標準化による価値ある時間の創出

標準化:価値ある時間の創出

TIAポータルのライブラリ機能による統合されたエンジニアリングフロー

統合されたソフトウェア環境で設計を行うことで、新しいマシンの開発期間を大きく短縮できます。標準化によって、複雑化するアプリケーションへの対応、様々な要求への柔軟な対応、品質の向上に対応することができます。TIAポータル(Totally Integrated Automation Portal)は、標準化を活用するために最適な環境です。

最新の状態を保つ

ニュースレターの購読

デジタルワークフロー

完全な統合環境

すべての機能や機器を一つのプロジェクトで効率的に、同時に、確実に動作できるようにするためには、統一されたデータベースと、シームレスにリンクされたワークフロー、統合されたインターフェースを使用することが不可欠です。TIAポータルのライブラリを使用することで、設計の品質を維持または向上させながら、時間と労力を節約し、デジタルワークフローを作成することができます。

デジタル化のベースとなる標準化

マシンを開発するにあたり、TIAポータルでの標準化とは何を意味するのでしょうか。その中心となるTIAポータルのライブラリを利用して、ハードウェアデータを様々なツールで使用したり、プログラムの一部を自動生成するもの、試運転前にPLCコードをテストするもの、オープンなインターフェースを介したデータを交換するものがあります。標準化プロセスは、4つのプロセスに分かれています。

 

お客様の利点

機械メーカーやプラントオペレーターの目標達成を迅速に支援

標準化のメリットは機械メーカーだけではなく、その顧客、またプラントオペレーターにもあります。新しい機械は、より速く立ち上げることができ、仕様や要求に正確に対応し、故障の影響の受けにくくなります。

故障のないプラントへの近道

効率の向上により競争力が向上

概要

TIAポータルライブラリは、継続的なエンジニアリングワークフローを可能にします

標準化は、一連のシーケンスに従って、理想的なユーザー固有のソリューションを決定します。実際は、機械メーカーとその顧客には多くの異なる要件があります。現状を分析することにより、再利用可能ユニットとして、利用するモジュールを定義することができます。反復プロセスを活用して、モジュール化、柔軟性、メンテナンスの容易性を確立し、個々のお客様に合わせて最適化していきます。

TIA ポータルライブラリは、継続的なワークフローの作成に役立ちます。「標準」の開発は、その後の開発時間短縮とコストの削減を意味し、任意の顧客アプリケーションに使用することができます。再利用可能なユニットの形でのモジュール化により、高い柔軟性とメンテナンスの容易さを実現します。

さらに詳しく

詳細なアドバイス

TIAポータルでの標準化の詳細を知りたいですか?私たちは、興味深い情報、ビデオを多く提供しています。
リファレンス

実用される標準化

TIAポータルのライブラリのおかげで、多くの異なるセクターの企業様はすでに標準化の利点を享受しています。その一例を次に示します。

最新の状態を保つ

TIAポータルのメリットについて詳しく知る

標準化は、すべての分野で作業プロセスを並列化するための基盤となります。TIAポータルは、多くの追加の利点と新しい可能性を提供しています。常に最新の状態を保つために無料のニュースレターを購読してください。

TIAポータルに関する最新ニュースを入手する

ニュースレターを購読する