24Vを安定して供給するパワーヒーロー:SITOP DC-UPS

SITOP DC UPS:パワーヒーロー

重要なプロセスのためのUPS

産業プラント、企業、データセンターなどで停電が発生した場合、SITOP DC-UPSはテクノロジー、ファイル、データを保護することで窮地を脱します。 超強力なバッテリーモジュールにより、重要なプロセスへの24V供給を最大で数時間維持することができます。 その結果、停電時に電力を確実にブリッジし、PCやプラントを安全に制御してシャットダウンすることができます。 また、SITOPは、新しいBAT1600バッテリーモジュールを搭載した通信可能なSITOP UPS1600など、バッファー時間とプラント統合のためのすべての要求を満たすDC-UPSモジュールと適切なエネルギー貯蔵ユニットの幅広い範囲を提供しています。

私たちの専門家が喜んでお手伝いさせていただきます。

お問い合わせ

ポートフォリオ

あらゆる用途に対応するパワフルな24Vヒーロー

いくつかの要因は、バッテリーモジュールのパワーレベルと同様に、どのSITOP DC-UPSモジュールがお客様に適しているかを決定します。 以下のマトリックスを参考にして、自分に合ったデバイスの組み合わせを決め、選択してください。 マトリックスでは、一連のステップで選考を進めていきます。
DC UPS SITOP UPS1600

バッテリーモジュールタイプのSITOP DC-UPS

バッテリーモジュールタイプのSITOP DC UPS

最大で数日間の期間、信頼性の高いブリッジングが可能で、段階的なシャットダウンにも十分な電力を供給できる

停電時にもプロセスへの電力供給や計測データの収集、通信ネットワークの維持が必要なアプリケーションでは、大容量の蓄電ユニットが必要となります。 メンテナンスフリーの鉛蓄電池やリチウム電池を搭載したSITOP DC UPSは、停電時に高レベルの安全性を確保するための長いバッファリング時間を提供します。 必要な電力に応じて、最大で数日分のエネルギーを供給することができます。 1台のSITOP UPS1600に最大6台のBAT1600バッテリーモジュールを並列に接続し、機械やプラントのセクションを段階的にシャットダウンするのに十分なエネルギーを供給することができます。

 

  • 24Vで40AまでのSITOP UPS1600 DC UPSモジュール、12AhまでのSITOP UPS1100バッテリーモジュール(合計72Ah)、38AhまでのSITOP BAT1600(合計228Ah)。
  • メンテナンスフリーのSITOP BAT1600バッテリーモジュール(ゲル鉛酸バッテリー3個、リチウムバッテリー2個)、SITOP UPS1100バッテリーモジュール
  • 最適な充電、継続的なモニタリング、およびバッテリーの長寿命化を実現するインテリジェントバッテリーマネジメント
  • 稼働率、バッテリー供給量、充電状況のモニタリング
  • すべての診断データとアラームをUSBおよびEthernet/PROFINETで利用可能
  • TIAポータルによる簡単なエンジニアリングと豊富な診断機能
  • SITOP Managerによる設定とモニタリング
  • TIAでのフルシステムインテグレーション
  • SITOPライブラリーを介してSIMATIC PCS 7に直接統合
  • OPC UAサーバーを内蔵し、他のシステムとの柔軟でマルチベンダーな通信を実現(Ethernet/PROFINET搭載版)
DC UPS SITOP UPS500S

キャパシタ―タイプのSITOP DC-UPS

SITOP UPS500S キャパシター内蔵タイプのDC UPS

数分間までの信頼性の高いブリッジング

この高静電容量の電気二重層キャパシター(ウルトラキャップ)は、PCベースのシステムを安全にシャットダウンするのに十分なエネルギーを蓄えます。 負荷電流や DC UPS の設計にもよりますが、最大で数分程度のブリッジングが可能です。

  • バッファリング時間を長くするために20kWまで拡張可能なバージョン
  • 完全メンテナンスフリーの電気二重層キャパシター
  • キャパシターの採用で電池交換不要
  • 急速充電時間
  • 高温でも長寿命
  • 設置場所の換気が不要
  • 接点またはUSBによる通信
  • SITOP Manager(V1.1.0以上)を使った簡単なエンジニアリング
SITOP アドオンモジュール

