SIPLUS CMS1200 による予知保全パッケージ製品のご提案

SIPLUS CMS

機械コンディションを連続的にモニタリングする事で異常兆候を検知

コンディションモニタリングシステム(以下CMS)を適用した現地据置型のモーター、ギヤボックス、機械系の予知保全パッケージのご提案です。 振動速度実効値mm/s・振動加速度実効値m/s²・DKW(ベアリング寿命指数)などの計測・蓄積・解析を簡単に構築する標準システムのパッケージをご提供します。更に速度、温度、電力等の追加データ計測にも柔軟に対応いたします。 標準搭載のWEBサーバー機能では、周波数解析診断(FFT)、エンベロープ解析によるベアリング不具合箇所診断(ベアリング情報入力必要)他、専用診断アルゴリズムなどをご使用頂く事で、状態変化の気づきから、不具合箇所の推定まで幅広くご使用頂く事が出来ます。 また、弊社が運営するMindSphere(クラウド)への接続も容易に可能なオプションを用意しており、IoT化による設備状態の遠隔一元監視も可能となります。 スモールに開始し、スケーラブルに拡張が出来る弊社SIPLUS CMS1200をご使用いただき、新しい予知保全の可能性をご検討ください。

SIPLUS CMS1200予知保全パッケージについて

パンフレットをダウンロード

SIPLUS CMS1200

安定操業のための予知保全

SIPLUS CMS1200コンディションモニタリングシステムは、モーターや機械の損傷を早期に検出し、最小限のダウンタイムでメンテナンス作業を実施する計画を立てることが出来ます。

SIPLUS CMS1200 コンディションモニタリングシステムの概要イメージ動画と、

風力発電設備への適用イメージの動画をご覧いただけます。

本サイト下部には、より詳しい商品の和文ご紹介動画、CMS1200の簡単な取扱い説明動画もご準備していますので合わせてご覧ください。

Transparency across all levels – with Totally Integrated Automation (TIA)

SIPLUS CMS records and analyzes mechanical variables from machines, integrates them into the automation world, and provides decision-making aids to maintenance staff, operators, and management. The open system architecture and the efficient interaction between all automation components (TIA) enable plant-wide condition monitoring of mechanical components across all levels. With this approach, control centers are able to closely monitor up-to-date status information. In the event of an anomaly, it is possible to quickly estimate how much longer secure operation is possible. Also anomalies in a plant can be compared directly to the condition of surrounding components to determine whether an increase in temperature is an indication of a bearing overheating.

お客様の利点

SIPLUS CMS1200 コンディションモニタリングシステムの導入をご検討頂く事で、お客様にはさまざまな利点をご提案する事ができます

特徴

  • 実効値ベースの診断機能
  • パラメーター設定用の付属小型HMIでの簡単監視閾値変更
  • 基本機能セットアップ済(簡単な初期設定でご使用可能)
  • WEBサーバー機能で本格的な診断(FFT解析・エンベロープなど)
  • CMS本体への長期間トレンドの保管(最長10年間)

 

拡張

  • CMSは最大7モジュールまで拡張可能
    (加速度センサー最大構成28個)
  • PLCをベースとしているためI/O拡張や通信拡張性に優れており、他機器(PLC)とのデータ連携にも容易に対応が可能です
  • 温度センサー、電力監視など加速度センサー以外のデータ収集
  • MindSphere(クラウド)への連携

特徴

  • 標準パッケージ機能に加えて高機能HMIを搭載する事で、現場でいつでも状態監視や設定項目変更が可能となります
  • HMIからの簡単操作で実効値トレンドの確認
  • HMI内に過去トレンドを長期間保存(最大一年間)
  • 故障・警報履歴をHMIに保存・表示
  • WEBサーバー機能で本格的な診断(FFT解析・エンベロープなど)
  • 基本機能セットアップ済(簡単な初期設定でご使用可能)

 

拡張

  • 無線ルーター配置でタブレット端末等からHMI画面の表示やWebサーバー機能の使用がワイヤレス環境で可能
  • PLCをベースとしているためI/O拡張や通信拡張性に優れており、他機器(PLC)とのデータ連携にも容易に対応が可能
  • 温度センサー、電力監視など加速度センサー以外のデータ収集
  • MindSphere(クラウド)への連携

特徴

  • クラウドへのデータ蓄積(高密度・長期間)
  • クラウド上でのデータ診断やダッシュボード表示
  • 監視ルール設定およびEメール配信
  • 遠方からの手軽な状態監視
  • サブテナント提供による始めやすさ
    (少ないセンサー数からのスモールスタートに対応します)

 

拡張

  • 既設PLCや他機器からのプロセスデータの統合監視
  • MindSphere アプリケーションを活用したデータ解析、見える化
  • LTE回線を適用し、通信インフラの無い場所への手軽な導入
  • 弊社技師による遠隔診断サポート(試験運用中)
製品ご紹介動画

SIPLUS CMS1200 製品ご紹介動画

  • CMS1200 製品概要ご紹介動画
  • CMS1200 HMIパッケージご紹介動画(基本モニタリング操作編)
  • CMS1200 WEBサーバー機能ご紹介動画 (FFT・スペクトル機能操作編)
References

More availability worldwide – with SIPLUS CMS

Through permanent vibration monitoring, SIPLUS CMS contributes to a higher availability of machines and plants worldwide. You’ll be impressed at how companies in many different industries can benefit from Condition Monitoring with SIPLUS CMS.

お問い合わせ

Future-proof your production systems

Prevent downtimes from even occurring, and trace sources of error at an early stage – using SIPLUS CMS. Opt for a customized Condition Monitoring System now. Find your nearest contact here.

Your link to our product consulting services

お問い合わせフォーム