SIMATIC S7

スマートデバイスからS7コントローラーに接続

このアプリを使用すると、Wi-Fi経由でシーメンスのS7-1500、S7-1200、およびET 200SPコントローラーに接続できます。複数のステーションにアクセスし、診断や制御を行う、またはCPUをRUNモードやSTOPモードに設定するオプションを使用することが可能です。さらに、変数やタグをタグリストに追加して、表示および変更することもできます。

Description

主な機能の概要

S7-1500、S7-1200、およびET 200SPに簡単にアクセス

このモバイルアプリは、標準SSL通信を使用して、SIMATICコントローラーのWebサーバーにセキュアに接続します。ファームウェアバージョンV1.8以上のシーメンスCPU SIMATIC S7-1500、S7-1200、およびET 200SPと互換性があります。

  • ネットワーク上の最大50 CPU (SIMATIC S7-1500、S7-1200、およびET 200SP)の識別と接続
  • 動作モードの変更(RUN / STOP)
  • CPUおよびモジュールの診断データを読み出し、電子メールで転送
  • 診断バッファの表示および確認
  • 変数およびタグのモニターおよび変更

  • コントロールページにおける変数モニターや操作画面の設定。ゲージ、ボタン、バーグラフ、出力フィールド、スライドコントロールなどの画面部品があります。
         注: コントロールページに画面部品を追加するにはインターネット接続が必要。インターネット接続がなくてもコントロール機能は使用可能。
  • プッシュボタンや従来型ボタンの選択
  • 最大4つのボタンコントロール
  • 最大で4つの出力フィールドコントロール
  • ハードウェアを使用しないテスト用のデモ接続
  • Excel経由のコネクション情報や変数データのインポート
  • app紹介
  • ユーザーマニュアル搭載
  • ドイツ語と英語の2ヵ国語対応

必要条件

対応デバイス: iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPhone 5C、iPhone 5S、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPod touch (第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad 2、iPad (第3世代)、iPad (第4世代)、iPad Air、iPad Air 2。iOS 5.0以降を搭載している必要があります。このアプリはiPhone 5用に最適化されています。

この製品には、OpenSSL Toolkitで使用するためにOpenSSLプロジェクトによって開発されたソフトウェアが含まれています(www.openssl.org)。

この製品には、Eric Young氏(eay@cryptsoft.com)によって記述された暗号化ソフトウェアが含まれています。

この製品には、Eric Young氏(eay@cryptsoft.com)によって開発されたソフトウェアが含まれています。

この製品には、Tim Hudson氏(tjh@cryptsoft.com)によって記述されたソフトウェアが含まれています。

この製品には、カリフォルニア大学バークレー校およびその貢献者によって開発されたソフトウェアが含まれています。

App Download

バージョンおよびダウンロードに関する情報

数多くのモバイルデバイスに対応したシーメンスのSIMATICアプリは、App StoreまたはGoogle Playから取得できます。サポートされるデバイス、システム要件、および特性に関する情報は、すべてApp StoreまたはGoogle Playから取得できます。お使いのモバイルアプリケーションを最新の状態に維持するために、新規更新に関する情報が定期的に配信されます。