサービスを提供しています。オンラインサポート、技術サポート、アプリケーションサポート、および管理システムサービス

スペアパーツサービス

世界各国で利用することができるシーメンスのスペアパーツサービスにより、スペアパーツがスムーズかつ迅速に入手できるため、最適なプラント可用性を実現できます。

SITRAIN - デジタルインダストリーアカデミー

すべてのシーメンス産業用製品に関する高度な教育は、最新の方法でメーカーから個々に直接提供されます。

お問い合わせ

お近くのSIMATIC SCADAご相談窓口にお問い合わせください

SIMATIC SCADAシステムについてご不明な点はございませんか?SIMATIC SCADAについてのお問い合わせはこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

お問い合わせ窓口