SITOP バッファーモジュール

SITOP アドオンモジュール

電源二重化、電子ブレーカー、バッファーモジュール、および突入電流リミッターにより、システムの可用性を高め、総合的な保護を実現。

SITOP DC-UPS iPDFをダウンロード

インタラクティブパンフレット(iPDF)

メリット

SITOPタスクフォースによる強力なメリット

使用例

どんな状況にも対応できるように

数秒の停電でも、重要なプロセスが中断されることがあります。 SITOPは、プラント、PC、IPCの制御されたシャットダウン、または数分から数日までの停電のブリッジを成功させるために、様々な異なるDC-UPSモジュールを提供し、データ損失、生産停止、製品へのダメージなどを防ぎます。

データのバックアップとPCのシャットダウン

多くのPCベースのオートメーションソリューションでは、プラントを定義された状態にすることで、停電による深刻なダメージを防ぐことができます。 SITOP UPS500Sの電気二重層キャパシタ―は、停電やPCの制御によるシャットダウンが発生しても、操作データのバックアップに十分な電力を供給します。

パワフルでメンテナンスフリー、様々な用途に使用可能

SITOP UPS500Sの高静電容量の電気二重層キャパシター(ウルトラキャップ)は、PCベースのシステムを安全にシャットダウンするのに十分なエネルギーを蓄えます。 短い充電時間により、電源が回復したときにすぐに充電され、すぐにバッファリングが可能になります。 オートメーションコンピューターとの通信は、デバイスのUSBインターフェースを介して簡単に行うことができます。

 

周囲の温度が高くても、キャパシタ―の寿命が長いため、長期にわたって交換の必要がありません。 また、ガスを出さないので、制御盤の換気も必要ありません。 DINレールマウントのSITOP UPS500Sのバッファリングタイムは、拡張モジュールを追加することで拡張できます。

機械やプラントの段階的なシャットダウン

マシンやPCベースの自動化ソリューションによっては、停電時にすべてのシステムを同時にシャットダウンしないことが、プラントやデータの信頼性を高めるために重要です。 その代わりに、異なる制御要素、 通信要素、プラントセクションを段階的にシャットダウンする必要があります。 そのためには、SITOPのUPS1600 DC-UPSモジュールやBAT1600製品群のリチウム電池や鉛電池などの十分な予備電源が必要で、5分から数時間のバッファリング時間が必要となります。

データベースのバックアップ、アラームの発行、クラウドサービスへのデータ接続の適切なログオフなど、SITOP UPS1600と2.5Ahまたは7.5AhのBAT1600リチウムバッテリー、3Ahまたは12AhのBAT1600鉛バッテリー、または2.5AhのUPS 1100純鉛バッテリーは、段階的なシャットダウンを可能にする十分な電力を供給します。 インテリジェントなバッテリーマネージメントにより、最適なバッテリー充電が可能です。 アクティブバッテリーモニタリングでは、バッテリーの経年変化も確認できるため、予防的なバッテリー交換は不要です。 SITOP UPS1600 DC-UPSモジュールのおかげで、BAT1600バッテリーモジュールの充電プロセスは温度制御されており、BAT1600とUPS1100の耐用年数も延長されています。

 

SITOP UPS1600 DC-UPSモジュールは、USB、Ethernet/PROFINET、およびOPC UAを介して通信します。 TIAポータルに完全に統合されているため、エンジニアリングを簡素化できます。 Ethernetを介した通信では、設定と診断は、IPCを安全にシャットダウンするためにも使用できるWebブラウザーユーザーインターフェースを備えたPCソフトウェアであるSITOP Managerを使って簡単に行うことができます。 PROFINETを介して、SITOP UPS1600はTIAに完全に統合することができます。 Webサーバーを内蔵しているので、遠隔地からのモニタリングも可能です。 内蔵のOPC UAサーバーを介して、SITOP UPS1600モジュールは、異なるベンダーのPCやコントローラーと通信することもできます。

 

