SIMATIC ET 200pro

SIMATIC ET 200proステーション

保護等級IP65/67のモジュラー型多機能分散型I/Oシステム

SIMATIC ET 200proは、保護等級IP65/67の堅牢なモジュラー型汎用I/Oシステムです。標準およびフェールセーフ機能を備えた、PROFINETまたはPROFIBUS環境と接続するためのインターフェースモジュールを構成します。CPU機能を提供するインターフェースモジュールも選択できます。ET 200proは、その堅牢な設計により、機械的負荷が高い環境でも使用可能です。稼働中の電子機器および端末モジュールのホットスワップにより、プラントの可用性が高められます。

パンフレット:SIMATIC ET 200 - 制御盤の内外どちらにも対応可能なIOシステム

PDFのダウンロード

利点

お客様の利点

幅広いラインナップのモジュールが用意されているため、ET 200proはほとんどの産業でそのアプリケーションを見出すことができます。過酷な環境条件下であっても、機械でモジュラー設計のシステムが直接必要とされる場合に使用します。
  • 幅広いラインナップのモジュール

  • 設置面積が小さいモジュラー設計

  • CPU機能(S7-1500およびS7-300ベース)

  • 安全テクノロジの組み込み

  • 柔軟な接続

  • 包括的な診断機能

  • 選択的な負荷グループ形成

 

製品ラインナップ

モジュラー型多機能分散I/Oシステム

ET 200proは、電源モジュール、デジタルおよびアナログI/Oモジュール、モータースターター、インバーターモーター、RFIDモジュールなどの幅広いラインナップのモジュールによって特徴付けられ、これらのモジュールによってオートメーションの要件に極めて柔軟に対応することができます。

CPU - ET 200proベースの分散型コントローラー

コンパクトなデザインのため、分散型コントローラーは特に連続した製造装置に適しています。分散型コントローラーは、装置に直接取り付けることが可能です。ネットワーク接続されたプラントでは、PROFINETを介して生産ラインの中央制御盤への接続を実現できます。

中央制御盤から個々のステーションの分散型コントローラーにインテリジェンスを再配置すると、プラントの可用性にプラスの影響があります。1つのステーションで障害が発生しても、プラント全体を停止させることなく修正することが可能です。

SIMATIC ET 200pro - CPU 1516pro

CPU 1516pro-2 PNは、大容量のプログラムおよびデータメモリを搭載した高負荷タスク向けのCPUで、CPUラック上のI/Oだけでなく分散オートメーション構造を備え、IP65/67レベルの保護等級も必要とするアプリケーションで使用できます。

このCPUは、PROFINET I/Oコントローラーまたは分散型インテリジェンス(PROFINET I-Device)として使用可能です。統合PROFINET I/O IRTインターフェースは3ポートスイッチとして設計されているため、システムではリニア型トポロジを構成できます。

たとえば、ネットワーク分離によって追加のPROFINET I/Oデバイスを動作させる場合は、IPアドレスが別にある追加の統合PROFINET I/O RTインターフェースを使用可能です。

さらにこのCPUには、包括的な制御機能に加えて、標準化されたPCL-openブロックを介してドライブを接続する機能があります。

CPU 1516pro-2 PNを含むET 200proシステムを使用すると、次のような自律型のテクノロジ機能ユニットを制御することができます。

  • コンベアーシステム、スイッチ
  • リフティングステーション
  • 位置決めタスク
  • 自動車産業のパワートレインセグメントにおけるワークステーション

したがって、このCPUの潜在的なアプリケーションは前処理を伴う広範な製造セルで、スタンドアロン動作もオプションに含まれます。IP67という高い保護等級により、制御盤無しで設置することも可能です。

SIMATIC ET 200pro - CPU 1516pro F-2PN

フェールセーフCPU 1516pro F-2 PNは、大容量のプログラムおよびデータメモリを搭載した高負荷タスク向けのCPUで、CPUラック上のI/Oだけでなく分散オートメーション構造を備え、IP65/67レベルの保護等級も必要とするアプリケーションで使用できます。

