SMTライン向けM2Mコントローラー「SEMI SMT-ELS対応通信インターフェース」

SMTライン向けM2Mコントローラー「SEMI SMT-ELS対応通信インターフェース」

シーメンスはSMTライン向けの新たな通信規格であるSEMI SMT-ELSに対応した通信インターフェースを提供します

概要資料はこちら

ダウンロード

SEMI SMT-ELS対応インターフェースおよびマニュアルのダウンロード

ダウンロード

SEMI SMT-ELSとは

  • 装置間で基板と基板情報の同期管理を実現します
  • マルチベンダー装置間で自動機種切り替えを実現します

SEMI SMT-ELS(Equipment Link Standards)は、SMEMAに代わって組立ラインをよりスマートにするためにデータ通信機能を追加したSMT組立ライン用のスタンダード群です。       

*SEMI SMT-ELS詳細はこちら http://www1.semi.org/jp/SEMI_SMT-ELS

なぜSMTラインで新たな通信規格が必要なのですか?

これまでの課題

  • 基板と基板情報がバラバラ ・・・   IO信号(SMEMA通信)
  • 装置同士がつながらない  ・・・   専用プロトコル(多種多様)

これからのSMTライン

  • 装置間で基板と基板情報を同期管理し、設備状況も把握できる
  • マルチベンダー環境でも簡単に接続し、自動機種切り替えができる

どのようにSEMI SMT-ELSを実装しますか?

既存機をSEMI SMT-ELS対応機として“簡単に安価に” 実装できます。

 

  • SMEMA通信からSEMI SMT-ELS通信に変換
  • 既存機とコントローラー間で機種切り替え情報を伝達

SEMI SMT-ELSをシーメンスで実装するメリットは?

  • SEMI SMT-ELS のライブラリを無償で提供(国内で開発・サポート)
  • 自動機種切り替えに対応するため、装置との通信インターフェース(TCP/IP通信)を標準サポート
  • Webサーバー(標準搭載)により、専用ツールレスで簡単設定、簡単コミッショニング
  • 世界No.1 シェアのPLCによる多くのユーザー、世界200カ国以上でのサービス

シーメンスのコントローラーで用意するものは?

ベーシックコントローラー

ベーシックコントローラー – ネットワーク機能によるフレキシビリティ

ベーシックコントローラーはネットワークゲートウェイ、PID制御、モーション制御、Webサーバー、データロギング機能が統合された、コンパクトで多種多様な設備要求に対応できる製品です。また一般制御および安全制御の両方に対応しています。

分散型コントローラー

分散型コントローラー – 最小限の設置面積で省スペースに貢献

分散型コントローラーは、分散型アーキテクチャのマシンや、スペースの限られた複数台のマシンのためのコントローラーです。ここでは、SIMATIC S7-1500のメリットとSIMATIC ET 200SPのデザイン性が統合されています。SIMATIC ET 200proにより、S7-1500の技術を備えたCPUモジュールを利用できるため、モジュラーのスペースを最小限に留めることができます。これにより、マシンに隣接した難しい環境への対応も可能となります。 

シーメンスFAソリューションウェブセミナー

不定期で開催中の30分の無料ウェブセミナー。シーメンスのFA製品の特長、活用方法、説明等の様々なトピックをスペシャリストにより解説しています(過去のウェブセミナーをご視聴頂けるページもございます)。

ウェブセミナーの詳細については、参加申し込みサイトにてご確認いただけます。

参加申し込みページへ

関連トピック