SITOP拡張モジュール – モジュラー型のオールラウンドプロテクション

SITOP拡張モジュールの製品ラインの画像

システムの可用性を包括的なオールラウンドプロテクションにまで高めるための拡張モジュール

電源ユニットの品質だけでは、障害のない24 V 電源を保証できません。停電、主電源電圧の極端な変動、または障害のある負荷により、プラントの稼働が停止し、高いコストが発生するおそれがあります。このような理由で、企業のビジネスにとって重要なプロセスおよびプラントには、通常、追加の対策が必要です。SITOP拡張モジュールは、一次側および二次側でのさまざまな潜在的な危険から製造ラインを保護します。また、全体的なオールラウンドプロテクションにまでSITOP電源ユニットの柔軟な拡張を可能にします。

NEC Class 2 準拠の効率的な電源コンセプトに関するホワイトペーパーのダウンロード

ホワイトペーパーにアクセス (英語)

典型的なSITOP電源二重化モジュールの製品画像

SITOP電源二重化モジュール

SITOP電源二重化モジュール

電源二重化コンフィギュレーションによる24 V 電源の高い可用性 

故障に対する保護を追加するために、SITOP電源二重化モジュールは2台の電源ユニットを接続できます。一方の電源が故障した場合、他方が電源機能を自動的に引き継ぎます。このようにして、SITOPは不安定な状態にある電源を保護します。

  • 一方の電源が故障した場合でも信頼性の高い電源供給
  • 48 Vおよび40 Aまでの電源ユニット用のコンパクトな電源二重化モジュール 
  • 100 VAに制限されたSITOP PSE202U、24 V/NEC Class 2電源二重化モジュール 
  • SITOP PSE202Uでは、LEDおよび信号接点による診断信号、LEDおよび信号接点用の調整可能なスイッチング閾値
典型的なSITOPセレクティブモジュールの製品画像

SITOPセレクティブモジュール

SITOPセレクティブモジュール

選択性とDC 24 V 負荷回路での迅速な障害の特定  

SITOPセレクティブモジュールおよび診断モジュールは、すべてのDC 24 V 電源に最適な拡張モジュールです。複数の電流回路に負荷電流を分散させ、モニタリングします。回路の過負荷と短絡が確実に認識され、障害のあるDC 24 V負荷回路が確実に切り離されます。一方、その他の負荷は全く中断せずに継続します。これにより、プラントの完全な故障を防ぎます。

  • DC 24 V回路での過負荷および短絡に対する保護
  • ケーブル長またはケーブルの断面積に関係なく、信頼性の高いトリッピング
  • 1つのモジュールにつき4つまたは8つのDC 24 Vロードフィーダー
  • 調整可能な出力電流範囲0.5~3 A、2~10 A、3~10 Aのバージョン、およびNEC Class 2に準拠した100 VAまでの出力電力制限付きのバリエーションを用意。個々のDC 24 V負荷回路のシーケンシャル接続遅延により、突入電流を軽減  
  • その他のスイッチオフ特性

- 制限 – 電圧が短期的に20 V未満に降下するのを防止 

- スイッチング – その結果、電圧が短期的に20 V未満に降下する可能性あり 

  • 共通信号接点またはシングルチャンネル信号による診断
  • 無料のSIMATIC S7ファンクションブロックによるシングルチャンネル信号タイプモジュールの評価
SITOPバッファーモジュールの製品画像

SITOPバッファーモジュール

SITOP PSE201Uバッファーモジュール

短時間の停電からの保護

通常、停電はほんの一瞬しか続きませんが、その一瞬のために時間とコストのかかる損害が発生することがあります。SITOP smart、SITOP PSU6200、SITOP PSU8200製品のDC 24 V電源ユニットと組み合わせて使用すると、バッファーモジュールが電解コンデンサーで短時間の電圧降下から保護し、中断のない動作を保持します。

  • 迅速かつ簡単なDINレール取り付け
  • 2本の配線のみで基本モジュールに接続
  • 短時間の停電からの保護
  • 保持時間は負荷電流に応じて100ミリ秒から最大10秒まで
  • 並列接続を使用して多重化が可能
  • 最大数時間のDC UPSで長時間の停電から保護
SITOP突入電流リミッターの製品画像

