Industrial Edge

生産機械と製造現場のための、柔軟なエッジソリューション
さらに詳しい情報は、 デジタライゼーションセミナー2020のプレゼンテーションをご覧ください

プレゼンテーションを見る

概要

Industrial Edgeの概要

Industrial Edgeはどのように機能するのでしょうか?また、Industrial Edgeによって何が可能になるのでしょうか?以下の図をクリックすると、エッジシステムの構造をご確認いただけます。データを現場で維持するか、クラウドで処理するかは、お客様次第。Industrial Edgeなら、自社のインフラストラクチャーに最適なシーメンスのデバイスを用いたり、ニーズに合った最適なソリューションをご利用いただけます。
Ingenuity Blog

プラントの可用性とデータ分析を結びつけるIndustrial Edge

製造に影響を与えることなく最適な方法で稼働中にデータを収集、評価するには?「The bridge between two worlds(2つの世界をつなぐ橋)」と題したブログにて、Dominik Bittnerが詳しく説明いたします。

ブログを読む(英語)

エッジマネージメントシステム

エッジアプリとエッジデバイスを管理するセントラルインフラストラクチャー

Industrial Edge Management Systemは、世界各地の、接続されているあらゆる種類のエッジデバイスを一元的に管理するのに利用できるセントラルインフラストラクチャーです。セキュリティパッチをひとつひとつのデバイスに個別にインストールする必要はありません。すべてを一元的に制御できる単一のシステムで、ニーズに応じて現場とクラウドのいずれかにインストールすることができます。

Industrial Edge Management System

Industrial Edge Management Systemは、接続されている全デバイスの状況を監視し、エッジアプリや各種ソフトウェア機能を特定のエッジデバイスにリモートでインストールすることができます。また、Industrial Edge Management Systemは全世界で利用可能なアプリのエコシステムともつながっており、自社アプリはもちろん、パートナーやシーメンスのアプリなど、多数のエッジアプリケーションをご利用いただけます。オンプレミスか、クラウド(MindSphereなど)で一元的に管理するかはお客様で決められます。クラウドによる管理は、世界中に設置されているエッジデバイスを一元的に管理することができます。

Fair, 11 8 - 11 10

SPS 2022

Make it real! Become a Digital Enterprise. We'll show you how at SPS 2022 from November 8th - 10th!

Technology innovations, best-in-class automation solutions, impressive exhibits and great networking opportunities are waiting for you! Meet us there and learn how to accelerate your digital transformation.

Industrial Edge Apps

Industrial Edge Appsで今すぐスタート

シーメンス提供のIndustrial Edge Appsのみならず自社のエッジアプリやパートナー提供のエッジアプリを利用すれば、機械のデータをすぐに使用することができます。

 

シーメンス提供のIndustrial Edge Appsにはデータの処理や視覚化、分析、接続機能などがあり、コンディションモニタリングや予測メンテナンスなどのアプリケーションを実現します。データをクラウドにアップロードする必要はありませんが、アップロードすると利点があります。世界中に設置されている機械にエンジニアがアクセスできるので、データに基づいて最適なサービスを提供したり、新たなビジネスモデルを開発することができます。

SIMATICアプリ

シーメンスの直感的なSIMATICアプリは、製品の品質や性能、
可用性、エネルギー消費を的を絞った方法で最適化するのに使用できる情報など、価値あるデータをご利用のスマートデバイスに直接送信します。

アプリの全一覧
ユーザー固有のアプリケーション

独自開発のアプリをIndustrial Edgeで使用する

Industrial Edgeでは既存のソフトウェアやアプリケーションを移植するのも簡単です。提供されるセキュリティや制御機器やクラウドとの接続性からメリットが得られます。インフラは提供されるので、管理するのはアプリケーションだけです。

