SIMATIC S7-1500 CPU

S7-1500 CPU

SIMATIC S7-1500の心臓部

CPUモジュールはSIMATIC S7-1500の心臓部です。CPUモジュールはユーザープログラムを実行し、コントローラーと他のオートメーション機器とのネットワークを構成します。SIMATIC S7-1500のCPUには、生産性と効率性の大幅な向上に役立つ多くの革新的技術が搭載されています。ハードウェアは非常にコンパクトで、IP20またはIP65/67規格の認定を受けています。高度に統合された多目的モジュールであるため、キャビネット内と周辺のスペース、およびスペアパーツの保管コストを節減できます。

コントローラーはここで構成できます。

TIA Selection Tool

主な利点

アプリケーションに最適なCPU

SIMATIC S7-1500のCPUなら、アプリケーションを簡単に実用化できます。

SIMATIC S7-1500 CPUの概要

標準CPUとフェールセーフCPUは、コンパクトな設計に入出力が統合され、技術的ファンクションが補完されており、その適用範囲は中小規模の要件から、非常に要求の厳しいハイパフォーマンスアプリケーションに及びます。高級言語であるC/C++をPLCファンクションまたは自己完結型アプリケーションとして統合する必要がある場合は、MFP(Multi-Functional Platform)CPUが役立ちます。テクノロジCPUは拡張モーションコントロール機能によって、ミッドレンジモーションコントロールの分野のアプリケーションをサポートします。堅牢性や環境条件に関する特殊な要件については、別のSIPLUSデバイスファミリがカバーします。

S7-1500 CPUのその他の特長

プロジェクトデータ、アーカイブ、レシピ、ドキュメント用の革新的なメモリカード

  • メモリカードを柔軟に使用して、業界やプロジェクト規模に関わらず、あらゆるアプリケーションに十分なメモリを確保できる
  • 最適化されたデータモジュールと変数
  • インテリジェントなシステム電力により、ワーキングメモリ全体のデータを保持

STEP 7による効率的なエンジニアリング

  • 変数名によるプログラミング 
  • コンパイラーの最適化によりサイクルタイムを短縮
  • 64ビットデータタイプの使用による高いコンピューティング精度 
  • 一貫性のあるプロジェクトのダウンロード

将来においても有効なマシンコンセプトを実現

  • すべてのS7-1500 CPUでプログラム拡張性があるため既存のノウハウを活用でき、投資を保護できる 
  • 移行ツールが統合されているため、既存のS7プロジェクトを引き継ぐことができる
  • ハードウェアアップロードにより、使用中のモジュールを迅速かつ確実に特定できる 
  • シンボル表示によるプロジェクトアップロードにより、サービス展開が容易

生産性の確保

  • 接続するコミュニケーション参加者の認証によって、不正アクセスを防止
  • モジュールとプログラムの保護によって、顧客の投資を保護
  • プロジェクトプランニングデータ、ファームウェアファイルおよび安全な通信を完全かつ確実に保護することで、高いシステム可用性を実現

追加のハードウェアなしで安全制御を実現

  • 統合エンジニアリングによる標準とフェールセーフの自動化
  • PROFINETおよびPROFIBUSによるROFIsafe対応の通信
ポートフォリオ

要件に最適なコントローラーを見つける

豊富な種類のコントローラーから、マシンのコンセプトの実現に最適なコントローラーを選択できます。

SIMATIC S7-1500 CPU

SIMATIC S7-1500 CPUは電力、メモリ、数量構造の拡張性に優れ、将来においてもOPC UAおよびPROFINETとの通信が可能であり、基本的なモーションコントロールファンクションを備えています。

 

また、フェールセーフバージョンは標準アプリケーションとフェールセーフアプリケーション、およびPROFINET/PROFIBUSによるPROFIsafe経由のフェールセーフ通信用に大容量メモリを搭載しており、IEC 62061のSIL 3およびISO 13849のPL eに相当する機能安全が保証されています。