SITOP突入電流リミッター

SITOP突入電流リミッター

負荷の保護

SITOP突入電流リミッターは、SITOP電源のバラストユニットとして、パルス制御電源の場合と同様に、コンデンサー充電を行う入力側の整流回路に起因するような突入電流を確実に軽減します。突入電流リミッターは、接続された電気抵抗の耐用年数を大幅に延ばすこともできます。

 

  • 突入電流の軽減により、リレーなどの電流にセンシティブな機器の耐用年数を最長化
  • わずか18 mmという極小デザインによる、省スペース
  • 階段状の形状のため、LOGO!モジュールやサブ配電盤に最適
  • DINレール、壁または他のさまざまな場所への柔軟な取り付け
  • 最大のプラントコンフィギュレーションが可能
  • -40℃~+70℃の温度範囲のため、さまざまな用途に対応
オールラウンドプロテクション

さまざまな潜在的な危険からシステムを確実に保護

停電、主電源電圧の極端な変動、または障害のある負荷により、プラントの稼働が停止し、高いコストが発生するおそれがあります。このような理由でSITOPは、一次側および二次側でのさまざまな潜在的な危険から確実に保護するために、あらゆるシステムに統合可能な拡張モジュールを提供しています。SITOP拡張モジュールを使用すると、SITOP電源ユニットの完全に柔軟な拡張が可能であり、包括的なオールラウンドプロテクションにまで強化することができます。

保護の種類 ...

SITOP電源二重化モジュールを使用した電源二重化により故障から保護

2台の電源がSITOP電源二重化モジュールによって分離されるため、一方の電源ユニットの故障が他方のDC 24 V電源に影響を与えません。 SITOP電源二重化モジュールは、給電中の電源ユニットを継続的にモニタリングします。また、SITOP PSE202UおよびRED1200電源二重化モジュールでは、信号接点によって信号が送信され、PLC、PCまたは制御システムによって評価できます。  

信頼性を向上させるための電源二重化設計

故障に対する保護を追加するために、SITOP

電源二重化モジュール経由で2台の電源ユニットを接続できます。一方の電源ユニット

が故障した場合、もう一方が電源

機能を自動的に引き継ぎます。電源ユニット内部で短絡が発生しても、

電源の信頼性が維持されます。また、新しいRED1200

電源二重化モジュールは絶縁耐力に優れているため、

最大出力電圧 48 Vまでの電源を分離できます。

SITOP電源二重化モジュールのメリット

  • 電源二重化設計による極めて安全なDC電源
  • 一方の電源が故障した場合でも信頼性の高い供給
  • 48 Vおよび40 Aまでの電源ユニット用のコンパクトな電源二重化モジュール 
  •  100 VAに制限された24 V/NEC Class 2電源二重化モジュール
  • 並列接続の電源ユニットを分離することでパフォーマンスが向上、または直列接続の電源ユニットを分離することで電圧が上昇
アプリケーションノート:「電源ユニットが故障してもDC 24 Vを確保」

アプリケーションノートを開く(英語)

SITOPセレクティブモジュールによる、DC 24 V負荷回路での選択性と迅速な障害の特定

現代のプラントおよび機械の構造では、すべてのDC 24 V負荷は、堅牢な電気機械負荷か非常に繊細な電子機器かを問わず、単一の共通の安定化スイッチング電源によって供給されます。1つの負荷で発生した障害によってプラント全体が停止しないように、DC 24 V電源回路は別々の分岐に分割され、選択的に保護すべきです。

小型サーキットブレーカーによる保護の代わりに、DC 24 V負荷回路の選択的モニタリングを

SITOPセレクティブモジュールは、スイッチング電源専用に設計されています。このモジュールは、短時間の電流ピークを許容しますが、ケーブル長や太さにかかわらず、高い電気抵抗によって電流が制限されるクリーピング短絡と共に発生した、より長時間の過負荷の電力をオフに切り替えます。このような場合、サーキットブレーカーを使用していると、電源が電流を供給できてもサーキットブレーカーがトリップしなかったり、大幅に遅れてトリップしたりします。セレクティブモジュールは、障害のある負荷回路を確実に切り離すため、障害のないその他の負荷への電源供給は完全に中断なく継続されます。これにより、プラント全体の故障を防ぎます。影響を受けるフィーダーは、LEDによって示されます。シングルチャンネルの信号オプションにより、出力固有の障害をリモートから特定することもできます。また、SEL1200およびSEL1400の新しい8チャンネルモジュールにはインターフェースが装備されており、各出力を包括的に診断するオプションが提供されます。

