SITOP PSU8600 – PROFINET対応の比類のない電源システム

SITOP PSU8600はTotally Integrated Automation(TIA)に完全に組み込まれた初めての電源システムです。このシステムは、TIAポータルでのエンジニアリングにおいても実際の操業においても成果を上げています。たとえば、電圧と電流を各出力に対して独立して調整でき、統合された過負荷保護によって各出力をモニタリングできます。システムツールボックスのその他のモジュールも、停電からの保護などの要件に合わせて、配線なしで追加できます。PROFINET経由で総合的な診断およびメンテナンス情報が利用できます。SITOPは、個々の出力の電源データの記録から、PROFIenergyによる出力のオン/オフの切り替えまで、プラントやマシンの電源管理に対して最高のサポートを提供します。これにより、SITOP PSU8600はプラントの信頼性および効率性の新たな基準になっています。

TIA Selection Toolのクラウド環境で、SITOP PSU8600システムを構成

構成&注文

ポートフォリオ – すべてのシステムコンポーネントの概要

SITOP PSU8600ベースユニット(単相および三相)

SITOP PSU8600ベースユニット

優れたパフォーマンスと省スペース性

基本デバイスの最大94%の高効率性により最小限の熱損失が保証され、それにより非常にコンパクトな設計が可能になります。 最大4つの出力の過負荷を監視できることも、回路遮断器用のスペースを節約することに役立ちます。 統合されたEthernet/PROFINET通信により、電源の診断や幅広いアプリケーションのための新たな可能性を切り開きます。 

  • 単相電源、24V DC時の公称出力電流20A、および三相電源、24V DC時の公称出力電流20Aまたは40A 
  • 1つまたは4つの出力の過負荷を監視し、4V~28Vまで個別の調整可能
  • 2つのポートを備えた統合されたEthernet/PROFINETインターフェース
  • TIAポータルでの簡単な設定
  • 動作中のシステムの幅広い診断情報および調整オプション
  • 極めて狭い設置幅 

SITOP CNX8600拡張モジュール

SITOP CNX8600拡張モジュール 

出力を追加してフレキシビリティを向上

拡張モジュールを使用し、最大32の出力を追加してベースユニットを拡張し、選択的に出力を監視できます。システムデータおよび電源用の接続プラグSystem Clip Linkを使用することで、配線せずにモジュールを接続できます。

  • 必要に応じて最大2つのバッファーモジュールを接続可能なベースユニット
  • システムデータおよび電源用のコネクター「System Clip Link」を使用して簡単に接続可能
  • 出力電圧: 24V DC(1出力あたりの設定範囲4V~28V)
  • ベースユニットあたり最大4つの拡張モジュール: 4 x 5 A、4 x 10A、8 x 2.5A(オプションで組み合わせも可能) 
  • 狭い設置幅: 4出力拡張モジュールでは60mm、8出力拡張モジュールでは100mm 

SITOP BUF8600バッファーモジュール

SITOP BUF8600バッファーモジュール

短時間および長時間の停電のブリッジs

40Aの負荷電流時に最大600msのバッファリングを提供する電解コンデンサーを搭載したバッファーモジュールをライン側の短時間の電圧降下に対する保護に使用できます。 電気二重層コンデンサー(スーパーキャパシター)を搭載したバージョンは、40Aで最大20秒までの長時間の電源オフに対してバッファリングを提供します。バッファー電流が小さいバッファー時間が長くなるため、必要に応じて産業用PCを手動でシャットダウンすることができます。 

  • 必要に応じて最大2つのバッファーモジュールを接続可能なベースユニット
  • システムデータおよび電源用のコネクター「System Clip Link」を使用して簡単に接続可能
  • 設置幅: 60/125mm
停電時のバッファリング用UPS8600無停電電源 6EP4197-8AB00-0XY0

UPSモジュールSITOP UPS8600 ‐ バッテリーモジュールBAT8600内蔵

UPS8600無停電電源

数分間から数時間に及ぶシステム全体の長時間の電源オフのブリッジ

適切なバッテリーモジュールを備えた無停電電源をライン側の長時間の電圧降下に対する保護に使用できます。 これらの拡張モジュールにより、停電発生時にプラントを安全に選択的にシャットダウンすることが可能になります。ほぼすべての停電に対して、プラントの操業を中断することなく継続するために十分なブリッジ時間が得られます。

  • 最大5つの同じ構造のBAT8600バッテリーモジュールによる充電/放電制御用のUPS8600モジュール
  • システムデータおよび電源用のコネクタ「System Clip Link」によりUPS8600を簡単に接続可能
  • スマートバッテリーマネジメントによるバッテリー寿命の最適化
  • メンテナンスフリーの鉛酸バッテリまたはリン酸鉄リチウムバッテリを備えたバッテリモジュールBAT8600
ハイライト

統合型電源とシステム

複雑な施設では、コンポーネントの効率性、フレキシビリティ、および信頼性に高い要求が課せられます。革新的なSITOP PSU8600電源システムは、独自の機能、診断機能、TIAへの完全な統合、オープンな通信ネットワーク、およびモジュール型の拡張性により、すべての要件を満たします。