このCPUは、PROFINET I/Oコントローラーまたは分散型インテリジェンス(PROFINET I-Device)として使用可能です。統合PROFINET I/O IRTインターフェースは3ポートスイッチとして設計されているため、システムではリニア型トポロジを構成できます。

たとえば、ネットワーク分離によって追加のPROFINET I/Oデバイスを動作させる場合は、IPアドレスが別にある追加の統合PROFINET I/O RTインターフェースを使用可能です。

さらにこのフェールセーフCPUには、包括的な制御機能に加えて、標準化されたPCL-openブロックを介してドライブを接続する機能があります。

フェールセーフCPU 1516pro F-2 PNを含むET 200proシステムを使用すると、次のような自律型のテクノロジ機能ユニットを制御することができます。

  • コンベアーシステム、スイッチ
  • リフティングステーション
  • 位置決めタスク
  • 自動車産業のパワートレインセグメントにおけるワークステーション

したがって、このフェールセーフCPUの潜在的なアプリケーションは前処理を伴う広範な製造セルで、スタンドアロン動作もオプションに含まれます。IP67という高い保護等級により、制御盤無しで設置することも可能です。

SIMATIC ET 200pro - IM 154-8 PN/DP CPU

IM 154-8 PN/DP CPUは、組み込みPROFINETインターフェースを介して、PROFINET上のI/OコントローラーおよびI-Deviceとして同時に使用可能です。インテリジェント154-8 CPUインターフェースモジュールには、S7-300 CPU 315-2 PN/DP相当のPLC機能が組み込まれています。組み込まれている機能は、S7-300 CPU 315-2 PN/DPの機能に対応しています。
これらのPLC機能により、次のような自律型のテクノロジ機能ユニットのコントロールとしてET 200proを使用できます。

  • コンベアーシステム、スイッチ
  • リフティングステーション
  • 位置決めタスク

PROFINETインターフェースに加えてPROFIBUSインターフェースがあることにより、IM 154-8 PN/DPは、PROFIBUSを介して他の分散型I/Oシステムでも使用できます。IM 154-8 PN/DP CPUは、マスターとしてだけでなくスレーブとしてもPROFIBUSで使用可能です。したがって、このCPUの潜在的なアプリケーションは前処理を伴う広範な製造セルで、スタンドアロン動作もオプションに含まれます。保護等級がIP67と高いため、制御盤無しで設置することも可能です。

SIMATIC ET 200pro - IM 154-8F PN/DP CPUおよびIM 154-8FX PN/DP CPU

インテリジェントインターフェースモジュールIM 154-8 F PN/DP CPUの特長は組み込みPLC機能です。組み込まれている機能は、S7-300フェールセーフCPU 315F PN/DPの機能に相当します。

IM 154-8 F PN/DP CPUは、組み込みPROFINETインターフェースを介して、PROFINET上のI/OコントローラーおよびI-Deviceとして同時に使用可能です。

このインターフェースモジュールにより、安全要件の高いプラントのフェールセーフオートメーションシステムを構築するために、次のような自律型のテクノロジ機能ユニットのコントロールとしてET 200proを使用できます。

  • コンベアーシステム、スイッチ
  • リフティングステーション
  • 位置決めタスク
追加のPROFIBUSインターフェースを介して、さらに分散型I/Oシステムを接続することができます。そうすることにより、IM 154-8 F PN/DP CPUをPROFIBUS上のマスターまたはスレーブとして使用可能です。

この方法で、広範な製造セルにおける前処理を伴うアプリケーションが可能であり、スタンドアロン動作も可能です。保護等級がIP67と高いため、制御盤無しで設置することも可能です。fs

 