SITOPセレクティブモジュールのメリット

  • 24 V回路での過負荷および短絡に対する保護
  • 配線の抵抗に関係なく、信頼性の高いトリッピング
  • SEL1200:標準的な保護を提供し、始動時の高電流に対応するスイッチオフ特性
  • SEL1400/PSE200U:電力を制限し、24 Vを安定化することで高い保護要件に対応
  • シーケンシャル接続により、全体的な突入電流を軽減
  • 共通信号接点または個々のチャンネルの評価
  • SEL1200/1400:8つの出力。出力ごとに電圧、電流、設定閾値の診断と切断の理由(該当する場合)
  • PSE200U:4つの出力に電流測定点(1 V ≙ 1 A)
パンフレット:電子保護とDC 24 V 負荷回路での迅速な障害の特定

パンフレットを開く(英語)

SITOPバッファーモジュールによる短時間の停電からの保護

繊細な製造領域では、短時間の停電(ブラウンアウト)がほんの一瞬しか続かなかった場合でも、時間とコストが膨大にかかる結果になることがあります。SITOPバッファーモジュールは、最大10秒間の信頼性の高いブリッジを可能にするため、信頼性の高い中断のない動作を保証します。 

数秒間の停電からの保護

通常、停電はほんの一瞬しか続きませんが、その一瞬のために時間とコストのかかる損害が発生することがあります。SITOP smartおよびSITOP PSU8200製品のDC 24 V電源ユニットと組み合わせて使用すると、バッファーモジュールが電解コンデンサーで短時間の電圧降下から保護し、中断のない動作を保持します。

充電電流およびバッファーモジュールの数に応じて、停電を最大10秒間にわたって簡単にブリッジできます。

SITOPバッファーモジュールのメリット

  • 最大10秒間の停電からの経済的な保護
  • 電力需要が一時的に増大した場合の電源ユニットのサポート
  • 最大40 Aの高い負荷電流
  • 2本の配線のみで電源ユニットに接続

長時間の停電からの保護用...

SITOP突入電流リミッターによる、信頼性の高い突入電流軽減

モーター、トランス、コンバーターおよびその他の機器の始動による高い突入電流は、保護デバイスをトリップさせたり、摩耗を増加させたり、繊細なコンポーネントを損傷させたりする可能性があります。このような場合に、SITOP突入電流リミッターは電源およびすべての接続された電気抵抗の保護を確実に行います。 

SITOP突入電流リミッターのメリット

  • 突入電流の軽減により、リレーなどの電流にセンシティブな機器の耐用年数を最長化
  • わずか18 mmという極小デザインによる、省スペース
  • 階段状の形状のため、LOGO!モジュールやサブ配電盤に最適
  • DINレール、壁または他のさまざまな場所への柔軟な取り付け
  • 最大のプラントコンフィギュレーションが可能
  • -40℃~+70℃の温度範囲のため、さまざまな用途に対応
ダウンロード、サポート、サービス

SITOP拡張モジュールに関するすべての重要な情報

SITOP拡張モジュールによるオールラウンドプロテクションに関する詳細が記載されているパンフレットやドキュメントをダウンロードできます。サポートリンクからは、システム固有のFAQやマニュアル、製品情報、技術データにアクセスできます。同時に役に立つサービスの範囲をご覧いただけます。

お問い合わせ

SITOP – The heart of automation®(オートメーションの中核)

24 V電源のオールラウンドプロテクションためのSITOP DC UPSの可能性について詳しく知りたい場合は、シーメンスのエキスパートにお気軽にご相談ください。シーメンスのエキスパートが喜んでお客様のお手伝いをいたします。

SITOP電源ユニットについての詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