ショップフロアからITレベルまでのTIAアプローチ

TIAインテグレーション² -ショップフロアからITレベルまでの水平・垂直統合

TIA(Totally Integrated Automation)は、現実世界とデジタル世界を融合することで、既存の情報サイロを取り払い、企業内で発生するすべてのデータを活用することを可能にします。 また、スケーラブルなソリューションパッケージであるTIAユースケースは、デジタル変革をサポートし、未来の課題を簡単かつ迅速にマスターする方法を示しています。

TIAでOTからITへ

データをより包括的に活用し、根拠のあるインサイトを導き出すためには、現場からオフィスレベルまで、強力なデータスループットとシームレスなデータ処理が必要です。 ここで特に重要な役割を果たすのが、TIAのコンセプトです。
トレンドトピック

TIAを利用して、より速く、よりフレキシブルに、より安全に、より高い品質で製造

現場や機械レベルでの水平統合、ショップフロアからトップフロアまでの垂直統合に大きな可能性があります。 プラントオペレーターや機械・プラントメーカーを代表する意思決定者は、このアプローチから利益を得ることができます。

OT/ITインテグレーション

標準化により情報通信ネットワークが統合され、機械から工場に至るまで、データに裏付けられた意思決定が容易になります。 TIAはシームレスな一貫性を提供し、データを常に最新の状態で利用できるようにします。 それは、新しいシステムでも、既存のシステムでも同じです。 まだ接続性のない機械にTIAのポートフォリオを後付けし、迅速で正確な意思決定に必要な透明性を実現することができます。

効率的なエンジニアリング

従来の機械・プラントエンジニアリングは、機械、電気、オートメーションの各要素が互いに後続し、各分野は先行する作業が完了するのを待つという順序で構成されていました。 一方、TIAを使った効率的なエンジニアリングは、同じプロジェクトで異分野間の並行作業を可能にします。 短期間でのアジャイルなスプリントと、ライブラリやモジュールの活用により、開発期間の短縮と品質の向上を実現しています。 自動化についても同様で、継続的インテグレーションにより、複数の開発者が最新のPLCコードで継続的に作業し、継続的なシミュレーションのプロセスにより品質が保証されるようになりました。

シミュレーション

エンジニアリングから実機まで、シミュレーションは重要な役割を担っています。 初期設計のシミュレーションからバーチャルプロトタイプ、エンジニアリングのシミュレーションまで、このプロセスによってデジタルツインが生成され、時間の経過とともにどんどん詳細になっていきます。 つまり、納品前に事実上の試運転を行うことができるのです。 ライン統合やシステム設計においても、シミュレーションは設計、プロセス、ワークフローを最適化するのに役立ちます。

サイバーセキュリティ

機械やシステムのネットワーク化が進み、サイバー攻撃からより効果的に保護することが求められています。 そのためには、関連するすべてのレベルをカバーするエンド・ツー・エンドのアプローチが必要です。 業界を代表するセキュリティ規格であるIEC 62443の勧告に基づき、プラントセキュリティ、ネットワークセキュリティ、システムインテグリティの3つのレベルからなる「深層防護」の原則を適用しています。

例えば、コントローラーとHMI間のTLSベースの通信を保護し、各ユーザーに特定のアクセス権を割り当てることが可能な中央ユーザー管理システムなど、統合されたセキュリティ機能を使ってオートメーションシステムを保護する必要があることが重要な要因になっています。

実用化されたTIA

TIAがTIAをプロデュース - Lighthouse Factory Electronics Works Amberg

Siemens Electronics Works Amberg(EWA)は、SIMATICコントローラーなどのTIA製品群の生産拠点であるだけでなく、生産そのものもTIAによってコントロールされています。 2021年以降、Electronics Works Ambergは、デジタル工場として、製品の複雑さが2倍になったにもかかわらず、電力や資源の消費を増やすことなく、生産能力を140%向上させたことから、世界経済フォーラム(WEF)からライトハウスファクトリーに選ばれています。
Electronics Works Ambergでは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の成功に必要なすべてのコンポーネントが使用されています。 IIoTスタックは、ショップフロアからクラウドまで一貫しており、サプライヤーからお客様までシームレスなデータ統合を可能にします。
シーメンス社SVP Manufacturing & Head of Factory Digitalization、Gunter Beitinger博士

TIAで実現するオートメーションの未来

Siemens Electronics Works Amberg(EWA)は、TIAのオートメーション戦略を実践しています。 例えば、SIMATIC S7-1500コントローラーはそこで製造されていますが、生産機械の制御も行っています。

"THE IMPULSE "ビジターセンター

ビジターセンターTHE IMPULSEでは、一貫してネットワーク化されたオートメーション、未来志向のテクノロジー、コラボレーションに関するソリューションとユースケースを、物理的およびバーチャルなツアーという形で紹介しています。 詳細は、こちらをご覧ください。

TIAの概要

Totally Integrated Automationについての詳細

TIA統合のあらゆる側面を知ることができる

Totally Integrated Automation(TIA)は、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、IT、およびOTを組み合わせて、新しいテクノロジーの統合により着実に成長を続けています。 シーメンスの主要な自動化コンセプトであるTIAと、それらがどのように連携して機械メーカーや産業企業向けの独自の製品を製造するかをご覧ください。

シーメンスのデジタルエンタープライズでデジタルトランスフォーメーションを始めましょう
デジタルエンタープライズ

Siemens Xceleratorでデジタルエンタープライズを実現し、無限のデータから無限の可能性を引き出す

真のデジタルエンタープライズに転換することで、企業はIIoT(Industrial Internet of Things)で生成される無限のデータを収集、理解、活用することができます。 その結果、ほぼリアルタイムで最適化の連続ループを実現し、透明性を高め、資源の消費を抑えて、産業をより持続可能なものにしています。 Siemens Xceleratorは、簡単で柔軟、かつオープンなデジタルビジネスプラットフォームです。 貴社の可能性を一緒に見つけましょう。