シーメンスのSIMATICハイエンドIPCのキービジュアル

あらゆるデジタル分野に対応

新しいハイエンド産業用PC:SIMATIC IPC 6/8 Eシリーズ – 非常に高いパフォーマンスとフレキシビリティ
ご不明な点については、シーメンスのエキスパートがお答えします。

お問い合わせフォームへ

ハイライト

あらゆるデジタル分野に対応する新世代のSIMATICハイエンドIPC

SIMATICハイエンドIPCなら、要件の厳しいアプリケーションでも、常に必要なシステムパフォーマンスを実現できます。IPCは、ニーズが変化した場合にすぐに拡張できるフレキシビリティを備えています。また独自の産業用設計と診断および信号機能の統合により、フォールトトレランスに優れており、メンテナンスも簡単です。また、もちろん制御室やマシンで、前のバージョンのPCと重ねたり、既存のプラントに統合したりすることも容易です。

高いパフォーマンス – 非常に要件のきびしいタスクにも対応

産業のデジタル化によって、要件、プロセス、作業方法が根本的に変わっています。この変化は加速しています。データ量は急速に増加しており、複雑さも増しています。新しいSIMATICハイエンドIPCは、最高レベルのパフォーマンスと非常に高速なシステムレスポンスを備えた設計であるため、このような状況にも問題なく対応できます。SIMATICハイエンドIPCには、テストステーション、要件の厳しい可視化タスク、産業用画像処理などの大容量データを迅速に処理および保存できる高度なテクノロジが組み込まれています。たとえば第8世代のIntelプロセッサー、高速UHDオンボードグラフィック、64 GB DDR4 RAM、M.2 NVMe SSDストレージメディア、3つのギガビットイーサネット、豊富な最新インターフェースなどです。また、新しいデバイスにはWindows 10 Enterprise 2016 LTSBまたはWindows Server 2016オペレーティングシステムをオプションでプリインストールすることもできます。すべてのコンポーネントは、データ量の多いプロセス向けに最適に調整されています。

 

Eシリーズのデバイスは、コンフィギュレーションに関係なく、先代のモデルと比べて最大100%のパフォーマンス向上を実現できます。

豊富なオプション – さまざまな要件に柔軟に対応

適切な産業用PCの要件は、使用されるアプリケーション、プラント、マシンのコンセプトによってさまざまです。また要件、アプリケーション、コンセプトは時間が経てば変わります。このため、新しいSIMATICハイエンドIPCはフレキシビリティも重視して設計されており、高い独自性、スケーラビリティ、拡張性を備えています。この特長は、デバイスタイプの選択においても発揮されます。制御室、制御盤、マシンへの直接搭載など、あらゆるアプリケーションのデバイスに幅広く使用できます。ラック、ボックス、およびパネルPCから選択できます。インターフェースやスロットが豊富なため個別に構成でき、必要に応じて拡張できます。たとえばPCIeグラフィックボードを追加すれば、最大6台のモニターによるマルチモニタリングが可能です。

 

また新しいデバイスでは筐体の設計コンセプトも進化しており、以前のバージョンと重ねて設置することもできます。このため既存のマシンコンセプトに簡単に統合でき、既存のプラントでも容易に使用できます。

ハイエンド向け – 厳しい要件に対応する産業用設計

優れた独自性 – あらゆる場所に設置できる豊富な製品

シーメンスFA製品ウェブセミナー

毎週木曜日16:00から開催中の30分の無料ウェブセミナー。シーメンスのFA製品の特長、活用方法、説明等の様々なトピックをスペシャリストにより解説しています(過去のウェブセミナーをご視聴頂けるページもございます)。

ウェブセミナーの詳細については、参加申し込みサイトにてご確認いただけます。

参加申し込みページへ