OEE(設備総合効率) 解析で機器の効率を向上

OEE Analyticsによる機器の効果改善の方法をタブレットで説明する人

機器のポテンシャルを見極め、最大化する

生産性を向上させるために欠かせない要素の一つが、OEE(Overall Equipment Effectiveness:設備総合効率)の最適化です。 これを可能にするのが、クラウドまたはエッジベースのソリューション「OEE(設備総合効率)解析」で、機器データの記録と分析を行い、生産に特化したナレッジを獲得することが可能です。 また、標準的なOEE KPIの現状を確認したり、お客様独自のKPIを随時追加することができます。

OEE(設備総合効率)解析についてお知りになりたい場合、シーメンスまでご連絡ください。

お問い合わせ

フルサービスソリューション

OEE解析 - 潜在的可能性を特定する3つのステップ

生産プロセスの最適化や設備全体の効果を高めるために、自社のデータをどのように活用すればよいのでしょうか。 OEE(設備総合効率)解析は、3つの主要なモジュールで構成されるフルサービスソリューションです。
ひとめでわかる

機器のポテンシャルを最大限に引き出す

MindSphereやIndustrial Edgeを利用すれば、非効率な生産現場を特定することができます。 私たちは、お客様がお持ちの機器を最大限に活用し、生産性を向上させるために、あらゆる面でサポートします。

お客様の利点

OEEに関する情報について

お問い合わせ先

当社のサービスエキスパートが、OEE(設備総合効率)解析がお客様のデジタルエンタープライズを推進する上で役立つその他の方法をご紹介いたします。 右のお問い合わせボタンをご利用ください。