IM154-8F PN/DP CPUと比較した場合、IM 154-8FX PN/DP CPUでは次の機能強化が図られています。

  • 1.5 MBの3重作業メモリ 
  • パフォーマンスを最大で3倍増強

IM 154 - PROFINET用およびPROFIBUS用のインターフェースモジュール

ET 200proは、主要な産業用イーサネット標準であるPROFINETと実績あるフィールドバスであるPROFIBUSのいずれかのインターフェースモジュールを介して、バスシステムに接続されます。SIMATIC ET 200proでは、インターフェースモジュールと接続モジュールを分離することによって実現される柔軟な接続技術を利用できます。

PROFINET用インターフェースモジュール

IM 154-3 PN High FeatureおよびIM 154-4 PN High Featureインターフェースモジュールは、PROFINET I/Oを介してET 200proと上位コントローラーの間の通信を処理します。これらのモジュールの特徴は、ライン構造を簡単に構成できる2ポートスイッチです。PROFINETを使用してステーションあたりのパラメーター数を増やすことができ、そのためより高機能なモジュールを使用可能です。サービス時には、プログラミングデバイスを使用しなくてもIMを交換できます - デバイス名とパラメーターはモジュール上に残っています。PROFIBUSのバリエーションと同様、インターフェースモジュールIM 154-4 PN HFでのインターフェースモジュールと接続モジュールは分離されているため、さまざまな方法で接続することが可能です。 
PROFINET用のインターフェースモジュールは、PROFIBUSバージョン同様に、インターフェースモジュールと接続モジュールに分離されています。インターフェースモジュールIM 154-4 PN HFは、実績のあるM12 7/8インチ接続と、さまざまな接続システムのプッシュプルテクノロジによる接続の両方で使用できます。

PROFIBUS用インターフェースモジュール

IM 154-1 DP High FeatureおよびIM 154-2 DP High Featureインターフェースモジュールは、PROFIBUS DPを介してET 200proと上位マスターの間の通信を処理します。3つの異なるモジュールと組み合わせてバスと電源を接続することができます。PROFIBUS用のすべての接続モジュールは、アドレスを容易に読み取ることができるアドレス設定表示機能と、選択可能な終端レジスターを装備しています。統合されたテクノロジファンクションは、サービス要件のイベントにおいて、部分的セグメントの起動と無中断バス通信に対応します。

  • M12、7/8インチ:広く実装されているコネクター標準による使い慣れた接続方法。
  • ケーブルグランドによる直接接続:
    最大電子負荷16 A、最大断面積2.5 mm²。
  • ECOFAST(Energy and Communication Field Installation System)

    キャビネットなしで配電するためのこの標準化されたシーメンスの接続技術は、バス信号と電源のハイブリッドケーブルを基盤としています。

デジタルおよびアナログの拡張モジュールと電源モジュール

電子モジュール

8チャンネルの電子モジュールは、8 x M12または4 x M12の接続モジュールと組み合わせることができます。M12ソケットは、シングル割り当てにするかデュアル割り当てにするかを選択できます。したがって、YコネクターやYリード線などのアクセサリを追加することなく、各種センサーやアクチュエーターを電子モジュールに接続可能です。これにより、配線量が減るだけでなく、アクセサリや部品の在庫コストも削減されます。

電圧、電流、測温抵抗体として、24 V用の4、8、16チャンネルのデジタル電子モジュールと4チャンネルアナログ電子モジュールを使用できます。

次の3種類のモジュールを用意しています。

  • 8デジタル入力24 V DC
  • 16デジタル入力24V DC
  • 8デジタル入力24V DC、High Feature、チャンネル診断

 

モジュール
注文番号
TIA Selection Toolで開く

 

EM 8 DI、DC 24 V

 

 

EM 16 DI、DC 24 V

 

 

EM 8 DI、DC 24 V High Feature

 

次の3種類のモジュールを用意しています

  • 4デジタル出力電圧/電流、24 V、2 A
  • 8デジタル出力電圧/電流、24 V、0.5 A
  • 4デジタル出力電圧/電流、24 V、2 A High Feature、チャンネル診断

 

モジュール
注文番号
TIA Selection Toolで開く

 

EM 4 DO、DC 24 V、2 A

 