標準CPU
CPU 1511-1 PN
CPU 1513-1 PN
CPU 1515-2 PN
CPU 1516-3 PN/DP
CPU 1517-3 PN/DP
CPU 1518-4 PN/DP 
使用事例

小規模から中規模のアプリケーション

 

中規模のアプリケーション

中規模からハイエンドのアプリケーション
高度なアプリケーションと追加の通信タスク
要求の厳しいアプリケーションと追加の通信タスク
ハイパフォーマンスアプリケーションと最短の応答時間 
PN IO IRT(2ポート)
2ポート
2ポート
2ポート
2ポート
2ポート
2ポート
PN IO RT
-
-
1ポート
1ポート
1ポート
1ポート
PN(Gbit)
-
-
-
-
-
1ポート
Profibus DP
-
-
-
1インターフェース
1 インターフェース
1 インターフェース
プログラム/データメモリ
150 KB / 1 MB
300 KB / 1,5 MB
500 KB / 3 MB
1 MB / 5 MB
2 MB / 8 MB
4 MB / 20 MB
ビットパフォーマンス
60 ns
40 ns
30 ns
10 ns
2 ns
1 ns
最大接続数
96
128
192
256
320
384

モーションコントロールリソースの数

 
800
2400
2400
10240
10240
35 mm
35 mm
70 mm
70 mm
175 mm
175 mm
 
フェールセーフCPU
CPU 1511F-1 PN
CPU 1513F-1 PN
CPU 1515F-2 PN 
CPU 1516F-3 PN/DP 
CPU 1517F-3 PN/DP 
CPU 1518F-4 PN/DP 
使用事例
小規模から中規模のアプリケーション

中規模のアプリケーション

中規模からハイエンドのアプリケーション
高度なアプリケーションと追加の通信タスク
要求の厳しいアプリケーションと追加の通信タスク
ハイパフォーマンスアプリケーションと最短の応答時間 
PN IO IRT(2ポート)
2ポート
2ポート
2ポート
2ポート
2ポート
2ポート
PN IO RT
-
-
1ポート
1ポート
1ポート
1ポート
PN(Gbit)
-
-
-
-
-
1ポート
Profibus DP
-
-
-
1インターフェース
1 インターフェース
1 インターフェース
プログラム/データメモリ
225 KB / 1 MB
450 KB / 1,5 MB
750 KB / 3 MB
1,5 MB / 5 MB
3 MB / 8 MB
6 MB / 20 MB
ビットパフォーマンス
60 ns
40 ns
30 ns
10 ns
2 ns
1 ns
最大接続数
96
128
192
256
320
384
モーションコントロールリソースの数
800
800
2400
2400
10240
10240
35 mm
35 mm
70 mm
70 mm
175 mm
175 mm
 

SIMATIC S7-1500の操作には、次のいずれかのメモリカードが必須です。

SIMATIC S7メモリカード、3,3 Vフラッシュ

詳細情報

4 MB

12 MB

24 MB

256 MB

2 GB

32 GB

コンパクトでスケーラブル

コンパクトCPUは、パフォーマンス、メモリおよび数量構造の拡張性に優れています。これらのCPUには入力と出力が内蔵されており、コンパクトなサイズに(カウント、測定、ポジショニングなどの)テクノロジファンクションが統合されています。

CPUタイプ
CPU 1511C-1 PN 
CPU 1512C-1 PN 
使用事例
小規模から中規模のアプリケーション
中規模のアプリケーション
PN IO IRT(2ポート)
2ポート
2ポート
プログラム/データメモリ
175 KB / 1 MB
175 KB / 1 MB
ビットパフォーマンス
60 ns
48 ns
最大接続数
96
128
モーションコントロールリソースの数
800
800
85 mm
110 mm
 

