最新テクノロジー搭載の2重化PLC

SIMATIC S7-1500R/H

SIMATIC S7-1500シリーズに、2重化PLCのS7-1500Rと S7-1500Hが追加されました。 S7-1500 R/Hはイベント同期方式を採用。常に両系統のCPUでプログラムを同時並行処理し、イベント毎にCPU間で同期するためCPU切替時のデータロスが無く、高速な切替時間を実現します。

2重化が要求されるアプリケーション

制御の停止が許されないアプリケーションには、システムの冗長化が要求されます。 2重化PLCの導入により異常発生時でも装置停止・データロスを防止、メンテナンス作業までの間も制御を継続します。

 

設計時の特徴

2重化をほとんど意識しない設計

  • TIA Portalによるエンジニアリング(シングルのS7-1500シリーズと共通)
  • シングルのS7-1500とほぼ同じ設計方法
  • System IPによる共通のIPアドレス
  • CPU間で自動的にデータを同期
  • TIA Portalからのプログラムダウンロードは片側のみ
     (CPU間でプログラムを自動的に共有)

外部機器との通信にSystem IPを採用

CPU個別のIPアドレスとは別に、両CPU共通のSystem IPを設定できます。 HMI等の外部機器からはSystem IPに通信を行うことで、2重化を意識せず常に Primary側CPUとの通信が可能になります。

2つのCPU間同期通信

S7-1500RはPROFINET Ring、S7-1500Hは光ファイバーでCPU間同期通信を行います。 同期通信の方法は異なりますが、同期メカニズムは共通です。

関連製品型式一覧

シーメンスFAソリューションウェブセミナー

毎週木曜日16:00から開催中の30分の無料ウェブセミナー。シーメンスのFA製品の特長、活用方法、説明等の様々なトピックをスペシャリストにより解説しています(過去のウェブセミナーをご視聴頂けるページもございます)。

ウェブセミナーの詳細については、参加申し込みサイトにてご確認いただけます。

参加申し込みページへ