 

EM 8 DO、DC 24 V、0.5 A

 

 

EM 4 DO、DC 24 V、2 A High Feature

 

次の2種類のモジュールを用意しています

  • 4デジタル入出力/4デジタル出力、24 V 0.5 A、モジュール診断
  • 4デジタル入力/4デジタル出力、24 V 0.5 A、モジュール診断

 

ハイブリッドモジュール
注文番号 
TIA Selection Toolで開く

 

EM 4 DIO / 4 DO、DC 24V、0.5A

 

 

EM 4 DI / 4 DO、DC 24V、0.5A

 

次の4種類のモジュールを用意しています。

  • 4アナログ入力電圧入力0 V~10 V、1 V~5 V、-10 V~+10 V、-5 V~+5 V、High Feature、チャンネル診断
  • 4アナログ入力電流入力0~20 mA、4 mA~20 mA、-20 mA~+20 mA、High Feature、チャンネル診断
  • 4アナログ入力抵抗/測温抵抗体入力、High Feature、チャンネル診断
  • 4アナログ入力電圧/熱電対、High Feature、チャンネル診断

 

モジュール
注文番号
TIA Selection Toolで開く

 

4 AI-U High Feature 
±10 V、±5 V、0~10 V、1~5 V

 

 

4 AI-I High Feature 
±20 mA、0~20 mA、4~20 mA

 

 

4 AI-RTD High Feature 
抵抗測定:150、300、600、3000オーム、 
測温抵抗体:Pt100、200、500、1000、 
 Ni100、120、200、500、1000

 

 

4AI-TC High Feature 
電圧測定 +/-80 mV、 
熱電対: タイプB、E、J、K、L、N、R、S、T

 

次の2種類のモジュールを用意しています。

  • 4アナログ出力電圧出力0 V~10 V、1 V~5 V、-10 V~+10 V、High Feature、チャンネル診断
  • 4アナログ出力電流出力0~20 mA、-10 mA~+20 mA、4 mA~20 mA、High Feature、チャンネル診断
モジュール
注文番号
TIA Selection Toolで開く

 

4 AO-U High Feature 
±10 V、0~10 V、1~5 V

 

 

4 AO-I High Feature 
±20 mA、0~20 mA、4~20 mA

 

電源モジュールにより、負荷電源からの電力補充で必要とされる負荷グループを構築できます。この場合、ステーション全体の電源の場合と同じ接続方法(直接接続、M12、7/8インチ、ECOFAST)を使用できます。1つのステーションには、複数の負荷セグメントを統合可能です。

インターフェースと各電源モジュールでは、内蔵ヒューズによって、すべての負荷グループが完全に動作を停止したり、ステーションの外部が損傷したりすることのないようにしています。

 

次の電源モジュールを用意しています。

  • PM-E 24 V DC電源モジュールは、補助電源として、またはET 200proステーション内で電子モジュールの24 V負荷電圧をグループ化するために使用します。 
     注文番号: 6ES7148-4CA00-0AA0

  • PM-O DC 2 x 24 V電源モジュールは、ET 200proステーション内で、24 V負荷電圧2L+と電子/エンコーダー電源1L+を抽出します。 
    注文番号: 6ES7148-4CA60-0AA0

安全関連の通信

ET200proのフェールセーフモジュールを使用して、オートメーション全体の不可欠な部分として、安全関連のアプリケーション要件を実装できます。

フェールセーフ動作に必要な安全機能がこのモジュールに組み込まれています。モジュールは、Cat. 4/SIL 3.extまでに対応した安全回路で使用できます。 
デジタルセンサー/エンコーダーまたは負荷/アクチュエーターの接続用に2種類のPROFIsafeモジュールを用意しています。

Fスイッチは、標準のI/Oモジュールの切断に使用でき、またASM 400 Vモジュールと組み合わせることでET 200proモータースターターを安全に制御できます。

