メーカー向けバーチャルトレーニングインサイト

メーカー向けバーチャルトレーニングインサイト

専門家による最新のバーチャルトレーニングの知見を読む

製造業のための次世代トレーニングは、3Dバーチャルトレーニングで、企業は生産を予定通りに進めながら、従業員のトレーニングやスキルアップを行うことができます。 ここでは、従来の研修からバーチャルプラットフォームへの移行を効果的に行うためのヒントをご紹介します。
Article 1

バーチャルトレーニングを導入するメーカーが増加している理由

高品質な製品を製造するためには、スタッフの教育が欠かせません。 しかし、残念ながら、スタッフの教育は最も時間を要し、業務上骨の折れるステップの一つでもあります。 何百人もの従業員を効率的に教育し、生産スケジュールを維持することは、非常に困難なことです。

 

バーチャルトレーニングは、こうした課題を解決するための革新的な新ソリューションです。 従来のトレーニングのボトルネックや障壁を打破し、より魅力的で包括的なトレーニング体験を提供するために、さまざまなエキサイティングな可能性が広がっているのです。 製造業において、バーチャルトレーニングは、かつてないほど迅速にトレーニングを遂行し、従業員をスキルアップさせます。

 

トレーニングのボトルネックを解消

 

従来、トレーニングの成功は、プロセスにボトルネックを生じさせやすい、いくつかの特定の条件に依存していました。 スケジュール管理、生徒とトレーナーを適切な教室に集めること、旅費、言葉の壁など、すべてがプロセスを複雑にしています。 ネイティブスピーカーであっても、長時間読んだり、書いたり、聞いたりすることは苦手な場合があり、それは情報の定着にもう一つ課題を加えることになります。

 

バーチャルトレーニングなら、これらのボトルネックをすべて解消、あるいは大幅に削減することができます。 バーチャルトレーニングは、PC、タブレット、モバイル端末があれば、どこでも自分のスケジュールに合わせて受講することができるのです。

 

インストール、メンテナンス、組み立てを行う部品がデバイス上に視覚的に表現されており、実世界と同じように自由に操作することができます。 さらに、トレーニングは受講者の母国語に簡単に翻訳できるため、言語の壁を越えることがこれまで以上に容易になります。

 

また、バーチャルトレーニングのインタラクティブで視覚的な性質は、情報を保持するために口頭や書面でのコミュニケーションに頼る必要がないことを意味します。 最後になりましたが、これも大事なことです。すべてのプロセスはゲーム化されており、これによりコンセプトやプロセス、学んだ教訓をより深く理解し、定着させることができます。

 

新しい生産ラインの迅速な立ち上げと人材不足への対応

 

今日の製造業を取り巻く環境において、企業は製品をより早く市場に投入し、新しい技術を迅速に導入することをますます強く求められています。 ここで、トレーニングが大きなハードルのひとつになります。 バーチャルトレーニングであれば、新入社員のトレーニング、特定のスキルセットのリフレッシュ、新しいプロセスの教育などに必要な時間を劇的に短縮することができます。

 

実際、バーチャルトレーニングでは、新しい機械の使い方や新製品の作業の従業員へのトレーニングを、それらの試作中に行うことも可能です。 バーチャルトレーニングで提供されるインタラクティブで包括的な教育により、タレントプールのいくつかの制限を排除することも可能です。 ひいては、バーチャルトレーニングによって、ここ数年、私たちが直面している最大の課題の一つであることが証明されている人材不足に、メーカーが対処することができるようになるのです。

 

エンジニアリングのための貴重な情報収集

 

バーチャルトレーニングの最大のメリットは、タクトタイムのデータを早期に収集する方法をエンジニアに提供することです。 受講者がバーチャルトレーニングに参加すると、企業は製品の組み立てやメンテナンス手順など、さまざまなステップを完了するのにかかった時間を追跡することができます。 このデータをエンジニアリングにフィードバックすることで、より効率的なプロセス設計や部品の簡素化が可能になります。

 

つまり、スタッフのトレーニングを迅速かつ効率的に行いながら、生産・メンテナンスプロセスの最適化も早期に実現できるのです。 アジリティの重要性が日増しに高まる中、これは市場において非常に大きなアドバンテージとなり得ます。

 

優れた製品の製造は、優れたトレーニングから

 

最先端の新製品を作るにも、定番商品の品質を高めるにも、すべてはスタッフの教育から始まります。 人は最大の資産であるだけでなく、最大の投資でもあるのです。 バーチャルトレーニングは、従業員の潜在能力を最大限に引き出し、世界に通用する製品を生み出すための投資を支援するものなのです。

Article 2

バーチャルトレーニングを検討する3つの大きな理由

今日の製造業における最大の課題のひとつは、有能な人材の確保です。 人口動態の変化により、有能で経験豊富なプロフェッショナルがこの業界から退職していくことが大きな影響を及ぼしています。 一方、多くの企業では、デジタル化のようなキーとなる製造技術やEV用バッテリーのようなコア製品に関する有能な人材が不足しています。

