製品・システムに関するFAQ ― SIMATICコントローラー用ソフトウェア

弊社に多く寄せられる製品・システムに関する質問とその回答をご覧いただけます。 ご不明な点がございましたら、お問い合わせの前にまず、ご覧ください。 メール・お電話によるお問い合わせは、 こちらをご覧ください。

   

ソフトウェア製品

 

 

 

 

 

ライセンスがUSBで提供されている場合は、お客様がカスタマーサポート(アジア/オセアニア )へのコンタクト(英語)して、Automation License managerを使用して復旧することができます。(無償)→ LINK
ライセンスがフロッピーまたはドングルで提供されている場合やお客様がご自身で復旧出来ない場合は、カスタマーサービスに復旧を依頼します。(有償))→ LINK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップグレードライセンスは、 Automation license manager (ALM)を使用してアップグレードすることができます。アップグレード手順は、 ライセンスアップグレード手順を参照してください。
ALMはそれぞれのソフトのインストーラに同梱されている無料ツールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトウェアライセンスは、 Automation license manager (ALM)を使用してご使用のPCのハードディスクに格納することにより、ライセンスが有効になります。ライセンスの移動方法は、 ソフトウェアライセンスの移動方法を参照してください。
ALMは、それぞれのソフトのインストーラに同梱されている無料ツールです。

 

 

 

 

 

ライセンスの種類については、以下リンク先からそれぞれのライセンスの意味を確認できます。

 

 

 

 

 

PLCやタッチパネルのエンジニアリングツール(TIAポータル)の日本語パックは、以下のサイトからダウンロードできます。→ LINK

 

 

 

 

 

対応するOS情報は、各ソフトウェア製品名をクリックしてください。製品リリース情報(英語)の中段の【System Requirements】、または【Important new features:】に記載されています。

STEP7 V5.5が動作可能なOSは、Windows 7(32bit, 64bit)までとなります。
Windows 8は動作保証の対象外になります。
動作環境についての詳細は こちらをご覧ください。
なお、STEP7 V13はWindows 8に対応しています。

STEP7 Ver.5.*のHardware catalog(型式リスト)には、後から発売された製品型式が登録されていないため表示・選択ができません。この場合、最新の Hardware Support Packages(略称HSP)をダウンロードして、そのZIPファイルを解凍した状態で HSPインストール方法(英語)の手順1~7に沿って、SIMATIC Managerのメニュー:Options > Install hardware updatesから型式を登録することで、STEP7で表示・選択できるようになります。

TIAポータル(STEP7 V11以降)のHardware catalog(型式リスト)には、あとから発売された製品型式が登録されていないため表示・選択ができません。この場合、 TIA Portal V11以降のHardware Support Packages (略称HSP)をダウンロードして、そのZIPファイルを解凍した状態で HSPインストール方法(英語)の手順1~8に沿って、TIAポータルのプロジェクトビュー:オプション> サポートパッケージ> 詳細情報の"サポートパッケージインストール"で型式を登録することで、TIAポータル(STEP7 V11以降)で表示・選択できるようになります。TIAポータルV13SP1以降から TIAアップデータを使用して最新のサポートパッケージをダウンロードインストールすることができます。手順は こちらを参照してください

異なるバージョンのソフトの共存についてチェックできるソフトです。対応するOSやセキュリティソフトも確認できます。

PLCSIM V13 SP1(TIA Portal V13 SP1のPLCシミュレーションソフト)が起動しない場合は、Update1にアップデートして頂きますようお願いします。アップデートは以下のリンクからファイルをダウンロードして頂くか、もしくはAutomation Software Updater(TIA Updater)から実施してください。

   

STEP7 - Classic

下記の3つのウィルスソフトに対する適合が公表されています。
・Symantec AntiVirus
・Trend Micro
・McAfee VirusScan
 
以下のリンクは、SIMATIC STEP 7 virus scanners compatibility リストです。
http://support.automation.siemens.com/WW/view/en/37208360

STEP7のエラーコードについては、下記のリンク先をご確認ください。
 
What is the meaning of the error codes (xxxx:yyyy) in STEP 7?

SIMATIC Managerのメニュー[Option]-[Set PG/PC Interface]を開き、接続経路をご確認ください。
例えば、PLCとの接続をEthernet経由で行う場合は、「TCP/IP(Auto)」を選択してください。

以下の手順でプロジェクトファイルを修正します。

STEP7プロジェクトファイル>Global>Languageファイルをメモ帳で開いてください。

本添付ファイル内のテキストを全てコピーし、該当のLanguageファイル内を書き換えてください。

再度、STEP7 Classicからプロジェクトを開いてください。

STEP7で設定したスレーブアドレスとDP/DPカプラのディップスイッチのアドレスはあっているか確認して下さい。
DP/DPカプラのDP2側もDPマスタが正常に接続されているか確認して下さい。

参考図

使用するブロックは”Port config”、”Send_P2P”、”Receive P2P”のブロックを使用します。
それぞれのブロックの詳細の設定については、マニュアルを確認して下さい。

参考
PtP communication instructions used on distributed I/O of an S7-300/400

MMC上のDB関連はSFC82~SFC84が該当します。
SFC82:CREA_DBL・・・MMC上にDBを新規作成
SFC83:READ_DBL・・・MMC上のDBからデータ取得
SFC84:WRIT_DBL・・・MMC上のDBにデータ書込み
 
SFC82の使用は必須ではありません。
サンプルプロジェクトをご用意しておりますので、問い合わせフォームよりご連絡ください。

アップグレードライセンスの適用条件が、V5.3からV5.5となっているため、V5.1から直接アップグレードはできません。

参考
Sales and delivery release for SIMATIC STEP 7 V5.6

STEP7 Classic(V5.5, V5.4), WinCC V7, WinCC flexible 2008のプロジェクトをTIA portal V12用プロジェクトにマイグレーションすることができるかどうかをチェックできるツールです。
ツールは以下リンク先よりダウンロードできます。

http://support.automation.siemens.com/WW/view/en/60162195?Datakey=47071380