拡張モーションコントロール機能

テクノロジCPUは、パフォーマンス、メモリおよび数量構造の拡張性に優れています。これらのCPUは、モーションコントロール機能(ギアとカムディスクの同時性、最大4つの補間軸のあるキネマティクス)と、標準/モーションコントロール/フェールセーフアプリケーション用の大容量メモリを備えているほか、将来においてもOPC UAおよびPROFINETとの通信が可能です。

モーションコントロールはPLCプログラマーにとって悩みの種でした。

SIMATIC S7-1500T CPUとSINAMICS S210、S110、S120、およびV90ドライブのエンジニアリングは、TIAポータルで実行できます。テクノロジおよびモーションコントロールファンクションのパラメーター設定はテクノロジオブジェクト(TO)で実行できます。PLCプログラマーはTOによって複雑なファンクションを簡単に把握できます。また入力画面で構成を行うことで時間を節約でき、シミュレーションツールによってエラー率を減らすこともできます。コントローラーとドライブの間のテクノロジ値が自動的に比較されるため、エンジニアリング、コミッショニング、サービスの時間を短縮できます。ユーザーフレンドリーな軸診断とパワフルなトレースファンクションによって、最大限の透明性を確保できます。カムディスクはVDIガイドラインに従って最適化できます。

テクノロジCPU
CPU 1511T-1 PN
CPU 1515T-2 PN
CPU 1516T-3 PN/DP
CPU 1517T-3 PN/DP
使用事例
小規模から中規模のアプリケーション
中規模からハイエンドのアプリケーション

高度なアプリケーションと追加の通信タスク

(キネマティクスの動作の安全なモニタリングに適している)要求の厳しいアプリケーションと追加の通信タスク

PN IO IRT(2ポート)
2ポート
2ポート
2ポート
2ポート
PN IO RT
-
1ポート
1ポート
1ポート
Profibus DP
-
-
1インターフェース
1インターフェース
プログラム/データメモリ
225 KB / 1 MB
750 KB / 3 MB
1,5 MB / 5 MB
3 MB / 8 MB
ビットパフォーマンス
60 ns
30 ns
10 ns
2 ns
最大接続数
256
320
256
320
モーションコントロールリソースの数
800
2400
6400
10240

拡張モーションコントロールリソースの数

 
120
192
265
175 mm
175 mm
175 mm
175 mm
 
フェールセーフT-CPU
CPU 1511TF-1 PN
CPU 1515TF-2 PN
CPU 1516TF-3 PN
CPU 1517TF-3 PN/DP
使用事例
小規模から中規模のアプリケーション
中規模からハイエンドのアプリケーション

高度なアプリケーションと追加の通信タスク

(キネマティクスの動作の安全なモニタリングに適している)要求の厳しいアプリケーションと追加の通信タスク

PN IO IRT(2ポート)
2ポート
2ポート
2ポート
2ポート
PN IO RT
-
1ポート
1ポート
1ポート
Profibus DP
-
-
1インターフェース
1インターフェース
プログラム/データメモリ
225 KB / 1 MB
750 KB / 3 MB
1,5 MB / 5 MB
3 MB / 8 MB
ビットパフォーマンス
60 ns
30 ns
10 ns
2 ns
最大接続数
96
192
256
320
モーションコントロールリソースの数
800
2400
6400
10240
拡張モーションコントロールリソースの数
40
120
192
265
35 mm
70 mm
175 mm
175 mm
 

過酷な条件下での使用

SIPLUS CPUは、温度範囲や有毒ガスの雰囲気に関する要求が厳しい、非常に過酷な業界環境にも対応できます。周囲温度-40°C~+70°Cで動作し、結露、高湿度、塵や水などの悪条件に対する耐性があります。また過酷な環境負荷(有毒ガス環境など)、機械的負荷のかかる条件下や、およびさまざまな非標準電圧範囲でも動作します。特殊な業界向けのソリューションによって、多くのアプリケーションに使用できます。