注:プラントや機械の安全な運転を確保するためには、適切な保護手段を講じ、オートメーションとドライブのコンポーネントを、包括的で最先端の産業用セキュリティコンセプトに統合することも必要です。 詳細については、 www.siemens.com/jp/industrialsecurityを参照してください。

オペレーションの継続性を確保するための電源障害のブリッジ

停電時や遠隔地でのプラント停止時には、プロセスへの電力供給、計測データの記録、通信経路の確保、データの損失やファイルの破損を防ぐために、大容量の蓄電装置が必要となります。 SITOP UPS1600とそのメンテナンスフリーのBAT1600鉛またはリチウムバッテリーは完璧なソリューションを提供します。 長いバッファリング時間のおかげで、電力需要に応じて最長で数日間エネルギーを供給し続けることができます。 また、診断やシステム統合のためのユニークな機会も提供しています。

プロセス産業、水道、風力発電所、食品・飲料産業など、7.5Ahと38Ahのバッテリーモジュールを搭載したSITOP UPS1600 DC-UPSは、バッテリー容量と電力需要に応じて、数日間でも重要なプロセスの継続的な運用を保証します。 最大6個のバッテリーモジュールを並列に接続し、合計で最大45Ahまたは228Ahの容量を確保することができます。 洗練されたバッテリーマネージメントにより、最適なバッテリー充電が可能です。 アクティブバッテリーモニタリングでは、バッテリーの経年変化も確認できるため、予防的なバッテリー交換は不要です。 SITOP UPS1600のおかげで、BAT1600バッテリーモジュールの充電プロセスは温度制御されており、バッテリーモジュールの寿命も延びています。

 

SITOP UPS1600 DC-UPSモジュールは、USB、Ethernet/PROFINET、OPC UAを介して通信します。 TIAポータルに完全に統合されているため、エンジニアリングを簡素化できます。 Ethernetを介したオープン通信では、Webブラウザーのユーザーインターフェースを備えたPCソフトウェアであるSITOP Managerを使用して、設定と診断を簡単に行うことができます。 PROFINETを介して、SITOP UPS1600はTIAに完全に統合することもできます。 また、Webサーバーを内蔵しているため、リモートモニタリングが可能です。 統合されたOPC UAサーバーを介して、SITOP UPS1600モジュールは、異なるベンダーのPCやコントローラーと通信することができます。

 

注:プラントや機械の安全な運転を確保するためには、適切な保護手段を講じ、オートメーションとドライブのコンポーネントを、包括的で最先端の産業用セキュリティコンセプトに統合することも必要です。 詳細については、 www.siemens.com/jp/industrialsecurityを参照してください。

リンク・情報

SITOP Manager、TIA Selection Tool、その他の情報

SITOP Managerソフトウェアでは、Windows 7または10のオペレーティングシステムを搭載したPCを使用して、ネットワーク内のすべての電源システムを設定したり、診断したりことができます。 これは、システム構成やプログラミングがTIAポータルやSIMATIC Step 7で行わない場合には特に理想的です。

 

SITOP Managerと電源装置の間の通信は、OPC UAを介して行われます。OPC UAは、メーカーやベンダーに依存しない、Ethernetベースのオープンな通信規格です。 Webブラウザーベースのユーザーインターフェースを採用しているため、モバイル機器でも動作し、ディスプレイサイズに合わせて自動的に調整されます。

エキスパートへの最短ルート

お問い合わせに対する解決策を提案し、テクニカルサポートの専門家に直接アクセスすることができます。

特別調査

特別調査では、説明のない問題が頻発している場合、その原因を分析します。

サービスプロセスからの返送品の物流処理

エアランゲンのサービスロジスティクスセンターでの集中返品処理

返品先住所:Siemens AG Retouren Center c/o Geis Industrie-Service GmbH, Tor 1-4, Kraftwerkstrasse 25a, 91056 Erlangen

お問い合わせ

何か質問はありますか?

SITOP DC-UPSもその一部を担うオールラウンドプロテクションの可能性について、もっと知りたいと思いませんか? 私たちのエキスパートに相談してください。 喜んでお手伝いさせていただきます。

もっと知りたいと思いませんか?

お問い合わせ