プレスリリース(東京、2021年6月21日)

Simatic WinCC Unified Systemを日本で本格販売開始、ものづくり現場の見える化を推進

  • SIMATIC WinCC Unified Systemを国内リリース
  • プログラマブル表示機からPC上の可視化まで一貫した革新的なソリューションの提供
  • アプリケーション要件に応じた機能の拡張性

シーメンス株式会社(東京都、代表取締役社長兼CEO:堀田邦彦、以下シーメンス)は、シーメンスのSIMATIC WinCC Unified製品を2021年6月に、日本で本格発売開始することを発表しました。SIMATIC WinCC Unifiedは、生産現場における装置のエンジニアリングや工場全体のデジタル化の課題を克服する、新たな見える化システムです。産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が増す中、より柔軟な見える化ソリューションを提供することで、シーメンスはより一層、お客様のデジタル化の実現に貢献していきます。

 

Simatic WinCC Unified Systemを国内リリース

Simatic WinCC Unified Systemはマシンレベルのプログマラブル表示器であるSimatic HMI Unified Comfort Panels、PC上のソフトウェアであるSimatic WinCC Unified PC、そしてPLCのWebサーバ上で表示されるSimatic WinCC Unified View of Thingsが含まれます。

ウェブテクノロジーのHTML5とSVGのサポートとシーメンスエンジニアリングツールTotally Integrated Automationポータル(TIAポータル)を活用すれば、簡単かつ効率的に多くの見える化ソリューションを生み出すことができます。

 

パネル表示からPCまで一貫した革新的なソリューションの提供

ハードウェア選択において最大の柔軟性を実現するための技術を採用しました。 WinCC Unified Systemは様々な実行環境で利用可能です。Unified Comfort Panelsはどのデバイスでもハードウェアインターフェースの数と機能が同じなので画面サイズによって最適なデバイスをお選びいただけます。SIMATIC WinCC Unified PCは、プラントインテリジェンス機能や分散型アプリケーションまで対応できる拡張性を備えています。そして、WinCC Unified View of ThingsはシーメンスPLCであるS7-1500のWebサーバ上画面を簡単に作成できます。また、それら作成した資産はそれぞれの実行環境エンジニアリングに使用することができます。

 

アプリケーション要件に応じた機能の拡張性

SIMATIC HMI Unified Comfort Panelsはシーメンスの提供するIndustial Edgeに対応しており、そのデバイスとして使用できます。これによりまったく新しい使い方が可能となります。たとえば要求に応じたシーメンスのアプリケーションに加えて開発された独自のアプリケーションを使用した機能拡張ができます。SIMATIC WinCC Unified PCでは顧客のアプリケーションの要求によって、KPIの計算機能や生産プロセスの構造化実現といった機能オプションを提供します。

 

詳細はこちら

https://new.siemens.com/jp/ja/products/automation/simatic-hmi/wincc-unified.html

英文のリリースはこちら(URL)

https://new.siemens.com/global/en/products/automation/simatic-hmi/wincc-unified.html

報道機関からのお問い合わせ

シーメンス株式会社 コーポレートコミュニケーション部  今村 

E-mail: masako.imamura@siemens.com

シーメンスAGについて
シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、170年にわたり、卓越したエンジニアリング、イノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業でありつづけています。ビルや分散型エネルギーシステム向けのインテリジェントなインフラストラクチャー、プロセス産業や製造業向けの自動化、デジタル化の分野を中心に、世界中で事業を展開しています。シーメンスはデジタルと現実世界を結びつけることで、お客様と社会に貢献します。鉄道、道路交通のスマートなモビィティー・ソリューションの主要サプライヤーであるモビリティを通じ、シーメンスは旅客および貨物サービスの世界市場の形成をサポートします。さらに上場会社であるSiemens Healthineersの過半数の株式を保有することで、医療技術やデジタル・ヘルスケア・サービスの世界の大手サプライヤーでもあります。また、送電および発電の世界のリーダー企業であり2020年9月28日に株式上場したシーメンスエナジーの過半数未満の株式を保有しています。2020年9月30日に終了した2020年度において、シーメンスグループの売上高は571億ユーロ、純利益は42億ユーロでした。2020年9月30日時点の継続事業における全世界の社員数は29万3000人です。詳しい情報は、http://www.siemens.comにてご覧いただけます。

日本におけるシーメンスグループ
シーメンスは、1887年に東京・築地に初めてのオフィスを開設して以来、130年以上にわたり日本のお客様から信頼を寄せられるパートナーとして尽力してまいりました。海外のシーメンス同様、都市化、人口動態、気候変動、グローバル化、そしてデジタル化といったメガトレンドに対して最適なソリューションをご提案しています。シーメンスは先進的な製品やサービス、ソリューションにより、お客様に競争優位性をご提供しつづけるとともに、昨今の環境問題に対応してまいります。2020年9月末に終了した2020年度において、日本のシーメンスの売上高は約1582億円、社員数はおよそ2,300人です。詳しい情報はhttp://www.siemens.com/jpにてご覧いただけます。