  • 最大8 x 2チャンネル入力、SIL 3/Cat.4または最大16 x 1チャンネル入力、SIL 2/Cat.3、
  • 定格入力電圧24 V DC
  • 4つの入力それぞれに2つの防短絡エンコーダー電源

電子モジュールの注文番号:
6ES7148-4FA00-0AB0

 

対応する接続モジュールの注文番号:
 6ES7194-4DC00-0AA0

  • 最大4 x 2チャンネル入力、SIL 3/Cat.4 
    または最大8 x 1チャンネル入力、SIL 2/Cat.3、
    および4 x P-Mスイッチング出力、SIL 3/Cat.4
  •  出力電流2A
  •  電圧24 V DC

 

電子モジュールの注文番号:
6ES7148-4FC00-0AB0

 

対応する接続モジュールの注文番号:
6ES7194-4DD00-0AA0

 

 

  • 3 x P-Pスイッチング出力
  • 標準I/Oモジュールの安全な切断を許可、SIL 2/Cat.3
  • ASM 400 Vモジュールと組み合わせてモータースターターを安全に制御、SIL 3/Cat.4
  • インバーターモーターのパラメーター化された安全機能のアクティブ化(準備段階)
  • 2 x 2チャンネルデジタル入力、SIL 3/Cat.4

 

電子モジュールの注文番号:
6ES7148-4FS00-0AB0

 

対応する接続モジュールの注文番号:
6ES7194-4DD00-0AA0

IO-Link経由の通信

IO-Linkにより、異なる製造メーカーのセンサーとアクチュエーターを容易に統合できます。IO-Linkマスターモジュールを使用すると、IO-Linkデバイスとの間でデータを交換することができます。IO-Linkは標準的なセンサーとの適合性があるため、市販のセンサーは、IEC 61131タイプ1に従ってIO-Linkマスターで動作可能です。ET 200proは、4ポート電子モジュールと対応する接続モジュールを経由するIO-Link通信をサポートしています。

電子モジュール4 IO-Link HF

  • IO-Link仕様V1.11に従った4 IO-Linkポート

  • ポートクラスB

注文番号: 6ES7147-4JD00-0AB0

 

通信モジュールCM IO-Link 4 X M12 P

アクチュエーターとセンサーの接続は、接続モジュールの標準3ピンまたは5ピンM12コネクターを介して管理可能です。
ポートAおよびポートBを備えたIO-Linkデバイスが接続可能です。

注文番号:6ES7194-4CA20-0AA0

 

ET 200pro用SIMATIC RF170C

SIMATIC RF170Cは、SIMATIC IDシステムをET 200pro I/Oシステムに接続するための通信モジュールです。 
すべてのRFIDシステムのリーダー(SLG)、およびMV400光学リーダーデバイスとMV300光学ハンドヘルドリーダーは、RF170C上で動作可能です。また、RF170Cは、Freeportプロトコルを使用してデバイスに接続するためのユニバーサルRS232/RS422インターフェースを装備しています。
 

注文番号: 6GT2002-0HD01

 

 

ハイライト:

  • 2つの並列リーダーチャンネルにより、動的読み取り点では必ずリアルタイムモードになるようにしています。
  • 対応するヘッドモジュールを選択することにより、PROFIBUSまたはPROFINETを経由したRFIDシステムの接続が可能です。
  • 8ピンM12コネクターを使用したリーダー接続により、すべてのコンポーネントを素早く取り付けることができます。
  • 光学ハンドヘルドリーダーはコイルコードを介して接続され、動作レンジにはほとんど制限がありません。
  • Freeportプロトコルを使用して接続されるデバイスには、通信モジュールから5 Vまたは24 Vの電圧を印加可能です。
  • アプリケーションでより高速にデータを利用できるよう、高性能なハードウェアによってリーダー(SLG)との高速データ交換を保証しています。
  • 機能拡張とエラー修正のためのファームウェアをSIMATIC Manager経由で非常に簡単にダウンロード可能にすることにより、IDシステムの高可用性を確保しています。
  • 調整とパラメーター化が可能でIDシステムに特化した診断機能により、試運転とトラブルシューティングを行いやすくしています。
  • ET 200proおよびRF170C用に、組み立て済みのさまざまな接続ケーブルを選択して注文できます。これにより、設置時の時間と費用を節約できます。