 

この人材不足を解消するためには、効果的なトレーニングが必要です。 進化する市場トレンドの要求に応えるため、メーカーは既成概念にとらわれず、新しいソリューションを活用して新しい従業員を訓練し、既存のスタッフをスキルアップさせる必要があります。

シーメンスのバーチャルトレーニングソリューションは、このような課題に対するエキサイティングな答えとなります。 このプラットフォームでの経験をもとに、バーチャルトレーニングの主な利点をいくつか紹介し、さらに実際にどのように機能するのかを説明したいと思います。

 

バーチャルトレーニングの作成は、思っているほど難しくありません

 

効果的なバーチャルトレーニングのコースを作成するには、費用と時間がかかることがあります。 多くの場合、このようなバーチャルトレーニングのコース開発は、専門のプロフェッショナルに頼ることになり、経費がかさむだけです。

 

シーメンスのバーチャルトレーニングプラットフォームの主な利点は、コース教材を簡単かつ直感的に作成できるようにゼロから構築されていることです。 実際、私たちのバーチャルトレーニングソリューションは、新しいコースを迅速に開発できる「クリエイター」と呼ばれるプログラムを活用しています。 クリエイターを使えば、新しい機械や製品が導入されても、すぐにトレーニング教材を編集することができます。 ドラッグ&ドロップ機能やシーケンスの再利用機能などを搭載し、作成・修正にかかる時間を大幅に短縮しました。

 

コース作成は、3D CADモデルを直接ツールに取り込むだけでなく、既存のツールボックスや部品のライブラリから利用することも可能です。 3Dレンダリングされた各パーツに対して、メニューから素材の種類を選択でき、該当する特性が自動的に適用されます。 その結果、チームが必要とするバーチャルトレーニング教材を、必要なときに効率的に作成するための包括的なプラットフォームが実現します。

 

また、トレーニング教材をPC、モバイル、VR、ARなど、さまざまなプラットフォームに簡単に適用できることも大きな特長です。 コース教材は、将来、貴社がどのようなトレーニング技術を採用することになっても、コンテンツが互換性を保つことができるように、将来を見据えたものとなっています。

 

バーチャルトレーニングはより魅力的

 

研修では、受講者を飽きさせず、情報を確実に定着させることが常に課題となっています。 講義やデモンストレーションなど、どのような方法で情報を提供しても、重要な教訓がチームの大部分に十分に伝わらないという悩みがあります。

 

この問題を解決するために、私たちはまず、完全インタラクティブなバーチャルトレーニングを作成しました。 部品や道具は3Dでレンダリングされ、あたかも実物を手に取っているかのように操作することができます。 修理、組み立て、メンテナンスなどの作業をバーチャル環境で行うことで、受講者はよりプロセスに没頭し、情報をよりよく保持することができます。

 

さらに、シーメンスはゲーミフィケーションを活用し、学生をさらに夢中にさせる体験を実現しています。 最初は指示だけでなく、視覚的なヒントや手がかりを示しながら、タスクをこなしてもらいます。 各レベルをクリアするごとに、与えられる情報は少なくなり、受講者が完全に自分の力でタスクをこなさなければならなくなります。

 

このゲーム化されたプロセスにより、受講者はより大きな達成感を得ることができ、プロセスの理解や知識を向上させるモチベーションとなります。

 

トレーニングプログラムにデータの力を活用する

 

バーチャルトレーニングのもう一つの重要な利点は、学習管理システムを通じて有用なデータを収集できることです。 受講者がコースを修了するごとに、各ステップのデータが自動的に収集され、さらに分析することができます。 企業は、プロジェクトや場所ごとにトレーニングの進捗状況を確認したり、トレーニングの目標値を把握したりすることができます。

 

このデータは、トレーニングの進捗状況や受講者のパフォーマンスを総合的に把握できるだけでなく、インストール、修理、メンテナンスの手順についてもより深い洞察を与えてくれます。 もし、受講者が特定のタスクを実行するのに予想以上に時間がかかる場合、そのタスクが複雑すぎるか、単に時間がかかるかのどちらかである可能性があります。 また、特定のステップで多くの受講者が同じ間違いを犯している場合は、その問題を軽減するための措置をとることもできます。

 

最も好ましいのは、研修生が取り組む部品やコンポーネントのプロトタイプが完成する前に、これらすべてを完了できる可能性があることです。

 

明日へのトレーニングは今日から

 

製品の品質向上、市場投入までの時間短縮、運用コストの削減、あるいはそれらすべてを目指す企業にとって、トレーニングほど重要なものはありません。 トレーニングは、誰かがタスクを完了できるように準備するだけではなく、上記のすべての目標に直接貢献できるプロセスです。

 

