TIAポータル(エンジニアリングフレームワーク)

デジタル化を実現するためのエンジニアリングフレームワーク

TIAポータル(エンジニアリングフレームワーク)は、デジタル設計から統合エンジニアリング、直感的操作まで、デジタル化されたオートメーションサービスの全範囲への最大限の操作環境を提供します。   新しいバージョンは、シミュレーションツールなどにより市場投入までの時間を短縮し、新たな診断機能およびエネルギー管理機能を通じてプラントの生産性を向上させ、上位機器への高い柔軟性による接続を提供します。 この新しい機能は、システムインテグレーターや機械装置メーカー、およびプラントオペレーターの役に立ちます。 TIAポータルは、デジタルエンタープライズにおけるオートメーションへの新たなゲートウェイを提供します。 PLMおよびMESと共にDigital Enterprise Suiteの一部として、TIAポータルはシーメンスの総合的な製品を補完し、企業のIndustrie 4.0への移行を支援します。

最新のニュースをお見逃しなく

ニュースレターに登録する(英語)

Highlights

Outstanding strengths of TIA Portal

Using TIA Portal, mechanical engineers, system integrators, and plant operators can curb costs, become more flexible, and achieve the best possible result faster.

TIAポータルのヒントとコツ

Mr. AutomationがTIAポータルをより簡単に、効率的に使用して、設計の生産性を向上させる方法を紹介します

TIAポータルの概要

TIAポータル – 次世代のエンジニアリングフレームワーク

TIAポータルに含まれる統合診断およびエネルギー管理機能や、革新的なシミュレーションツールは市場投入までの時間を短縮しエンジニアリングの効率化により、プラントの生産性を向上させ、協調的なチームワークにより柔軟性が向上します
ITベースのワークフローで開発コストを削減する方法

記事を参照する

注目トピック

TIAポータルのハイライト(英語)

オートメーションのためのエンジニアリングプラットフォームとしてのTIAポータルと、PLM(Product Life-cycle Management)とMES(Manufacturing Execution System)を加えることで、デジタルエンタープライズのための包括的なソリューションを完成させます。
TIAポータル、オプション、およびソフトウェアパッケージの詳細

ダウンロード(英語)

リファレンス(英語)

TIAポータルの成功事例

世界中で、さまざまな業界の企業がTIAポータルをエンジニアリングプラットフォームとして使用しています。これらの企業のいくつかをここで紹介します。

関連トピック