容易に統合して使いやすさを実現

何事もこれほどシンプルだったらどんなによいことでしょう。SITOP PSU8600は、ネットワークでつながったオートメーションアプリケーションやTIAポータルに完全に統合することができます。データ分析や、操作およびモニタリングを作成する無料のWinCCフェースプレートをサポートするSIMATIC-S7のファンクションブロックがあらかじめ組み立てられているため、TIAポータルではユーザーフレンドリーなエンジニアリングが可能です。Ethernet/PROFINETインターフェース経由で、ネットワークでつながったマシンやシステムを容易に統合できます。また、SITOP PSU8600では、OPC UAインターフェースを使用して他のメーカーのシステムと通信することもできます。ユーザーフレンドリーな SITOP Manager は、コンフィギュレーションだけでなく関連する操作やモニタリングにも使用できます。統合されたWebサーバーにより、遠隔アクセスが可能になります。

強力で機能性に優れたさまざまなオプション

細部まで適切に設計されています。単相および三相のSITOP PSU8600を使用すると、さらに迅速かつ費用対効果の高い方法でマシンやシステムを構成、試運転、運用できます。その理由は以下の通りです。このベースユニットは、最大94パーセントの効率と省スペース設計を特徴とするほか、稼働中でも出力を選択的に監視して4 V~28 Vに柔軟に設定できます。 さらに、PSU 8600ベースユニット、CNX、BUF、およびUPSモジュールで構成されたモジュラーシステムツールボックスを使用して、個別のニーズに合うように電源システムを組み立てることができます。System Clip Linkにより、追加のモジュール配線を必要とすることなく、これを実現できます。また、すべての出力の電流および電圧を継続的に測定することでエネルギー管理をサポートするほか、たとえば、PROFIenergy経由で、休止時に的を絞ったオフへの切り替えにも対応します。

信頼性により高い可用性を実現

SITOP PSU8600は、可用性への体系的なアプローチを提供します。この電源システムの包括的な診断オプションにより、障害および過負荷状態を早期に検出、割り当て、修理することが可能になります。 すべての出力を個別に監視し、障害が発生した場合は選択的にオフにします。このため、1台のエネルギー消費デバイスで短絡や過負荷が発生したとしても、システム全体がシャットダウンすることはありません。 出力ごとに電圧および電流の閾値を調整できます。数秒から数分続く停電が発生した場合は、システム独自のバッファーモジュールが機能します。より長時間の停電からの保護については、DC UPSモジュールが数時間保護します。エナジーストレージに使用されるバッテリーモジュールにより、プロセスを維持し、PCを安全にシャットダウンすることができます。 

重要なすべてのデータの概要

SITOP PSU8600のパンフレット

SITOP Manager

SITOP Managerを使用して、次のことができるとご存じでしたか

Windows 7または10で、SITOP PSU8600を構成および診断できます。これを簡単に実行するには、無料のSITOP Managerソフトウェアを使用します。これにより、SITOP PSU8600電源システムと、SITOP UPS500およびUPS1600の無停電電源を、オープンシステムに容易に統合できます。

強力かつ徹底的に安全

 SITOP Managerを使用すると、Windows 7または10のオペレーティングシステムが搭載されたPCを使って、ネットワークのすべてのSITOP PSU8600およびSITOP DC UPSをパラメーター化し、診断することができます。 特にTIAポータルまたはSIMATIC STEP 7経由でシステムのコンフィギュレーションとプログラミングが実行されない場合は、この方法が最適です。Webブラウザーベースのユーザーインターフェースにより、このアプリケーションをモバイルデバイスでも実行できます。表示はディスプレイサイズに合わせて自動調整されます。SITOP Managerと電源間の通信は、オープンでメーカーに依存しない、イーサネットベースの通信規格であるOPC UA経由で行われます。このため、極めて高度な安全規格に適合します。 

TIA Selection Toolで電源システムSITOP PSU8600を迅速かつ容易に選択

リファレンス&アプリケーション

SITOP PSU8600の興味深い成功事例をご紹介

強力なモジュラータイプのSITOP PSU8600電源システムは、エンジニアリングから運用まで、マシンへのDC電源の供給においてユーザーにさまざまな利点をもたらします。
ダウンロード、サポート、サービス

各種追加情報

SITOP PSU8600電源システムに関する詳細が記載されているパンフレットやドキュメントをここでダウンロードできます。サポートリンクからは、システム固有のFAQやマニュアル、製品情報、テクニカルデータにアクセスできます。同時に実用的なサービスの範囲をご覧いただけます。

お問い合わせ

SITOP – The heart of automation®(オートメーションの中核)

モジュラータイプのSITOP PSU8600電源システムについて詳しく知りたい場合や、ご不明点がある場合は、シーメンスのエキスパートにお気軽にご相談ください。シーメンスのエキスパートが喜んでお客様のお手伝いをいたします。

以下のボタンをクリックしてください。

お問い合わせ