DockerでIndustrial Edgeの利点をすぐに体験

Industrial Edgeでは、既存のアプリケーションを最小限のコストと労力で使用できます。オープンソースのDockerソフトウェアがエッジデバイスで実行されるので、コンテナーの仮想化を利用して、最小限のリソース要件や迅速な可用性、使いやすさといったさまざまなメリットが実現します。任意の高級言語(C/C++、Java、Python、Node.js)を使用して、新しいエッジアプリを開発し、それらをDockerイメージとして仮想化して、すべてのエッジデバイスでスケーラブルに実行することができます。

エッジアプリのためのグローバルなエコシステム

オープンなSiemens Industrial Edge App Storeは、すでに多数のアプリを取り揃えており、ダウンロードしてご利用いただけます。また、シーメンスのプラットフォームをアプリの開発者として利用して、世界各地の新しいターゲットグループにアプリを提供し、新たな収益の機会を活用することもできます。アプリの開発者で、Siemens Industrial Edge App Storeの利用を希望される場合は、弊社までお問い合わせください。

ポートフォリオ

あるゆる要件に対応するIndustrial Edge Devices

Industrial Edgeは、用途に応じてさまざまな種類のハードウェアでご利用いただけます。

オープンなIndustrial Edge Runtime

オープンなIndustrial Edge Runtimeによるサードパーティベンダーのサポート

シーメンスのオープンなIndustrial Edge Runtimeは、今後、産業用PCなどのサードパーティのデバイスにもインストール可能になります。これによって、ご利用のインフラストラクチャー全体でエッジコンピューティングのメリットを受けることができます。

市場固有のソリューション

Industrial Edgeが食品飲料業界にもたらす利点

ホワイトペーパー:Computing power at the edge of the network(ネットワークにおけるエッジによるコンピューティングパワー)

食品飲料業界のIndustrial Edge

事例

Industrial Edgeで予測メンテナンスが可能に

世界中で利用されている、J. Schmalz GmbHの真空グリッパー。損傷が原因で密封に失敗すると、プラントのダウンタイムのリスクや、製品が安全に運搬されなくなるリスクが高まります。この問題を解決したのは、Industrial Edgeソリューションとクラウド接続でした。

損傷の兆候を初期段階で認識

真空グリッパーは、真空を利用して製品をAからBに素早く移動します。損傷が原因で、時間の経過と共に吸着パッドの密封機能が正常に動作しなくなると、製品を安全に移動することができなくなります。対象物が落下すると、ライン全体が停止する可能性もあります。また、木材産業のように粉塵が多数発生する用途では、フィルターが汚れ、必要な真空を発生させるための電力消費量の増加につながります。 

 

そこでSchmalz社では、センサーのデータを利用して、吸着パッドやフィルターの交換が必要な場合に、初期段階で認識できるようにしています。データはコントローラーで事前に処理され、その後、Schmalz社によって、SICON エッジアプリを搭載したエッジデバイスで評価されます。こうすることで、Schmalz社は、アプリという重要な付加価値要素に集中することができます。エッジコンピューティングインフラストラクチャーを利用することで、接続のプログラミングやセキュリティの強化といった、時間のかかる作業が必要なくなりました。作業の運用の面も、非常に簡単になっており、デバイスやソフトウェアもグローバルに拡張できます。クラウド接続(MindSphere)のおかげで、機械の利用者がデータを世界中で確認することも可能です。結果として、Schmalz社はサポートなどのサービスをより迅速に、リモートで顧客に提供できるようになりました。 

Digi Seminar

さらに詳しい情報は以下ご登録の上、 デジタライゼーションセミナー2020のプレゼンテーションをご覧ください

デジタライゼーションで製造業を変える!
お問い合わせ

Industrial Edgeを最大限に活用

Industrial Edgeなら、セントラルマネージメントシステムを利用して、エッジデバイスやアプリの実行や更新をしたり、新しい機能を追加したりしたりできます。使用するアプリに制限はなく、パートナーのアプリやシーメンスのアプリはもちろん、自社開発のアプリケーションも使用することができます。さらに詳しく知りたい場合は、シーメンスのエキスパートにお問い合わせください。喜んでご対応いたします。