ハイパフォーマンスアプリケーションに最適

MFP CPUでは、高級言語であるC/C++で作成したプログラムを使用できるため、既存の技術的資産を引き続き活用できます。これらのプログラムは、PLCサイクルから独立したアプリケーションとしてAPI経由で使用できます。またサイクル内でPLCファンクションブロックコールとして使用することもできます。必要なSIMATIC ODK 1500Sエンジニアリングキットには、Eclipseエディターが含まれています。Matlab Simulinkのモデルベースのコード生成では、SIMATIC Target S7-1500Sを使用します。SIMATICメモリカードのプラグアンドプレイファンクションによって、スペアパーツの既知の互換性を長期的に確保できます。

MFP CPU
CPU 1518-4 PN/DP MFP 
CPU 1518F-4 PN/DP MFP
使用事例
柔軟な高級言語統合に対応したハイパフォーマンスアプリケーション
PN IO IRT(2ポート)
2ポート
2ポート
PN IO RT
1ポート
1ポート
PN(Gbit)
1ポート
1ポート
Profibus DP
1インターフェース
1インターフェース
プログラム/データメモリ
4 MB / 20 MB
6 MB / 20 MB
ビットパフォーマンス
1 ns
1 ns
最大接続数
384
384
モーションコントロールリソースの数
10240
10240
175 mm
175 mm
 

最大限の可用性

S7-1500R CPUはPROFINET経由で同期され、コントローラーの可用性が非常に重要なアプリケーションに適しています。S7-1500H CPUは、「バンプレス」な可用性の重要度が高いアプリケーションをサポートします。同期は専用の同期モジュールおよびケーブル経由で実行されます。プライマリCPUが標準CPUと同様にプログラムされ、その一方でバックアップCPUは、システムから同じプログラムが自動的に入力され、プライマリCPUの動作を同期的にモニタリングします。

冗長化 / 高可用性CPU

CPU 1513R-1 PN
CPU 1515R-2 PN
CPU 1517H-3 PN
使用事例
中規模のアプリケーション
中規模からハイエンドのアプリケーション

要求の厳しいアプリケーションと追加の通信タスクKommunikationsaufgaben

PN IO RT
2ポート
2ポート
2ポート
PN(Gbit)
-
1ポート
1ポート
プログラム/データメモリ
300 KB / 1,5 MB
500 KB / 3 MB
2 MB / 8 MB
ビットパフォーマンス
80 ns
60 ns
40 ns
最大接続数
88
108
160
35 mm
70 mm
210 mm
 

SIMATIC S7-1500Hの消耗品

詳細情報

 

同期モジュール、最大10 m

同期モジュール、最大 10 km

同期ケーブル  LWL 1 m

同期ケーブル LWL 2 m
同期ケーブル LWL 10 m

SIMATIC S7-1500Hバンドル

Industry Mallで必要なコントローラーを直接注文できます

Industry Mallへ

TIAポータルでのエンジニアリング

TIAポータルを使用すると、コストを削減しながら、実現しうる最高の結果をより柔軟かつ迅速に達成できます。

オートメーションタスク

Totally Integrated Automation(TIA)によるオートメーションに関する必要な情報をすべてお届けします。

シーメンスFAソリューションウェブセミナー

毎週木曜日16:00から開催中の30分の無料ウェブセミナー。シーメンスのFA製品の特長、活用方法、説明等の様々なトピックをスペシャリストにより解説しています(過去のウェブセミナーをご視聴頂けるページもございます)。

ウェブセミナーの詳細については、参加申し込みサイトにてご確認いただけます。

参加申し込みページへ

最適な構成

SIMATIC S7-1500をスムーズに使用開始するために

マシンのコンセプトを実現するには、最適な構成が必須です。TIA Selection Toolを使用して、当社の製品ラインからお客様のニーズに最適なコントローラーを簡単に見つけることができます。TIA Selection Toolにはダウンロードできるデスクトップバージョンとクラウドベースのオプションがあります。

コントローラーはここで選定できます。

TIA Selection Tool

関連トピック