ドライブアプリケーション向けのSIMATIC ET 200proインバーター

SIMATIC ET 200proインバーターは、広範な産業アプリケーションにおけるインダクションモーターのオープンループ制御とクローズドループ制御に適しています。ドライブがPROFIBUSとPROFINETを介してネットワーク接続され、特に、配電盤を必要とせずに分散構成で数個のドライブを組み合わせるのが合理的と考えられるコンベアーテクノロジでのアプリケーションを念頭に設計されています。たとえば、自動車セクターの機械加工セルや物流システムの90度ルーターなどがあります。

コンパクトでインテリジェントなモータースターター

インテリジェントなET 200proモータースターターは、モーターと5.5 kW以下の負荷を開始および保護するために使用します。StandardとHigh Featureの電気機械式モータースターターバージョンと、High Feature電子モータースターターバージョンが用意されています。

電気機械式モータースターターは、従来のコンタクターで切り替えられ、正転または逆転スターターとして機能し、400 Vブレーキコントロールをオプションとして選択できます。電子モータースターターは半導体スイッチング素子を装備しており、そのため、切り替え頻度の高いアプリケーションに特に適しています。この高機能デバイスは、切り替え頻度の高いモーターのオン/オフ直接切り替えを処理するだけでなく、ソフトスタートアップと停止のための本格的なソフトスターターとしても機能します。モータースターターからソフトスターターへの変換は、SIMATIC Managerでシンプルに再設定可能です。。

 

ET 200pro High Featureモータースターター

High Featureモータースターターは、パラメーターが多く、4つのパラメーター化可能デジタル入力を特長とする点で、Standardモータースターターと異なっています。パラメーター化は、SIMATIC Managerを使用して実行するのが簡単で便利です。

モータースターターET 200proの特長は、省スペースでありながら高機能を実現するとともに、簡単かつ迅速に構成および設置できることです。また、生産プラントの可用性も高められます。

 

ET 200pro 安全モータースターター

ET 200pro安全モータースターターは、特に制御盤なしのアプリケーション向けに開発された非常に経済的な安全コンセプトソリューションです。シーメンスは、お客様の要件に応じて、標準PLCを含むローカル安全指向ソリューションのためのローカル安全モータースターターソリューションを提供します。また、PROFIBUSまたはPROFINETを使用する安全指向コントロールで使用する安全モータースターターソリューションPROFIsafeも提供します。

ダウンロード&サポート

詳細情報

SIMATIC ET 200proの概要

サポートサービス

シーメンスはオンラインおよび技術サポートを通して、さまざまなサービスを提供しています。オンラインサポート、技術サポートなど

スペアパーツサービス 

世界各国で利用することができるシーメンスのスペアパーツサービスにより、スペアパーツがスムーズかつ迅速に入手できるため、最適なプラント可用性を実現できます。

SITRAIN - デジタル産業アカデミー

シーメンスのすべての産業製品に関する継続教育 - 最新のメソッドに関するメーカーから直接の個別の教育。

シーメンスFA製品ウェブセミナー

毎週木曜日16:00から開催中の30分の無料ウェブセミナー。シーメンスのFA製品の特長、活用方法、説明等の様々なトピックをスペシャリストにより解説しています(過去のウェブセミナーをご視聴頂けるページもございます)。

ウェブセミナーの詳細については、参加申し込みサイトにてご確認いただけます。

参加申し込みページへ

お問い合わせ

SIMATIC ET 200に関するお問い合わせ

SIMATIC ET200システムについてご不明な点はございませんか? シーメンスのエキスパートがお客様のご質問にお答えします。右のボタンをクリックしてフォームよりお問い合わせください。皆様からのご連絡をお待ちしております。