バーチャルトレーニングの魅力は、時間効率が良いだけでなく、プロフェッショナルの関与を高め、レッスンを定着させることができる点です。 優れたトレーニング体験を提供することで、新入社員は在職期間中、より高い価値を会社にもたらす道を歩むことになります。 今後数年間の組織の目標にかかわらず、その成功は今日の優れたトレーニングから始まります。

Article 3

ものづくりのトレーニングをメタバースへ

メタバースは、今、技術界で最もホットな話題の一つです。 VR(仮想現実)やAR(拡張現実)の技術は、インターネットとの関わり方、ひいては日常生活の大部分を大きく変える可能性を秘めています。

 

このような技術やその応用の可能性については、製造業者も注目し始めたところです。 デジタルツインを活用することで、メーカーは設備のリアルタイムシミュレーションから始まり、問題の診断、新しいソリューションのテストと検証、さまざまな機械の動作の観察などを行うことができるようになるのです。

 

今回は、産業用メタバースの非常にエキサイティングなアプリケーションの1つ、バーチャルトレーニングについてご紹介します。 メタバースにおけるバーチャルトレーニングは、従来のトレーニングの物理的、時間的制約の多くを克服するだけでなく、より根本的に魅力的なプロセスを提供することが可能です。 Siemens Xceleratorを搭載し、AIやデジタルツインシミュレーションなど、他の強力な新技術とシームレスに統合されたオープンなソフトウェアプラットフォーム内でメタバーストレーニングが実施される予定です。

 

臨場感あふれるトレーニング環境を活用した没入型教育

 

メタバースでのトレーニングは、非常に没入感のある体験を約束します。 従来の教室環境では、受講者は特定の機械や部品を勉強することに制限され、それはもちろん、より大きな設備のほんの一部に過ぎないのです。

 

一方、メタバースにおけるバーチャルトレーニングは、完全にリアルでダイナミックなデジタルツインの施設内で行うことができます。 受講者は、自分たちが組み立てや修理を担当する機械や部品について学ぶだけでなく、それが工場という大きな環境の中でどのように位置づけられるかを理解する機会にもなっています。 彼らは、自分たちが作業している部品や機械、設備のすべてを観察することができます。 例えば、近くにいるロボットの動きを見ることで、衝突を避けるためになぜ安全対策が重要なのか、理解を深めることができます。

 

簡単に言えば、メタバースによって、企業はトレーニングを新しいレベルに引き上げることができるようになるのです。 受動的に情報を吸収するのではなく、積極的に環境に参加し、目の前の課題をより深く理解することができるのです。

 

世界各国のチームメンバーとの協働

 

また、メタバースは、チーム間でより深く、より有意義なコラボレーションや実験を行う機会を提供します。 受講者とインストラクターがお互いのアバターを見ながら、物の位置を確認したり、問題解決のためにさまざまなアプローチを試したり、その結果をリアルタイムで確認したりすることができます。

 

デジタルツインを使用することで、保守・修理スタッフは、現場で遭遇する可能性のあるさまざまなシナリオをトレーニングで容易に探索することができます。 ベアリングが摩耗したときやモーターのメンテナンスが必要なときに、機械がどのような動きをするか、また、さまざまな修理の結果を観察することで、作業が成功したときの特徴を認識することができるのです。

 

もちろん、バーチャルな環境で行われるため、インストラクターは世界中にいる受講生にトレーニングを提供することができます。 このように、メタバースは驚異的なインタラクティブ体験を提供することで、学習の定着率を高め、受講者が現実世界の課題に対応できるようにします。

 

デジタルツインの活用により、驚くほど正確で、簡単に作成できる教材を実現

 

メタバースでのトレーニングの最大のハードルは、最新の教材の開発と維持です。 VR用の教材を作ること自体も大変ですが、機械や製品が変わるたびに教材を定期的に更新するのも大変なことです。

 

シーメンスは、この分野でメーカーに圧倒的な優位性を提供します。 どんなデジタルツインもメタバース内のトレーニングコースに素早く簡単に移植でき、物理的なプロトタイプがないものも含めて、さまざまな機械や製品を使った表示やトレーニングが簡単にできるようになります。 さらに、デジタルツインに加えられた変更は、対応する教材に即座に反映されます。

 

トレーニングを新たな次元へ

 

つい最近まで、オンラインコースで効果的なチームトレーニングを行えるとは思えませんでした。 現在では、ますます一般的になってきています。 メタバースでのトレーニングは、一見すると最先端の製造技術のように思えますが、実際にはいつの間にか日常的に行われている可能性が高いのです。 あなたの組織はバーチャルトレーニングに対応できていますか?

バーチャルトレーニングソリューションの詳細はこちら

お問い合わせ

専門家に連絡する

貴社における3Dバーチャルラーニングに関するご質問はございませんか? バーチャルトレーニングソリューションの良さを実際に体験してみませんか? あなたの組織のトレーニングの課題と、バーチャルトレーニングが目標達成にどのように役立つかについて、もっと知りたいと思います。 詳細や無料デモについては、お近くのエキスパートにお問い合わせください。