お客様のデータの価値を向上

COMOS – データ活用を可能に。現在入手可能な企業データを使用して、ビジネスモデルを最適化しましょう。新しいデジタルソリューションによって、データを価値の向上し続ける実物資産に変えることができます。ビジネスの成功は、即座には確認や使用ができないデータを含む、すべてのプラントデータを最適に準備、接続、および使用可能にできるかどうかにかかっています。
シーメンスのエキスパートと話をしてみませんか?

お問い合わせ

使用事例

お客様のデータの価値を向上

お客様の産業にとって、データの価値の向上はどのような意味を持つでしょうか? インテリジェントにデータを処理するには、何をする必要があるでしょうか? 国境や時差をまたいだバリューチェーンにおいて、効率性、データのセキュリティ、およびデータの透明性を維持するにはどうすれば良いでしょうか? 用途例や優れたユースケース、データ価値向上の成功例からインスピレーションを感じてください。目的別のCOMOSの使用事例をご紹介します。
COMOS – 統合ソフトウェアソリューション

実地での 数十年におよぶ経験

プラントデータの最適な準備と活用が、将来的な成功の鍵となります。個別のCOMOSソリューションにより、これを実現することが可能になります。COMOSソリューションはお客様のデータのパフォーマンスを向上し、目的別の付加価値の創造を支援します。

COMOSは長きにわたり販売され、数多くのアプリケーションにおいて使用されてきた統合ソフトウェアソリューションです。一元的なデータプラットフォームにより、COMOSはプラントのライフサイクル全体を通して、一貫した情報とすべてのプロジェクト関連データのシームレスなフローを実現します。また、オブジェクト指向によってアプリケーションの一貫したネットワークを保護することで、エンジニアリングや操作フェーズに関係するすべてのシステムおよび部署から特定のオブジェクトの同一データにいつでもどこからでもアクセスできるようになります。

2001年、当社は当時市販されていた製品の中で最適であったCOMOSを選択しました。現在でも、当社にとって最適なソフトウェアであると確信しています。
Alexander Rostek, Head of COMOS Competence Center at ANDRITZ Automation in Graz, Austria

プラントエンジニアやオペレーターは、以下が可能になります。

COMOS – データ活用を可能に。

パンフレットのダウンロード

データを使用して付加価値を創造するには

プラントデータのネットワーク化、分析、および準備

データソースやデータ量の急激な増加によって、データ価値の創造は競争力を高める上での決定的要因となっています。企業のデータおよび情報の使い方は、企業自身だけでなく、企業が参入する市場をも変化させています。現在、バリューチェーンは地域や企業に限定されるものではなく、国境や時差をも越えて展開されるようになっています。

以下の要因が、長期にわたって競争力を維持するための鍵となります。

一元的なデータプラットフォーム

スマートで効率的なデータ取得を活用

プラントのエンジニアリングやオペレーションによって生成される膨大なデータは、スマートかつ一貫したデータ取得によって最適に活用できます。鍵となるのは、プロジェクトのすべての関係者が使用する共有データモデルとしての一元的な、いつでも整合性が維持された状態で使用可能なデータプラットフォームです。

プラントのすべての情報は一元的なデータプラットフォームに存在しており、そこからいつでも取得して処理できます。プロセスプラントのライフサイクルを通して、COMOSはデータの最大限の透明性、整合性、および正確性を保証し、モバイル端末を含むあらゆる場所からのアクセスを可能にします。例えば、メンテナンスエンジニアはハンドヘルドデバイスを使用して関連するプラントデータにアクセスしながら、現場で作業することが可能になります。

一元管理されたストレージを使用することで、データの断片化、繰り返しループ、重複エントリ、データ消失を防止できるため、データの価値が大幅に向上し、プロセスが加速します。さらに、逐次的に実行しなければならなかった処理も、そのほとんどが同時に実行できるようになります。これによってオペレーターのコストが削減される一方で、エンジニアリング品質が向上します。

デジタル化とデジタルツイン

COMOSは、プロセス産業のデジタル化のパイオニアです。最新のプロシージャにより、アナログのデータや情報でもシステムの統合可能です。ライフサイクルの長い旧式のプラントであっても、同等の互換性を保ちながら後続のプロセスにすべてのデータを統合できます。

これにより、エンジニアやオペレーターはデジタル化への重要なステップである、デジタルワークフローの確立が可能になります。これには、実際のプラントのバーチャルコピーであるデジタルツインも含まれます。とりわけ、デジタルツインには、プラントのオペレーションを実際に試運転する前にシミュレーションできるという特長があります。これにより、すべての産業において、より迅速で信頼性の高いバーチャルトレーニングや、プラントの効率的な近代化を実現できます。

なかでも、当社が信頼を寄せたのはCOMOSのオブジェクト指向のデータベース構造です。このアプローチによって、当社はさらに良質な製品をお客様にお届けすることが可能になります。
Zhu Chuntian, Sr. Vice Director at SEI
シーメンスのデジタル統合オペレーション

ブログに移動

リファレンス

データ価値向上の 実例

データ価値の向上を目的としたソリューションは、既に実装され、成功を収めています。実務においてCOMOSがデータの価値をどうやって向上させるかを説明する事例をご紹介します。
お問い合わせ

お客様のデータの価値を向上

プラントデータの最適な準備と活用が、将来的な成功の鍵となります。それぞれのアプリケーションに特化したCOMOSソリューションはお客様のデータのパフォーマンスを向上し、目的別の付加価値の創造を支援します。

 

シーメンスのエキスパートと話をしてみませんか?

お問い合わせ