プレスリリース(東京、2020年3月9日)

シーメンスとNEC、製造業のデジタル化加速に向けて AIを活用した監視・分析ソリューションを提供開始

・ 両社の強みを活かしてIoT領域で協業、工場のシステムやプラントの稼働状態、製品品質の向上を支援するソリューションを提供

 

シーメンス(日本法人本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO: 藤田研一)は、NECと協業し、シーメンスのクラウドベースのオープンIoTオペレーティングシステムMindSphere®とNECのAI技術「インバリアント分析技術」を組み合わせた製造業向けの監視・分析ソリューションを提供します。NECはMindSphereパートナープログラムに参画し、シーメンスの技術トレーニングやサポート、共同で市場開拓するためのコンテンツを利用可能になります。

近年、デジタル化の加速やIoTの普及に伴い、工場のシステムや製造ライン、プラントなど様々な場所に設置された多数のセンサーから収集したデータを可視化・分析することで、安全で効率的なシステム稼働の実現や製品品質の維持が望まれています。しかし、これらのデータの活用にはデータ収集・蓄積から監視・分析までの一連の流れをシステム化する必要がありますが、その構築には、IoTシステムに関する知識やデータ分析での着眼点など独自のノウハウなどが求められ、お客様独自での構築は困難でした。

特に製造業では、これらの課題に加えて工場ごとまたは属人的なノウハウをもとに工程が進められることも多いため、熟練者の退職や人手不足によるノウハウ継承の断絶が課題とされています。

こうした中、両社はセンサーデータの可視化や分析を実現する製品を強化してきました。

シーメンスのクラウドベースのオープンIoTオペレーティングシステムMindSphereは、プラント、システム、そして産業機械などをつなげ、センサーから収集される膨大なデータの活用と高度な分析を可能にします。MindSphereは産業ソリューションとデジタルサービスを提供するワールドクラスのパートナーエコシステム展開し、パートナーと協力してアプリケーションやサービスのさらなる充実を図っています。

NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注2)の1つであるインバリアント分析技術は、大規模・複雑なシステムに設置された多数のセンサーから収集したデータを基にシステムの振る舞いを自動的に学習しモデル化することで熟練者のノウハウまでも可視化します。またこのモデルを利用し監視することで異常予兆を検知し、安全で効率的なシステム稼働を可能にするAI技術です。現在まで国内外で約100システムの導入実績があります。

今回、両社が協業することにより、データ収集・蓄積から監視・分析までをお客様のニーズに応じたカスタマイズを含めてトータルで提供することができます。具体的には、シーメンスのMindSphereで現場のセンサーデータを収集・蓄積し、NECのインバリアント分析技術で監視・分析までを自動で行います。まずは製造業向けにクラウドソリューションとして提供を開始し、工場のシステムや製造ライン、プラントなどの設備やそれらの設備を用いて生産される製品への適用を行います。これにより、膨大なセンサーデータを容易に可視化・分析できるようになり、生産性向上や運用リスク削減、製品品質の維持、ノウハウ継承に貢献します。

なお、両社は本サービスを国内外の製造業のお客様を中心に販売することを見込んでおり、その後他の業種のお客様への拡充を図ります。

シーメンス株式会社 Siemens Digital Industries Software カントリーマネージャー 堀田 邦彦は次のように述べています。

「シーメンスは、産業向けIoT活用によるお客様のデジタル変革を支援するためのMindSphereのパートナーシップに取り組んでいます。この度NECと協業することで、お客様にデジタル変革の成果を、より一層上げていただけるものと確信しています。」

NEC 執行役員 藤川 修は次のように述べています。

「NECはシーメンスと協業し、インバリアント分析技術の活用を通して世界の製造業の生産性向上に貢献できることを光栄に思います。両社の強みを活かしたソリューションをグローバルに提供することにより、企業のデジタル化を加速します。NECはAI・IoTをはじめとした先進技術を活用し、今後も製造業のみならず、リアルとデジタルを融合して多様化するニーズに対応していきます。」

日本におけるシーメンスグループ

シーメンスは、1887年に東京・築地に初めてのオフィスを開設して以来、130年にわたり日本のお客様から信頼を寄せられるパートナーとして尽力してまいりました。海外のシーメンス同様、都市化、人口動態、気候変動、グローバル化、そしてデジタル化といったメガトレンドに対して最適なソリューションをご提案しています。シーメンスは先進的な製品やサービス、ソリューションにより、お客様に競争優位性をご提供しつづけるとともに、昨今の環境問題に対応してまいります。2019年9月末に終了した2019年度において、日本のシーメンスの売上高は約1670億円、社員数はおよそ2,360人です詳しい情報はhttp://www.siemens.com/jpにてご覧いただけます。

シーメンスAGについて
シーメンスAG
(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、170年にわたり、卓越したエンジニアリング、イノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業でありつづけています。発電および送電、ビルや分散型エネルギーシステム向けのインテリジェントなインフラストラクチャー、プロセス産業や製造業向けの自動化、デジタル化の分野を中心に、世界中で事業を展開しています。鉄道、道路交通のスマートなモビィティー・ソリューションの主要サプライヤーである、個別管理会社のシーメンスモビリティを通じ、旅客および貨物サービスの世界市場を形成しています。さらに上場会社であるSiemens Healthineers AGとシーメンス・ガメサ・リニューアブル・エナジーの株式の過半数を保有することで、医療技術やデジタル・ヘルスケア・サービス、環境に優しい陸上、洋上風力発電ソリューションの世界の大手サプライヤーでもあります。2019年9月末時点の全世界の社員数は38万5000人です。詳しい情報は、http://www.siemens.comにてご覧いただけます。

報道機関からのお問い合わせ

 

シーメンス株式会社 コミュニケーション 今村
Email : masako.imamura@siemens.com